【ピナレロ通信】リムのコンポをディスクロードへ載せ替え!!いくらかかる??
by: 平山

mdbc_f_cl

 

リムブレーキユーザーの皆さんこんにちは

ピナレロルーム専任スタッフの平山です。

 

ご存じの方には今更感のある話題かもしれませんが、まだまだ問い合わせが多いので再掲です。

 

『リムブレーキのロードに乗ってるんだけど、やっぱりディスクロード欲しいんだよね』

『全部買い替えだと思うとなかなか手が出なくて・・・』

 

そんなお問い合わせが増えております。

実はそんなにお金をかけなくてもリムのコンポをそのままディスクロードに載せ替えできちゃうんです。

 

【結論】
載せ替えに必要なもの4点と費用の目安

 

忙しい方向けにまずは結論 工賃込み、最低でも約8万円~が目安です。

 

  • リムブレーキのコンポーネント
    費用の目安:載せ替え工賃 ¥16,500-

  • 機械式ブレーキキャリパー
    費用の目安:例)GROWTAC EQUAL  |¥32,220-

  • ローター
    費用の目安:例)105~DURAグレード |¥8,000~20,000

  • ディスクロード用ホイール
    費用の目安:例)アルミエントリー~カーボンミドルグレード
    | ¥25,000~200,000

 

合計¥81,720~

最低でもこの金額があれば満足できるブレーキ性能で載せ替えできると考えていいでしょう。

別途、状況に応じて前後しますが

シフトケーブル,バーテープ,BB,ケーブル内装システム対応ハンドル、ステムなどが必要になります。

この辺りは専門スタッフまで直接お尋ねください。

 

【例】PRINCE アルテDi2[RIM]
   →F12 F/S[DISK]へ乗り換えの場合

とあるAさんの過去の実例を基にシミュレーションしてみます。

AさんはアルテグラDi2に載せ替えたPRINCEに乗っていましたが、周りがディスクブレーキに載せ替えていくので自身もだんだんと焦りが出てきたとの事。DOGMAに乗り換えるタイミングでディスクに移行したいそうです。

条件

・基本的にコンポーネントはすべて載せ替え

・BBやチェーンは交換不要な状態

・可能な限りケーブルは内装したい

・ブレーキは制動力で油圧に劣りたくない

・ホイールは一旦、アルミのそこそこのグレードで

 

見積もり結果

内容

金額

[フレーム]DOGMA F12 DISK F/S

803,000

[ケーブル内装ハンドル]JAGUAR TICR

14,080

[ケーブル内装ステム]TIGER TICR

15,180

[機械式ディスクブレーキ]GROWTAC EQUAL

35,220

[バーテープ]MOST ULTRA GRIP EVO

3,740

[ローター]RT-CL800 160mm×2

13,576

[ホイール]Fulcrum Racing3 DB

104,940

[工賃]フレーム載せ替え工賃

16,500

[クーポン]フレーム現金購入時10%ポイント付与   

‐73000   

合計               

933,236

上記の内黄色い網掛の箇所はピナレロのフレームに載せ替え希望の場合に必要になる可能性が高い部分です

計¥98,296

 

油圧式レバー導入時との差額

もしAさんが油圧式レバーを導入して載せ替えた場合、上記見積もりとの差額はいくらになるでしょうか?

上記見積もりからの変更点は2点

  • 油圧式レバーの導入

     ST-R8070の場合 約¥66,000-

  • 油圧式ディスクブレーキキャリパーへの変更

    BR-R8070の場合 約¥20,000-

差額
油圧レバー+油圧キャリパー-EQUAL=約¥54,000-

となりました。

Aさんがも今のコンポを載せ替えつつ、ブレーキシステムを油圧にした場合は機械式と比べて54000円の差額ということになります。

ただし、11速の油圧レバー(ST-R8070)が在庫があるのかどうかは別問題です・・・・。

 

そもそも機械式ディスクブレーキってどうなの?

メリット

・軽量化に貢献
→油圧式ワイヤー変速レバーはブラケットが大ぶりで重量もありますが、機械式ディスクならリムブレーキと共通のレバーの為、ブラケットがスマートで重量も軽い。

・輪行時のトラブルが少ない
→油圧ならではのエア噛みやパットが出すぎてしまうなどのトラブルが起きりにくいため輪行初心者にもおススメできます。

・メンテナンスしやすい
→個人でもメンテナンスできる可能性が高いレベルの構造になっているためDIY勢の方からすると余計な整備費用が発生しにくいです。

デメリット

・制動力が油圧ディスクに劣る
→機械式ディスクの製品グレードにも寄りますが、費用対効果で比較するならば油圧に比べて制動力が劣ると考えていいと思います。

・引きが重くなりやすい
→機械式ディスクの場合ワイヤー引きになりますので、昨今の全内装フレームなどではケーブルルーティング的に無理がかかりやすく、引きが重くなりがちです。

詳しくは ワイズロード福岡天神店 坂口さんの記事も参考になります。

 

 

オススメのブレーキ

これまで数十件の施工事例をもとにおススメするのは

GRWOWTAC EQUAL です

EQUALは前述の様々なメリットをそのままに、デメリットを最低限に抑えてくれます。

制動力・・・握力に対しての制動力も申し分ありません。
      中には油圧のフィーリングよりもEQUALのフィーリングが好きと答える方もいらっしゃいます

レバーの引きの重さ・・・国内の有名ケーブルメーカー(ニッセン)と共同で開発した専用のアウターケーブル・インナーケンーブルのおかげで、全内装フレームでもレバーの引きの重さを感じる事が有りません。

 

 

結論

今お持ちのリムブレーキのコンポをなるべくそのまま載せ替えるなら最低約8万円~

もし油圧式ディスクブレーキを導入するならさらに+数万円

予算的な都合をクリアしつつ、最大限の性能を引き出すならGROWTAC機械式ディスクで載せ替えがオススメ!
もし予算的に余裕があって輪行する予定もなく、メンテナンスをお店に預ける方はドライブトレインは載せ替えてブレーキシステムは油圧式を新規購入がオススメです。

 

最後に

それぞれの選択肢には在庫面での都合が絡んだり、予算面にも条件による大幅な違いが出ますので、気になる方は専門スタッフまでご相談ください。

川崎店ピナレロルームでは明朗会計をモットーにしており、無料で見積り作成しております。

ご相談の際はお気軽にお問い合わせください。

『Fはさすがに高くて買えない、買っても勿体なくて乗れないから、特価の旧型がないか探してくれない?』

なんてお問い合わせも大歓迎です!

 

参考までに川崎店にて在庫中もしくは川崎店限定で取り寄せ可能のF12がこちら

 

 

 

 

オンラインでは在庫0表記ですが、詳細は川崎店ピナレロルームまでご相談ください。
(スマホの方は青いところをクリックすると電話をかけることができます)

 

まずはピナレロルーム専任スタッフの平山にお気軽にご相談ください。

販売員である前に、同じサイクリストとしてお客様と同じ目線でご相談承ります!

 

 

 

お問い合わせ

わからないことは遠慮なくご質問ください。
チャットにて対応可能でございます。
※リアルタイム返信ではございませんのでご回答までお時間をいただく場合がございます。
会員ログインをしていただいた状態でご質問いただくと質問ログを残すことが可能でございます。

ご検討、ご質問、お待ちしております。

kawasaki_map_3

※提携駐車場はございません。近隣の有料のパーキングをご利用ください。
近隣駐車場の検索はこちら(外部サイト)

 

営業時間

土・日・祝 12:00-19:00
月・木・金 12:00-20:00
  水   15:00-20:00
定休日:火(祝日除く)

247

スタッフ一同お客様のご来店をお待ちしております。

bnr_kawasaki_yoyaku

044-221-1531 ご予約の電話はこちらへ

jpg

shimano_fc_check_top-500x500

ウェア館ブログ

bnr_kawasaki_trek484

CIPO24TOP

AU損保バナー

 

img_press_one-to-one

3種

3のコピー club fb-f-logo__blue_72

インスタ

190307