アルバイト募集中 facebook 旧ブログサイトはこちら

【ケミカル】なかなか良いんじゃないでしょうか?
by: 國清尚志

最近、個人的に再ブレイクしているケミカルメーカー

MUC-OFF!

新しい商品を購入したので今回もご紹介いたします。

 

今回は、オートバイなどモータースポーツでも評価の高いバイククリーナーの

ウォーターレス版です。

名前も「ウォーターレスバイククリーナー」とそのままです!

 

 

DSC_0078

 

 

ウォーターレスとは、「洗浄後に水洗いの必要がない」という事です。

通常のバイククリーナーの洗浄力は最高に良いのですが、

水洗いが必要で、すべての方におすすめと言う訳にはいかなかったのです。

水を使える環境ってなかなか外にはないんではないでしょうか?

なかなか使い難い商品だったと思ってます。 

 

そこでウォーターレス版を購入して早速、使ったのですが感想としては…

 

「さすがに洗浄力は、通常のバイククリーナーと比べて劣る」ものの

問題ないレベルで洗浄してくれます。

水洗いをする手間が無くなったと考えれば、優秀だと思います。

 

基本的に艶有りでも艶無しでもどちらのカラーでも使って頂けます。

しかし艶無しの場合、若干のコーティング効果があるので、

気にする方はやめておきましょう。

 

 

 

今回は、実験台として当店スタッフ:小作の高級バイクを拝借しました!

 

 

DSC_0076

 

 

あまり洗車が好きじゃないと言っていましたが、

現状そんなに悪い状態じゃないです。

 

流石にチェーンステー辺りは油汚れが目立ちます。

 

DSC_0075

 

 

最高に汚いのはBBまわりです!

特に手の届かない場所じゃないのですがやっぱりここは汚れるんですね?

 

 

DSC_0073

 

 

 

こんな状態でスタートです。

 

 

まずはBBまわりを洗浄します。

この時にマスキングして汚れの落ち方をチェックします。

汚れの落ち方が見事にわかったので、気持ち良い!!!

 

 

DSC_0081

 

 

画像の右と左で色合いが違うのわかりますか?

画像だと伝わりにくいのですが、実際はハッキリとわかりました。

 

そのまま洗浄して綺麗にしました。

それが下の画像です。 

 

 

DSC_0082

 

DSC_0083

 

 

最初と全然違いますよね?

ホコリやら油やらが付いた汚い状態でしたが、スプレーして拭いただけですが

ここまで綺麗になります。

 

 

そこまで酷くないのですが、チェーンステーも同じように

スプレーして拭き取るだけで洗車しました。

 

 

DSC_0085

 

 

綺麗になってるのですがおわかでしょうか?

全体を洗浄して仕上げていきます。

 

 

DSC_0084

 

 

最後の最後に艶有りと艶無しのカラーを使っているこの車体は、

非常に面倒くさかったのですが、艶無し部には、

マット フィニッシュ ディテーラーで仕上げます。

 

 

DSC_0080

 

 

艶有り部には、MUC OFF製品で一番好きかもしれない

ミラクル シャインで艶を出します!

 

 

DSC_0079

DSC_0086

 

 

もうピカピカです!やってて気持ち良い!

 

 

DSC_0087

 

遠めだと分かり難いですね…。

実際は洗車前よりだいぶ綺麗になってます。

しかも簡単にこのクオリティで出来るなら最高ですね!

 

本当かよ?とか、嘘っぽい?と思ったお客様は、

是非私に質問してください。

時間が取れれば実演しますよ!

 

 

この3つのケミカルは「洗車の三種の神器」と呼びましょう!

 

 

DSC_0077