【SALE!】祝!「ダン・マーティン」スーパー敢闘賞!!
by: 小西真人

 DSCF3728 

 

 

 

 

 

 

毎日決まるその日のステージの「敢闘賞(赤ゼッケン)」ではなく

 

ツール期間を通じて最もアグレッシブだった選手に贈られる「スーパー敢闘賞」

選ばれたのは・・・UAEチームエミレーツの「ダニエル・マーティン」!!

 

 

 

 

総合上位勢が牽制していて動きがないステージでも、常に攻めの姿勢を崩さない

そのファイターっぷりで今年のツールを大いに盛り上げてくれました。

 

(顔に催涙スプレーがかかったりもしましたが・・・)

 

 

 

 

というわけで。

 

 

「黒×赤」のエミレーツっぽいカラーのコルナゴをご紹介。

 

 

 

 

 

 

DSCF3732

 

 

 

 

〇COLNAGO  C-RS ULTEGRA 

 

¥330,000-+TAX  →  ¥ASK!!

 

(フレームサイズ:500s  適正身長はおおよそ170cm前後)

 

 

 

コルナゴの中ではエントリーグレードのカーボンロードバイクですが

 

上位モデルの設計を踏襲とかではなく「コレはコレ」としてきっちりと

手間暇かけて開発されている、実に真面目なつくりのバイクです。

 

 

 

 

 

 

 DSCF3714

 

 

 

 

お得意のジルコ加工を思わせるつぶしが入った大径ダウンチューブで

ヤワさを感じさせない、しっかりした骨太の走りの基礎をつくり

 

 

 

 

 

 

DSCF3707

 

 

 

 

エアロ効果も意識してオフセットされたコンパクトなリアバックで

加速や反応の良さを生み出します。

 

 

 

 

 

 

DSCF3736

 

 

 

 

とはいえ、これらのディテールはなにもこの「C-RS」に限ったものではなく

ライバルたちも同じようにデザインに取り入れています。

 

 

 

このバイクの良いところは、それらをバランスよく活かしているということ。

突出した特徴は感じられないのですが、乗ってみると「なんとなくいい」。

 

 

この数値に出てこない「いい走り」が、狙ったものなのかたまたまなのかは

エルネストにでも聞いてみないとわかりませんが・・・

 

 

 

これだけ数値と解析とシミュレーションが幅を利かす現代の自転車界で

アナログともいえるイタリアンブランドが未だに愛され続けるのは

 

実はこういった「味わい」のところなのかもしれません。