忘れたらいざと言う時に困ります、、ちなみにカワシマは後悔しました、、。
by: 川島綾太

平成最後の夏が終り、運動の秋に向けて準備が必要な時期ではないでしょうか!!!

 

着々と300キロブルべや少しずつマウンテンバイクの購入に向けて、、、

準備している川島です!!

 

またの機会にマウンテンバイクネタをお伝え出来ればと思います!!

 

 

今回は以外に忘れがちな装備についてご紹介したいと思います!!

 

どどん!!

サドルバックの中身一覧セットです!!

 

ka

 

 

サドルバックの大きさは、オーソドックスなTOPEAK AERO WEDGE PACK Small

でこの装備であればスペースに余裕があるくらいです!!

 

 

 kaa

 

中に入れるとこんな感じです!

 

 

 na

 

 

もう一本予備チューブが入るくらいのスペースがあるくらい大きさ的には十分であります。

 

 

中身に関してですが3つほどご説明させて頂きます!!

 

携帯工具はお持ちでない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

意外といざと言うときの出動率が高いです!(川島経験談)

 

例えば、、

ハンドルやサドルの角度が合わない、、

軽い落車をした際にハンドルが曲がってしまい、手では戻らない、、

走行中にヘッドのガタに気づき直したい、、

などのシチュエーションに持って来いです!!

 

予備チューブで持っておく物であればバルブ長が60㎜や80㎜のバルブ長が長い物を個人的にオススメさせて頂いています。

 

 

何故かと言うと、長ければある程度広いホイールに対応出来、もしもの時にバルブが短くて空気が入れられない、、涙

と言うことも回避できるのです!

 

 

実際にカワシマ自身

いつも使っているホイールよりもやや高めハイトを使った時にパンクし予備チューブのバルブが短くて使えない!!ということを実際に経験しました、、(笑)

たまたま一緒に走っていた人にチューブを借り最悪の事態は免れましたが、、

 

 

しかし、長いと少しカッコ悪いですが、、(笑)

気にされない方にはオススメです!

 

 

合わせてチューブのことですが

予備のチューブを箱から開けてそのままサドルバックなどに入れていませんか?

 

それがいざ、使うときに擦れて穴が開いて使えないなどの可能性が高くなります!!

mm

 

 

使用感が満載ですが、、(笑)

なので、写真の通りにジップロックに入れておくのがベストです!!!

 

サイクリングの秋に向けて楽しいサイクリングLIFEを満喫しましょう!!

ではまた!!

川島でした!!