最近、何かと話題のディスクロード、そのCannondale Synapse Disc を試乗しました!
by: 小作海斗

どうも皆さんこんにちは

レアな名字の奴の小作(オザク)です(笑)

 2017_ysoecanonndale_yokohama_02

今回は、Cannondale Synapse Discを試乗しましたのでそのインプレを書いていきたいと思います。

まずは、新型シナプスの特徴を4つにまとめました。

  1. 形状とカーボンレイアップの変更によってリファインされた「SAVEシステム」
  2. 形状とカーボンレイアップの変更による高剛性化と強度アップ
  3. 前傾姿勢が取りやすく、かつ俊敏な走りを実現する再設計されたジオメトリー
  4. フレーム単体-220gの950g、フォーク-116gの367gの大幅な軽量化(ディスクブレーキ仕様、56サイズ)

となっております

 

himod

 

 

また、今回の試乗のインプレをまとめると

・振動吸収が良く、路面の細かな荒れや段差を打ち消してくれることによってタイヤが跳ねず路面追従性も高い

・レース時の前傾姿勢を取りやすい

・ハンドリングが良い

と言った所でしょうか?

 

今回から新しく搭載されたSAVEシステムにより振動がかなり吸収されました。価格帯としては自分の自転車とそこまで差はありませんが振動吸収性に関しては圧倒的な差を感じました。また、ディスクブレーキが搭載されているため安全性の高さを感じました。また、今までのエンデュランスロードバイクはより快適な走行をするために重量が重くなってしまったり、ハンドリングが悪くなったりしてしまうというデメリットが有りましたがこのモデルは軽量化を行いなどしてデメリットが少なく非の打ち所がない自転車だと思いました。

 

 

最近、何かと話題になっているディスクロード。

皆さんも一台いかがでしょうか?

 

 

 

以上、小作でした。

 

 

 


 

 

<注目情報>

 

 

2017_ysoescott_yokohama_04

 

 

高い技術と先見性、欧州屈指の総合メーカー「SCOTT」

後発ブランドながら、先進素材や高い先見性から一躍欧州屈指のブランドに。

ロード、MTBともに高い実績を叩き出す同社の今期も目が離せません!!

 

 

最先端のエアロロードにして快適性を併せ持つ「FOIL」

フルモデルチェンジを果たしたロングライド向け軽量バイク「ADDICT」

ハイコストパフォーマンスなアルミバイクが大進化「SPEEDSTER」

 

今期の注目はタイヤサイズにあります。キャリパーブレーキ仕様は

700x28C、ディスクブレーキ仕様は700x32Cと欧州で話題のサイズにリニューアル!

先見性の高い同社のニューバイクに要注目です!!

 

 

各モデル揃います!モデル選び・サイズ検討もゼヒ横浜店まで!!

 

「SCOTT」カテゴリページはコチラから >>>

 

 

 

ys yokohama banner

 

 

http://ysroad.co.jp/yokohama/

 

↑ 最新入荷情報 や マル秘特価情報 など各情報はコチラでGET ↑