facebook 旧ブログサイトはこちら

【ヤングメン山本】セルフメンテナンスはこれでOK? SENSYARしました。
by: 山本 研一

 

 

購入してから期間が少しすると、自転車にはどうしてもついて回る事が

メンテナンスという作業です。

 

自転車を構成している多くのパーツは、どうしても定期的なメンテナンスを

推奨しているものが多く、それを怠ってしまうと短期的には良くても

長期的に見るとパーツを、場合によっては自転車そのものを傷めてしまうことが

非常に多いのです。

 

 

 

チェーンに油を指す。タイヤに空気を入れる。

そしてたまに洗車をする。

これが個人的にはオススメです。

 

 

モチロン。

変速調整や各種トルクチェック(締め付け確認)等、技術面や機材面で難しい所

もあると思うのでご不明な点がございましたらお気軽にお店にご相談してください!

 

 

P_20170623_161439[1]

 

 

さて、少し長い前置きになりましたが、買って少ししたので自身の自転車を

メンテナンスすることにしました。

 

シフト調整や各種トルクチェックは勿論なのですが、

よく見ると…。うーん…自転車屋さんのバイクとしてこれは汚い。

 

僕は自身の自転車は  あまり細かくメンテナンスしないのですが、

折角買った自転車なので、身体を洗うと思って洗車はやるようにしてます。

 

 

P_20170623_161508[1] P_20170623_161446[1]

 

 

やり方は人それぞれなので参考程度にですが、僕はどの車種でも

車用の洗剤を買ってきて一気にパパっとやっちゃいます。

スポンジも車用が大きくて柔らかいのでオススメ。

安いですしボロボロになったら買い換えちゃいましょう。

 

今回はパーツ類はあまり汚れが酷くなかったので付けたまま

クリーナーで綺麗にして、水洗いでフレームを中心に汚れ落としをします。

 

 

まず一回水で豪快に濡らします。

今回は対応しているディスプレイスタンドを用意してもよかったのですが、

やや不安定なので車体をひっくり返したり立てかけたりしてます。

 

 

P_20170623_162355[1]

 

 

その後泡だらけにします。泡で汚れが浮くので、塗装を痛めづらいのです。

僕はやっていませんがとがっている部分に手を持っていくので、

怪我の防止にもなりますし単純に汚れるのでゴム手袋とかするといいかもしれません。

 

 

P_20170623_162345[1]

 

 

ちょっと水圧強めに泡を流して終了。一回で取り切れなければ繰り返しやります。

そのまま放置するとパーツが錆びるので、終わったらしっかりと水気を取りましょう。

乾いた布などで拭いたり、自転車を角度変えながら十数センチほど浮かして落とすといいです。

合わせてガタガタ異音がするとパーツのゆるみがある場合があります。要チェックです。

 

 

P_20170623_162814[1]

 

 

終わったら仕上げにコーティングをしてあげると仕上がりもちょっとだけよくなります。

クリア塗装にはワックスを。マット素材にはマット対応コーティング剤を使ってあげましょう。

面倒な方は水で流れてしまったチェーンなどへの注油だけはしっかりとしてあげてください。

 

 

P_20170623_170354[1]

 

 

この後しっかりと初期点検をして終了。

メンテナンスはご自身でできるとぐっと愛着も増し、自転車の 『持ち』 もよくなります。

 

そのほかのやり方や簡単なメンテナンスのやり方は youtube にある

ワイズロードの動画をご参考にしていただければ幸いです。

 

早期不具合の確認もできますので是非挑戦してみてください!

 

 

 

 

 

商品紹介ページはこちらより

GT SENSOR CRB/AL EXPERT
https://www.riteway-jp.com/bicycle/gt/2017/sensor_crbal_expert/