【2019Cannondale】最新・最速のエアロロード「SYSTEM SIX」に乗ってみた!!
by: 小西真人

DSCF3906

 

 

 

 

 

 

各店から続々と試乗インプレが上がっていますが。。

 

 

それだけ注目度が高い・・・というかホントのところはどうなのよ?的な

意味でみんな気になっているブランニューモデル「システムシックス」。

 

 

 

あれだけ「バランス・オブ・パワー」と語っていたキャノンデールの

手のひら返しのその意味やいかに。

 

 

 

 

 

 

DSCF3959

 

 

 

 

今回試乗したモデルはトップグレードとなる

 

「Hi-MOD Dura-Ace Di2  ¥1,050,000-+TAX」。

 

 

 

・・・ですが、56サイズの試乗車が全然ない!!

 

 

試乗時間ギリギリで空いた分は京都店のホッシー(↑)に譲ってしまったので

自分は合わないサイズでのちょい乗り試乗となりました。

 

 

というわけで、事前のプレゼンで聞かされた「世界最速のロードバイク」の

本質は体験できずじまい・・・山梨まで行ったというのに。

 

 

 

 

で、2サイズ小さい個体とはいえ乗ってみた感じですが。

 

 

「SUPER SIX  EVO Hi-MOD」が乗りこなせれば問題なし。

高剛性フレーム&ホイールのエアロ効果によって驚きの速さが手に入ります。

 

 

 

ただ、自分の足には正直ちょっと硬い。

 

これに乗る前にディスクロードの「TOPSTONE」でダートを走り回って

足がヘロヘロだったことを差っ引いても結構な硬さを感じます。

 

プレゼン資料でも「出力300ワット」を基準に考えているようなフシがあり

そのあたりからもやっぱりプロモデルなんだなぁと思わせる乗り味です。

 

 

 

肝心のエアロ効果はそれほどスピードを出さなくても感じられるレベル。

 

身体が風を受けている時でもバイクだけスッと少し先に進むような感覚は

まさにエアロロードの真骨頂!

 

特に下りの速さと安定感が印象的でした。 

 

 

 

 

 

 

さて、ここからは各部のディテールを。

 

 

真っ黒だと絵的につまらないので、モデルは「Hi-MOD  Ultegra Di2」。

 

 

 

 

 

 

DSCF3884 

 

 

 

 

〇SYSTEM SIX Hi-MOD ULT Di2  ¥790,000-+TAX

 

 

 

近年のエアロロードの「トレンド全部乗せ」な既視感溢れるフレームワーク。

 

空気の流れという物理現象を相手にする以上面白いことが入り込む余地が

全然ないのは承知していますが・・・もうちょっとらしさが欲しかった。

 

 

 

 

 

 

DSCF3899

 

 

 

 

この「システムシックス」というモデル名の由来ですが

 

 

「フレーム・フォーク・ホイール・ハンドル・ステム・シートピラー」

 の6つの空力要素を組み合わせた「エアロシステム」からきています。

 

 

 

昔からシステムインテグレーションを追求してきたキャノンデールらしい

 

「必要なら自分たちで作ってしまおう」的な考え方による究極のカタチと

 と言っていいでしょう。

 

 

 

 

 

 

DSCF3922

 

 

 

 

フレーム以上に空気の影響を受けやすいホイールもオリジナルで作成。

 

  

究極のエアロ形状フレームを作ったとしても、合わせるホイール次第で

本来の性能を発揮できない可能性もあると考えた彼らは・・・

 

 

「フレームと相性抜群のホイールを同時開発で作ってしまえ!」

 

という発想にたどり着きました。

 

 

このあたり、実にキャノンデールっぽくて〇。

 

 

 

ただし。

 

 

HED社直伝の高いエアロ効果と引き換えに(64mmもリムハイトがありますし)

そこそこ重いホイールとなってしまっているので・・・

 

これを扱い切るにはそれなりのパワーが必要かと思われます。

 

 

キャノンデール側としては「このパッケージこそが最速!」と言っているので

そこはもう乗り手が頑張ってそれに従うしかありません。

 

 

 

 

 

 

 DSCF3929

 

 

 

 

カッコよさとエアロ効果ではワンピースハンドルの方が優れていますが

コスト面やポジション調整の点ではツーピースタイプのこちらが有利。

  

硬くて軽いアルミの製ステムと振動吸収性の高いカーボン製ハンドルの

組み合わせはまことに理にかなってます。

 

 

 

ハンドルバーの角度調整ができる、というだけでも十分嬉しいのですが

今後様々なハンドルシェイプが出てきてくれたりするともっと嬉しいかも。

 

 

 

 

 

 

DSCF3938

 

 

 

 

あったらあったで使ってみたくなる「パワーメーター(P2M製)」も標準装備。

  

使用開始時にはユーザー登録と5~6万円程度のコストが必要となるようですが

新規で買うことを考えれば十分リーズナブル。

 

 

そもそもSIクランク用となると選択肢も少ないので、オマケ感覚でつけてくれる

(PMコストはバイク代に反映されていない)キャノンデールの太っ腹さに感謝。

 

 

 

 

 

 

DSCF3887

 

 

 

 

後発のメリットを活かし、ライバルを徹底的に研究した上で生みだされた

 

最新・最速のエアロロードバイク「システムシックス」。

 

 

 

6%までの登りならノーマルバイクより速いよ!と言い切るだけあって

大概のシチュエーションならこれ1台でイケてしまいそう。

 

最新で最高レベルの空力効果を体験したいなら・・・コレです。