【新橋キャノンデールブランドストア】  新型SUPERSIX EVO発表!EF Education easypostが使っている謎のバイクがいよいよベールを脱ぐ!
by: 間野友輔

CY23_Cannondale SuperSix EVO_Milliman (4)

ワイズロード新橋キャノンデールブランドストアの間野です。

昨年末からちらほらと目撃例があり、話題になっていたキャノンデールの新型ロードバイク。1月のツアー・ダウンアンダーでも使用され、ヴォルタ・アン・アルガルヴェではマグナス・コルト選手の劇的な勝利も演出しながら、いまだ公式リリースがなかったバイクが、いよいよ発表です!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

EF Education–EasyPost(@efprocycling)がシェアした投稿

こちらのページでは、新型SUPERSIX EVOの特徴をご紹介し、実際に販売されるパッケージにつきましては別ページでご案内いたします。

新橋店での最速展示予定のLAB71 SUPERSIX EVOについて

今回発表される第4世代SUPERSIX EVOのラインナップはこちら

 

第4世代SUPERSIX EVO

230301SuperSix_EVO_Tech_01

歴代のSUPERSIXの魅力は、くせのない自然なハンドリング、軽さ、スピード、高水準のスムーズな乗り心地だったと思います。前作第3世代ではエアロ形状を採用し更なるスピードを獲得しました。そして今回の第4世代は更に大幅な軽量化と優れた空力特性を獲得した、キャノンデールの自信作です。

今回、大きなポイントとしてあげられるのは、以下のとおり。

・新たに最上位ブランド『LAB71』が誕生。

・新素材を採用したLAB71でフレーム重量770g(56サイズ)

・時速45kmで前作より12ワット削減するエアロダイナミクス

・デルタ形状のステアラーチューブを採用。

・MOMO Desiginと共同開発の一体型ハンドルバー

・ボトルインテグレーション

 

『LAB71』とは

230301LAB71_SuperSixEVO_images_01

23年2月15日に発表された『LAB71(らぶ・せぶんてぃーわん)』は、キャノンデールは新たに立ち上げた最上級ブランドです。

今年1月のツアー・ダウンアンダーでは、今回発表されたSUPERSIX EVOのほかに、SYSTEMSIXでも『LAB71』ロゴが入ったチームカラーのバイクが使用され、アルベルト・ベッティオール選手が第1ステージを制しています。国内販売予定が今のところないので、LAB71 SYSTEMSIXの素性については不明です。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

EF Education–EasyPost(@efprocycling)がシェアした投稿

ただ注意したいのは、LAB71は素材の名称ではないということです。今後、SUPERSIX EVO以外のLAB71が順次発表されるはずですが、バイクごとに素材等は異なる場合があります。

LAB71とは素材のことではなく、キャノンデールが作り上げる最上級のバイク群の名称です。

そして第4世代SUPERSIX EVOは『LAB71』『Hi-mod』『スタンダードモッド』の3種類が登場します。今回の発売モデルにはスタンダードモッドは含まれません。

 

770gの超軽量エアロフレーム 

230301SuperSix_EVO_Tech_10

LAB71 SUPERSIX EVOでは、従来ハイエンドとして設定されていたHi-modとは異なる新素材のカーボンを採用しています。最先端のカーボンファイバーとナノレジンを複雑なプロセスで組み合わせて創られたのが、『シリーズ0カーボン構造』。優れた引っ張り強度と圧縮強度の両方を兼ね備えているとのこと。これにより、より少ない素材で多くのパフォーマンスを発揮できるフレームに仕上げられていて、フレーム重量はペイント済み56サイズで770グラムを実現しています。

従来のハイエンドモデルだったHi-modは、ハイモジュラスカーボンを効果的に配置し、高強度繊維の層と軽量で合成の高い繊維を組み合わせたバイクで、軽量・高剛性を誇るモデルです。今回もそのことに変わりはありません。第4世代SUPERSIX EVO Hi-modは810グラム(56サイズ)を実現しています。こちらもLAB71に負けてはいません。決してミドルグレードに転落したわけではなく、高次元の2種類のフレームがあるということです。

 

前作より12ワットの削減

230301SuperSix_EVO_Tech_12

第4世代SUPERSIX EVOの開発には、UCIルール下での最速バイクを目指して開発された『SYSTEMSIX』のエンジニアチームが参画。フレーム開発とともに、フォーク、ホイール、ハンドルバー、シートポストを設計し、何千回ものCFD(計算流体力学)解析と、数週間の風洞実験を行い、システムインテグレーションされた完成車で最大のパフォーマンスを発揮するように設計されています。

エアロダイナミクスに関しては、時速45kmで前作より12ワット削減。新型SUPERSIX EVOは軽量なエアロバイクというだけでなく、最速のロードバイクのひとつと言えます。

トータルで設計され、エレガントなデザインと優れたエアロ効果を発揮する、ハイパフォーマンスなバイクの誕生です。

 

デルタ形状のステアラーチューブを採用

230301SuperSix_EVO_Tech_02

ケーブルのフル内装が当たり前になった近年のロードバイクで、前作第3世代SUPERSIX EVOでは、ステアラーチューブ(コラム)の前方にケーブルの収納スペースが用意されていました。取り回し的には作業性が良かったものの、前に張り出したヘッドチューブとなり、少しスマートではない感じもありました。

第4世代SUPERSIX EVOではコラムをデルタ(三角)形状にすることで、ケーブルをシームレスにヘッドチューブ内に収めました。またヘッドチューブの前面投影面積をより少なくすることができ、より大きなエアロダイナミクス効果をもたらしています。

ちなみに、専用ハンドルが設定されていますが、シムを介して従来型の丸コラムに対応するステムもお使いいただけます。

また、第3世代SUPERSIX EVOではハンドル旋回に制限がありましたが、第4世代SUPERSIX EVOではこの制限はなくなりました。

 

System Bar R-One by MOMO Design

230301SuperSix_EVO_Tech_18

第3世代SUPERSIX EVOでも専用ステム・ハンドルバーが設定されていました。デザイン・空力特性に優れたものでしたが、ステムとハンドルを別体にした結果、重量はかなり嵩むものになっていました。

今回、LAB71 SUPERSIX EVOには、モータースポーツ界で高級ステアリングとして実績があるMOMO Designと共同開発したコクピットがスペックされます。この一体型ハンドルステムは、第4世代SUPERSIX EVOのデルタステア専用品です。

優れたエアロダイナミクス性能と抜群のコントロール性能を持つこのシステムバーは、一切ケーブルが見えないフル内装デザイン。ロードレース界に新たなレベルのスピードとスタイルをもたらします。

価格等の詳細は今後の発表をお待ちください。

 

ボトルインテグレーション

230301SuperSix_EVO_Tech_08

新型バイクと同時に開発されたグリップエアロケージとグリッパーエアロボトルのコンビネーションが、スピードをさらに加えます。このボトルをバイクに装着することで、SYSTEMSIXと同等のエアロ効果を発揮します。円型の標準的なボトルも使用可能。

グリップエアロケージは予定販売価格¥3,000(税込)、グリッパーエアロボトルは予定販売価格¥2,500(税込)です。

更にオプションで、SYNAPSE等に採用されているSMART SENSEも後付け可能な仕様になっています(販売詳細未定)。

 

その他のポイント……

薄くエアロ形状を進化させたシートポスト

230301SuperSix_EVO_Tech_16

 エアロダイナミクスを追求したシートポストは、かなり薄い作りになっています。側面から見た幅は、第3世代SUPERSIX EVOに搭載されたものよりも広く存在感があります。

そこで気になるのが、シマノDi2やカンパニョーロEPSのバッテリーは収まるのか?という点。結論から言うとシートポストには収まりません。

 

バッテリーは何処に?

230301SuperSix_EVO_Tech_11

バッテリーはダウンチューブ、BB付近に設置されます。低重心になり、専用の取り出し口なので着脱が容易に。シートポストを抜き差しするたびにケーブルの長さに煩わされることもなくなります。 個人的には車載時にシートポストを抜くので、この仕様はとてもありがたい。

そしてBBはねじ切りに。BSA(JIS)に変わったので、従来使えるクランクに制約があったBB30方式よりも選択肢が広がり、メンテナンス性も向上します。

 

タイヤのクリアランス

230301SuperSix_EVO_Tech_03

公称の最大タイヤ幅は30mm。ただし両サイドに6mmずつの余裕があります。太めのタイヤを選択して快適性とコントロール性を高めることも、あるいは細めのタイヤを選択して軽量化とレスポンスを高めることも、1台のSUPERSIX EVOで可能です。 

 

 

新橋キャノンデールブランドストア国内最速展示予定!

230301LAB71_SuperSixEVO_images_03

あいにくと発表即展示とはいかなかったのですが、ワイズロード新橋キャノンデールブランドストアでは、以下のモデルを3月3日(金)からの予定で最速展示いたします。

新橋店入荷予定のLAB71 SUPERSIX EVOについてはこちら

C23_C11052U_SuperSix_EVO_LAB71_MOX_3Q C23_C11082U_LAB71_SuperSix_EVO_AM_Frm_WOW_3Q

完成車:LAB71 SUPERSIX EVO size:48 color:MOX
フレームセット:LAB71 SUPERSIX EVO size:51 color:WOW

この展示車につきましては、先着販売ではなく、抽選販売とさせていただきます。受取店は新橋店限定です。
抽選の応募は弊社オンラインショッピングサイトの特設ページをご確認ください。

また、別ぺージにて、実際に今回発売されるモデルをご紹介していきますので、あわせてご確認ください。

 

キャノンデールのご注文は新橋で!

新橋店はキャノンデールのコンセプトストアです!
珍しいモデルなども含め、バリエーション豊富な在庫をご用意しております!

キャノンデール専任スタッフ間野が皆様のお越しをお待ちしております(*^^)v

 

cannondalelogobanner

1st March 2023

ワイズロード新橋キャノンデールブランドストア まのゆうすけ

 

 

 


新橋店のイベントスケジュール!

MAVICシューズの試履き会 7月1~15日まで!

BIANCHI 試乗会 7月13~15日に開催します!


【気になることはチャットで簡単解決】
商品の選び方、仕様、愛車にあうのか…など気になることがあればチャットで質問してみてください。全国のワイズロード店舗から選ばれた知識・経験豊富なスタッフがサクッとチャットでお答えします。お気軽にご相談ください。
チャット相談を見てみる >>


231229shimbashi_twitter


230108shimbashi_instagram


ワイズロード新橋店

〒105-0004 東京都港区新橋4-11-1 A-PLACE新橋 B1F, 1F
TEL : 03-5422-1394
営業時間 : 平日12:00~20:00、土日祝11:00~19:00
定休日 : 毎週水曜日(祝日を除く)
作業は完全予約制とさせていただきます。

 

Y's Road Shimbashi

〒105-ooo4 A-PLACE Shimbashi B1F&1F、4-11-1 Shimbashi Minato-ku,Tokyo
TEL : 03-5422-1394
open : weekday 12:00~20:00, holiday 11:00~19:00
Bussines Holiday : Wednesday(except National Holiday)
Maintenance services are by appointment only.