【FULCRUM】試乗会絶賛開催中!&カーボンホイール一気乗り!!
by: 小西真人

DSCF1518

 

 

 

 

 

 

ちょっと暑くてちょっと風が強いですが・・・

 

 

見事な好天に恵まれた「フルクラム・デダホイール試乗会」。

 

 

 

 

ホイールが空いているタイミングを見計らって、気になるモデルの

チョイ乗りインプレを実行!!

 

 

 

 

 

 

DSCF1493

 

 

 

 

〇Deda  SL38 クリンチャー

 

 

カーボンリムながら実はチューブレスレディ仕様なので、

ベストマッチなのはチューブレスタイヤとのことですが。

 

今回のタイヤはクリンチャー(PIRELLI  P-ZERO 4S)。

 

 

 

加速:スポークテンションがそれほど高くないのか、ふわっとした加速感。

乗り心地:リムに硬質感があり、路面の振動をそれなりにコツコツ伝えてくる。

制動力:カーボンリムなのを意識しないでOK。ほぼアルミの感覚で使える。

空力:18Cワイドリムだが、38mmハイトなのもあってそこまで強く感じない。

総合的に見て:いい悪いは別にして、クセらしいクセがない高バランスホイール。

 

 

 

 

 

 

DSCF1499

 

 

 

 

〇FULCRUM  SPEED40 C

 

 

フルクラムのクリンチャーホイールの最高峰。

 

特に派手なギミックはないのですが、とにかく評価が高いその理由はいかに。

 

 

 

加速:40mmハイトとは思えない、レーゼロのような軽くてキレのある加速。 

乗り心地:コツコツと振動は来るが、角は丸まっていて不快感は少ない。

制動力:可もなく不可もなく。「シュゥゥン」という摩擦音は気になる。

空力:17C幅40mm以上のエアロ効果を感じる。横風・向かい風も気にせず進む。

総合的に見て:ほとんどのシーンこれ一本でいける、超高性能なオールラウンダー。

 

 

 

 

 

 

DSCF1505

 

 

 

 

〇FULCRUM  RACING QUATTRO CARBON

 

 

フルクラムのミドルグレードカーボンホイール。

 

見た目や雰囲気から感じられるような「SPEED 40」の弟分なのか。

それともベースとなったアルミの「QUATTRO」の上級仕様なのか。

 

 

 

加速:SPEED40で感じたような、グッと押されるような加速感はない。

乗り心地: 予想以上にマイルドで、乗り心地が良いといってもいいレベル。

制動力:AC3の効果はそこまで感じられないが、普通に効いて普通に止まる。

空力:SPEED40同様の抜けの良さを感じて、速度維持は容易。

総合的に見て:SPEED40とは別物。価格を考えれば優秀なオールラウンダー。

 

 

 

 

 

 

DSCF1513

 

 

 

 

〇FULCRUM  RACING ZERO CARBON

 

 

アルミクリンチャーの頂点、レーシングゼロのカーボンリム仕様。

 

 

元のホイールでも十分評価が高いのですが・・・

カーボンのローハイトリムというニッチな上位モデルの存在意義は。

 

 

 

加速:シフトアップがせわしないくらいに軽く進む。インナートップまで使い切る。

乗り心地:跳ねるまではいかないが硬い。ただレーゼロだと考えれば許容範囲。

制動力:同じAC3処理でもリムが軽い分だけ制動距離は短く感じる。

空力:スムースなリム形状で予想以上に伸びる。スポークが太い分横風は苦手。

総合的にみて:アルミのゼロの弱点だった、中~高速域のネガがなくなった完成形。

 

 

 

 

 

 

わずか数キロのチョイ乗りでも結構違いが分かるものですね。

 

 

 

個人的には「レーゼロカーボン」の完成度が高まった感が印象的。

 

 

でもこの中で1本買うなら・・・「SPEED40C」。

 

フルクラムユーザーでフルクラム好きという贔屓目が多少あったとしても

感動的なまでにデキがいいホイールでした。

 

 

 

 

 

 

DSCF1525

 

 

 

そんなスーパーホイールに乗りまくれる

 

「フルクラム・デダホイール試乗会」は今日・明日2日間の開催です。

 

 

ぜひ横浜店で熱い乗り比べを!!