アルバイト募集中 facebook

【マニアック古谷野】 10/7(水)&10/15(木)走行日記
by: 古谷野穣治

10/7(水)

 

 

 午後から雨が降りそうだったので降る前に

近所のヤビツへ登ってきました。

 

 

 

_R000640

 

 

この日はコルナゴ・マスターで。

組み立てたときは当初カンパ・アテナに手組ホイールという

シルバー系なパーツがついていましたが、

無理やりクラシカルに仕上げている感じがしたので

別のバイクからコンポやホイールを移植しました。

 

 

今でも手に入るフレームですから

そのほかのパーツも今手に入るもの、

という考えです。

 

 

_R000626

 

 

 

 ギアが軽めのものがついてるので

8.8㎏の車体でも軽々と走ります。

スピードは出ませんがそこは気にしません。

 

 

ヤビツの頂上では工事していました。

 

 

 

_R000627

 

 

 

 何やらできるようです・・・。

 

 

_R000631

 

 

 

ヤビツの下り。

コルナゴ伝統のストレートフォーク。

フルクロモリの重いフォークですが、

その分安定感は抜群。

 

 

 

_R000632

 

 

タイヤは載せ替えの際に前作フォーミュラプロから

現行品へ変更しました。

前作と変わらずこれまでグリップするタイヤはないでしょう。

最近別のバイクのシュワルベワンも感動しましたが、

改めてこのタイヤを使うとそう思います。

↑のフォークと合わせて、

下りでは非常に安心感があります。

 

 

 

_R000633

 

 

 

パマペイントによる塗装も美しい。

 

 

見ても楽しい、走っても楽しい。

良いバイクです。

 

 

_R000636

 

 

 

そんなバイクなので帰りも直帰ではなく、

ついつい寄り道してしまいました。

 

 

ちょうど家に帰る直前に雨降ってきました。

(鉄バイクなのでよかった・・・)

 

 

 

距離46km、獲得標高900mでした。

 

 

 


 

 

 

10/15(木)

 

 

この日も雨が降りそうな天気。

なので前回に続き再びヤビツへ(笑)。

 

 

登っている途中から雨がパラパラ降ってきましたが、

気になる程度ではないので

本降りになったら引き返すような感じで

そのまま進行。

結局頂上までそれ程降られずに行けました。

 

 

 

_R000644

 

 

 

この日は工事やっていなかったので

定位置で写真撮れました。

 

 

前週に鉄フレームに乗ったので

今週は炭素繊維(カーボン)フレームのバイクで。

 

 

 

 

_R000645

 

 

新しいサドルを試しに使っています。

イタリアの新興ブランド

REPENTEのショートサドル

LATUSです。

(市販品は上のデザインが異なります。)

 

 

機材交換すると再調整・再設定が面倒なので、

よほどの事が無い限りは変えない古谷野。

 

 

 

これまで使っていたPROステルスは

特に問題ありませんでした。

けど何年も使ってくるとサドルはへたってきますし、

なにより飽きて来たので・・・(笑)。

 

 

サドルは実測140gと軽量な部類。

ベースとレールはフルカーボンで

品質は高いです。

どうやらオートクレーブ製法のようです。

 

 

 

_R000646

 

 

サドルレールは長く、調整幅が広いです。

しかしどちらかと言うと後ろよりになっていますので、

サドルを前に出したい方だと足りないかもしれません。

(画像だとレールの前よりに固定されていますが、

この状態でサドル後退量120mm)

 

 

PROステルスもショートサドルなので

軽量な方(205g)でした。

サドルだけで50g軽量化出来ました。

これは非常に大きくダンシングの際には

その恩恵を感じ取ることが出来ました。

(しかしほんの最初だけであとは

それが順応して分からなくなりますが)

 

 

形状はステルスより前方部をさらに細くして

ペダリング時にスムーズに脚が回せます。

これによってケイデンスが高めになって、

脚をクルクル回すスタイルで今回走りました。

 

 

古谷野がPROステルスを導入したのが

ショートサドルがまだ世の中にあまり出回っていないころ。

①スぺ○ャライ○ドのパワーをさきがけに、

②PROステルス

③PROLOGOディメンション

ぐらいでした。

 

 

①は扱いが無いので手に入りませんでした。

③は自分に合いませんでした。

なので消去法で②のステルスになりました。

 

 

 

その後各社からショートサドルが出て来て

今回はあまり出回って無く、

別の形状でためし甲斐がある

こちらのサドルを試している次第です。

この日の走行では特に問題なし。

ロングライド等の別のシチュエーションで試してみたいですね。

 

 

 

 

別の話になりますが、ヤビツの下りは先週と

同じようなコンディションでした。

鉄バイクと炭素繊維バイクだと10秒のタイム差でした。

エアロ効果による差でしょう。

鉄フレームだと地面に食いつくように走りますが、

エアロフレームは下りではグングン速度あがります。

 

 

 

 距離43km、獲得標高861mでした。

 

 

 

 

2020/10/16 古谷野