アルバイト募集中 facebook

【マニアック古谷野】 9/30(水)~10/1(木)走行日記
by: 古谷野穣治

 9/30(水)

 

 

前々から企画していた伊豆半島の西海岸沿いを走ってきました。

 先週は台風の影響で行けず。

そこそこのアップダウンが続く

伊豆半島内でもハードなコースです。

輪行帰宅前提で自宅から下田まで向かいます。

 

 

_R000524

 

 

まずは箱根を超えます。

熱海経由でも静岡側へ行けて、

こちらの方が距離も獲得標高は少ないはずですが、

あえての箱根経由で。まあ気分的です。

 

 

 

 

_R000528

 

 

 

 いつもより少し早めに出発したので車が少し多い。

なので交通量が少ない旧道経由で。

この日のバイクはフロントシングルにしたチタンバイクで。

今回のルートの様なハードなほどその真価が求められます。

 

 

 

_R000531

 

 

 

道端には彼岸花が咲いていました。

旧道は急坂ですが、フロントシングルで問題なく超えられる

のは前々からのテスト走行で確認済みです。

 

 

 

_R000532

 

 

後半が控えているので旧道は脚を少し抑えてクリア。

 

 

 

_R000534

 

 

 芦ノ湖。

 

 

_R000537

 

 

珍しく富士山見えました。

箱根からは三島まではダウンヒル。

そのあとは適当に走って海岸線沿いに出ればよいと思って

いましたが、久しぶりにこの辺りの市街地を走ったので

少し迷いました・・・。

 

_R000550

 

 

海岸線に出るとしばらくは平坦基調。

ここで一回目のコンビニ休憩。

前回の反省を踏まえてちょこちょこ補給します。

 

 

コンビニが少ないのも伊豆半島の厳しさの理由の一つ。

特定の箇所しかないので、補給ミスすると非常に痛い目見ます。

 

 

 

 

_R000551

 

 

大瀬崎(おせざき)から登り基調が始まります。

距離がそこそこありだいたい200mほど登ります。

そんなに短くなく・長くもない登りです。

 

 

_R000552

 

 

 コーヒードーデスカのお店は休業中でした・・・。

ここを走ったことがある方ならわかるでしょう。

いやでもこの看板見ちゃいますからね。

 

 

 

_R000553

 

 

 井田(いた)の岬から一枚。

富士山まだ見えます。

 

 

ここで古谷野に異変が。

そんなにきつい勾配ではないのですが、

脚が攣りました(涙)。

 

 

前回のスバルラインを走った時も続いてまた今回も。

前回の原因は補給不足かと思っていましたが、

どうやら古谷野の乗り込み不足のようです。

最近は休みの日しか乗っていないので納得ですね。

 

 

 

_R000555

 

 

せっかくの新しいコンポに情けない・・・。

脚攣りは冷水を脚にかけてごまかします。

富士山まだ見えます。

 

 

_R000558

 

 

 

 戸田(へだ)の港。

一気にダウンヒルで街へ着きます。

以前コンビニがありましたが、閉店となりました。

なのでここはスルーしてエナジージェルで補給。

 

 

_R000561

 

 

富士山まだ見えます。

街を離れると登りが始まります。

 

また200mほどの高度を登ります。

いったん上ってからまた一気に下るという

精神的にもつらいのが西伊豆半島です。

 

 

 

_R000564

 

 

_R000566

 

 

 

 ここでも脚が攣りましたが、またまた冷水でカバー。

塩分キャンディ―を定期定期に摂っているはずですが、

もうこれでは補給不足では言い訳できません。

 

 

元選手のJens Voigtの名言

「Shut up my legs.」

が頭に浮かびました。

 

 

_R000572

 

 

 

 登って~、下って~。

土肥(とい)に到着。

 

ここにはコンビニがあるので

うどんと小パンを補給。

 

ここで伊豆半島が嫌になったらフェリーに乗れば

清水港まで行けます。

電車は通っていませんですし、バスもほとんどないです。

西伊豆は走るのには覚悟が必要になります。

 

 

_R000575

 

 

 

土肥から堂ヶ島まではこれまでの様な

距離があるのぼりではなくなります。

トンネルが多いのが注意です。

中には1km弱の物もあります。

 

 

 

_R000582

 

 

 堂ヶ島。

もうここのあたりになるとどうでもよくなります。

ここで伊豆半島走るのが嫌になった方はR15へ行けば

下田への近道になります。

(と言ってもそこは伊豆半島、近道とは言えども登りはあります)

 

 

 

_R000584

 

 

 

堂ヶ島の先の松崎町のコンビニでも小補給。

松崎町からは右折して海岸線沿いに出ます。

ここも直進すると下田への近道です。

(と言ってもそこは伊豆半島、登りがあります。)

 

 

ここを右折すると思った以上に

下田まで登りと距離が増えるので

覚悟が要ります。

(途中で何か所も近道があるのでなおさらです)

 

 

_R000590

 

 

 

でも険しい分その景色は素晴らしい。 

 富士山まだ見えます。

 

 

 

_R000594

 

 

 

 

_R000595

 

雲見の先は

 マーガレットラインという

名前だけで言えば綺麗ですが、

実際は8%勾配が何キロも続く

道があります。

後半でここは結構しんどい。

 

記憶あまりありません(笑)。

 

 

 

_R000597

 

 

 

南伊豆町へ到着。

引き続きアップダウンが続きます。

 

 

 

_R000601

 

 

この景色が見れるからこそ

西伊豆を走りたくなると思います。

 

 

_R000604

 

 

石廊崎方面へ。

 

 

_R000605

 

 もうあと少し・・・。

 

_R000606

 

 

到着!!。

相変わらず楽ではありません。

 

しかしいつも見る景色とは少し違う・・・。

そうだ、風がそんなに強くなく波が立っていない。

せっかくここまで来たのに・・・。

まあ、今の実力では強風には耐えられないので

良かったとしましょう。

 

 

 

_R000609

 

 

 石廊崎は歩かないといけないので、

ここはいつか行ってみたいですが、この日もスルーしました。

 

 

 

_R000610

 

 

 また来ます。

 

 

_R000612

 

 

 

 日が落ちるのが早くなったので早々と下田へ行きます。

もう石廊崎を過ぎると下田までは平坦基調なので

リラックスして走れます。

 

 

_R000613

 

 

 有名なサンドスキー。

時間がないのでスルーしました。

 

 

_R000615

 

 

 下田駅へ到着!。

時刻を確認したら15分後に電車が出るではないか!!

急いで着替えて・輪行袋へ詰めて電車に乗車!。

 

 

 

_R000616

 

 

 

しかし時間がなく飯が買えなかったので

車内は空腹と戦っていました・・・。 

 

 

 

 

距離182km、獲得標高3067mでした。

 

 

 


 

 

 

_R000617

 

 

 この日は回復走。

ツールドフランスで注目を浴びている

COLNAGO

パーツを載せ替えたのでそのテスト走行も兼ねて。

 

 

 距離34km、獲得標高475mでした。

 

 

 

2020/10/3 古谷野