愛車のチューブ選びについて
by: 小作海斗

こんにちは、横浜店の小作(オザク)です。

 

今回は、大切なんだけど意外と知られていなくてお客様から多く質問を受けるタイヤのチューブの選び方について紹介していきたいと思います。

 

最近、よくこの自転車のタイヤについて教えてくださいという質問を良く耳にします。

実は、タイヤってものすごくわかりにくいのですがタイヤの情報などが必ずタイヤ側面に記載されているんです。

 

 

タイヤの側面には、様々な情報が書かれています。

 

まずは、空気圧について

「psi」「bar」などと書かれており、タイヤに入る空気圧を示す単位になっています。

空気圧が少なすぎると、パンクの原因にもなりかねないので注意しましょう。

 

次に、タイヤの大きさや太さについてです。

ロードバイクには、「700×25c」などと記載されていますが、これはタイヤの大きさが700という意味を表します。

次に続く、25という数字は、タイヤの太さを示す数字になっています。

ロードバイクの場合ですと、25の他にも23や28などがありますね。

近年では、25cの方が転がり抵抗が少ないことが分かったことにより25cタイヤが流行しつつありますよね。

P5160499.JPG

このタイヤは20インチですが特殊な例以外では必ずどこかにこのように700×28cや26×1.95等の記載が必ずあります。

まずはこの数字を見てからチューブを選びます。 

チューブの箱や袋には必ず700×18c-28cなどチューブの対応している直径と幅が書いています。 

なので自分の自転車のタイヤが700×23Cや25Cや28Cの場合はこの700×18-28Cのチューブで対応出来ます。 

ちなみにこの場合700×32Cのタイヤには対応しませんのでその場合は700×28-38Cや700×32-45Cなど対応する幅にあったチューブを選んでください。 

ちなみに空気を入れる口にも種類が三種類あるのと空気を入れる口には長さがあります。 

この長さのことをバルブ長と呼び深いリムのホイールを使っていて、短めのバルブ長を選択してしまうとバルブが出てこなくてチューブが使えないなんて言うこともまれに起こるので気をつけてください。

 

 

自転車の作業と言うと難しく感じ気が引けてしまう方が多いかもしれませんが、一度やってみれば次からは、どのチューブを購入すれば良いかなどを把握でき修理もしやすくなります!

 

もし、わからないことがありましたらいつでもスタッフにお問い合わせください。

 

 

 

以上、小作でした。

 

 

 

<ワイズロード横浜店>

 

8月度イベント第2弾

 

2018年8月横浜イベントポスター

 

 

ワイズロード厳選の6ブランドをブース展開!

下記ブランドを中心にロード・クロスバイク・MTB・BMX・小径車・折畳・キッズバイク

オールジャンルを常時在庫400台以上にてご用意しております!!

 

2017yokohama_brandbnner