【マニアック古谷野】 決戦ホイール投入!!
by: 古谷野 穣治

スタッフ古谷野、来月の富士ヒルクライムに向けて決戦ホイールを導入しました!。

 

P1170748

 

 

BONTRAGER AEOLUS XXX  ¥294,445+税

 

 

AEOLUSといえばディープリム系ホイールが有名ですが、ボントレガーの中でもXXXと名の付いたこの超軽量ホイールは今年からラインナップされているホイールです。もしかしたら今年のツールでコンタドールも山岳ステージで使うかもしれませんね。

 

ちなみにボントレガー=トレックというイメージがあるかもしれませんが、古谷野はそういうのを気にせずピナレロにつけます。ボントレガーは元は独立していたパーツブランドでしたから。物は確かなものばかりです。トレック乗り以外の皆さんもぜひ使ってください。良いですよ。

 

 

P1170749

 

 

古谷野は年に1度レース出れば多い方なので決戦ホイールというものを持っていませんでした(去年は別スタッフから借りるという・・・)。

 

しかし、今年こそは富士ヒルクライムでゴールド(タイム65分以内)を獲ってヒルクライムから卒業したい・・・、という思いからこのホイールを導入する運びとなりました。

もちろんカーボンホイールなのでコスト(値段)はかかりますが、その分結果になってくれれば・・・、とある意味機材頼みです(笑)。

 

 

P1170750

 

 

ハブにボントレガーマークが付いていますが、中身はDTスイスの構造になっています。最近某ホイールメーカーのコラムにスターラチェットシステムが一番が良いと書いてありましたね。

しかもこの中に通常オプション扱いの36Tラチェットが標準で入っていて少しお買い得感があります。このパーツ1万円ぐらいするんですよ。

 

 

取りあえず持った感じはとても軽いです!。ホイール持っている感じがしません・・・。こんなホイール古谷野が使っていいのか罪悪感さえあります・・・。

 

 

 

P1170752

 

 

さて、気になる実測重量タイム!。

 

 

P1170751

 

 

フロント412g、リア546g ・・・、

 

 

合計958g!!

 

 

メーカーの公表値より10数gぐらい軽かったのでちょっと良い気分です(笑)。

トレックが誇るOCLV技術で軽量性と信頼性が表れているのは間違いないでしょう。

いたずらに軽量にしたホイールもありますが下りや強度などの信頼性を考えたらこのホイールがおススメです。体重制限もありません。

 

 

 

ちなみにこのXXXホイール、これから本格的なヒルクライムシーズンの影響かメーカー在庫残り少なかったです。今検討されている方はお早目に!。

 

 

このホイールに付けるタイヤはまだ決めていないのでまた今度紹介しますね。

 

 

 

2017/5/10 古谷野