アルバイト募集中 facebook 旧ブログサイトはこちら

【ケミカル】自転車も洗車をしましょう!
by: 國清尚志

最近は、ケミカルネタが多いのですが、

今回は、私が今まで使った自転車向けケミカルで

洗車に使って良かった商品を紹介しようと思います。

 

 

DSC_4465

 

 

まずは、洗車を「する人」と「しない人」に大きく分かれると思います。

「する人」=自転車が汚れているから洗車する人と

      汚れている状態が嫌だから洗車する人

「しない人」=汚れても気にならない人

 

こんな感じでしょうか?

 

「する人」はご理解頂けると思いますが、「しない人」でも

「自転車が綺麗」になった時、嫌悪感を抱く方は少ないと思います。

むしろいないと思います。

 

 

ただ洗車は、面倒臭いんですよね?

それは理解できます。

だったら良い洗車用品やケミカルを使って楽をしたらいいのです!!!

 

 

 

 

あと大事なことは、「綺麗になった」の基準は人それぞれです。

例えば車の様に面が大きいと光が反射して、ピカピカに見えて気持ちいのですが、

施工ムラが出来てしまった場合、非常に目立ちます。

結果、再施工をしなければいけません。

 

しかし自転車は、平面が限りなく少なく曲面が多い乗り物です。

曲面が多いと光が散るので、施工ムラ等が目立たなく

誰でも綺麗な仕上がりに見えます。

ちょっと誤魔化してる感は有りますが…

自分なりの綺麗を追求していきましょう!

 

 

 今回は、①洗車篇と②コーティング篇でご案内します!

 

 

 

 

 

 【洗車篇】

 

洗車とは、パーツやフレームを掃除する作業の事で、

ワックス掛けやコーティング剤を施工する事とは違います。

ワックスやコーティング剤を施工する前に下地(フレームやパーツ)を

綺麗にしないと施工ムラが出来たり、コーティング剤がすぐに剥がれる

という事になります。

なので工程としては、この洗車が非常に大事になります。

 

 

それでは、お薦め洗車用ケミカルを紹介します。

今まで使って来た洗車用ケミカルでぶっちぎりで良かったのは…

 

MUC-OFFのNANO TECH BIKE CLEANERです。

 

 

DSC_4466

 

 

洗浄力が半端なく良い!

更に汚れの付着も抑えてくれてるような気がします。

ただ、問題は水洗いが必要なのです。

これが意外に厄介で、なかなか水洗いって出来る環境を整えられないんですよね…。

 

なので、現在私がパワープッシュしている…

 

MUC-OFFのWATERLESS WASHが最適です!

 

 

DSC_4457

 

 

こちらは、前者より洗浄力は落ちるのですが、厄介な水洗いがいりません。

洗浄力が落ちると言っても、前者が優秀過ぎるだけです!

WATERLESSは更に艶出し効果も有るので、一石二鳥的なケミカルです。

これは本当に便利で綺麗になります。

パーツにもバシャバシャかけれるので、施工も簡単で楽に洗車が出来ます。

施工ポイントは、「浸け置き」です!!!

浸け置きする事で、フレームやパーツに付着した汚れを浮かし、

クロスで拭けば、サッと汚れが落ちます。

それでも汚れが落ちない場合は、本当に頑固な汚れかキズ等で

別の手段じゃないと落ちないと思います。 

 

洗車用ケミカルは、この2強だと思います。

これ以外は洗浄力が甘い、施工性が悪いなど問題がありますので

私はお薦めしません。

 

 

 

 

 

【コーティング篇】

 

洗車を満足するまでやったら今度は、コーティングをしてあげましょう。

この作業は、見た目を大きく左右する工程になります。

いわゆる「ピカピカ」や「ツルツル」にする工程。

私が洗車をする最大の理由がこれです。

他人の自転車を洗車、コーティングをすると喜んでくれます。

嬉しいですね~!!

因みにコーティングは、フレームに施工します。

パーツ等への施工は、パーツによっては性能への

悪影響が出る可能性が有るのでお薦めしません。

 

 

コーティング剤は、紹介する数がかなり多いのですが、お付き合いください。

 

一番よく使うのが…

 

MUC-OFFのMIRACLE SHINE!!

 

 

DSC_4464

 

 

俗に言うワックスです。

この嘘っぽい名前から想像もできなかった美しい輝き!

ワックス特有の濡れたような美しい自然な輝き!

最高に私好みです!!

カルナバ配合で艶が非常に美しく、施工も簡単です。

フレームに塗布して、5分位放置して拭き取るだけです。

 

☆持続効果は、1週間程度。 

 

 

MIRACLE SHINEに負けない位、美しいのは…

 

WAKO’SのSHAKE WAX

 

 

DSC_4452

 

 

こちらもボトルを振って、フレームに塗布して拭き上げるだけです!

拭き取りは、MIRACLE SHINEよりも楽です。

艶も負けていません!!ただ施工後の触った感じのツルツル感が…。

なので私は、MIRACLE SHINEを使っています。

 

☆持続効果は、1週間程度。もしくは一雨で要再施工。

 

 

 

次はマットカラー用に作られた…

 

MUC-OFFのMATT FINISH DETAILER

 

 

DSC_4461 

 

 

マットカラーにワックスやコーティングを下手にかけると

艶が出てしまいます。

なので、今までに「マットカラーにも使えます!」と謳っている

商品はあったのですが、効果が無いか艶が出るかのどちらかで

全く意味が無いものばかりでした。

こちらは、マットカラーをマットに維持してくれます。

マット保護仕上げです!

こちらの商品は、マットカラーに悩んでいるお客様に施工すると

殆どの方が納得して、購入して頂いています。

私だけじゃなく多くの方に納得してもらえる商品です。

 

☆持続効果は、洗車ごと。

 

 

次に最近ハマっているあの商品です。

 

WAKO’SのVARIOUS COAT

 

 

DSC_4455

 

 

この商品は、ガラス系コーティング剤で艶と滑りが半端なく良いです。

しかし、艶は人工的な艶で好き嫌いが分かれると思います。

因みに私は、人工的な艶は嫌いです。

しかし特に好き嫌いが無い方からしたら最高レベルだと思います。

洗車をしっかり行えば、施工ムラにもならずに効果を長時間持続させる事が出来ます。

いい加減な洗車をしてしまうと、ムラになり落とすのが大変になります…。

最初にお伝えしたように、自転車は曲面が多く、

施工ムラがバレにくいので、安心と言えば安心です。

上級者向けと言えば上級者向けです。

 

☆持続効果は、新商品の為詳しくはわかりませんが恐らく2~3か月程度?

 重ね塗りでより効果を発揮できると思ってます。

 

 

 以上、コーティング剤はこの3つがオススメです。

 

 

 【番外編】

 

最後にコーティング剤なんですが、フレームを守ると言うより

「汚れを寄せ付けない」と言う商品が有ります。

 

 

それが!

 

MUC-OFFのSILICON SHINE

 

 

DSC_4458

 

 

これは、保護、艶出しもそうなんですが滑り(ツルツル)が良いです。

例えば、可動部に施工すると滑りが良くなります。

更に防汚効果も有るので、バイクを良い状態に維持しやすくなります。

私は、仕上げ前のパーツに施工してます。

ただし注意事項があって、ブレーキシュー、ブレーキローター、

タイヤへの施工は完全にNGです。すべり過ぎるからです。

 

 

 

もう一つは…

 

 

MUC-OFFのBIKE PROTECT

 

 

DSC_4463

 

 

こちらは、スプロケットやチェーン、フレームにも使える

防汚効果が魅力の保護剤です。

チェーンに施工の場合は、オイルとは異なるので必ず注油して下さい。

こちらもブレーキシュー、ブレーキローター、タイヤへの施工は完全にNGです。

例えば汚れが蓄積されやすいBB周りとかに施工するのも効果が期待できます。

泥除けを付けている方は、そこに施工もありでしょう。

 

 

 

 

と言う感じで超長くなりましたが、結果的にMUC-OFF製品は非常に優秀です!

なかなかメジャーになり切れないブランドですが、

ダマされたと思って、是非使用してみて下さい。

 

それとわからない事は、私に問い合わせ頂ければご案内致します。

時間のある時なら施工もさせて頂きます。

洗車は意外と楽しいんです。私は乗るよりも洗車の方が好きなくらいです。

 

皆さんも1年後、5年後も綺麗な愛車を維持できるように心がけましょう!

 

 

結局どれがお薦めなのか?

 

 

DSC_4465

 

 

 コレです↑