facebook 旧ブログサイトはこちら

【StaffBike】 エディ・メルクス LIEGE75 Ver.1
by: 古谷野 穣治

 

 

IMG_1647

 

 

スタッフ古谷野の新車を紹介します。

知る人ぞ知る(?)ブランドEDDY MERCKXのフレームを使って組み上げました。

 

 

知っている方も多いと思いますが、簡単なブランド紹介です。

プロ通算525勝を誇る史上最強のロードレーサー「エディ・メルクス」。

ちなみに、近年のレースでは100勝すれば多い方なのでその数はまさに圧倒的です。勝利に執着するが故に「カンニバル(人食い)」と呼ばれました。

また、レースでの成績の他に機材に異常なほどにこだわりがあり、フレームを年間に何十本も作らせていたり(全盛期はデ・ローザに乗っていたのは有名)、パーツに穴をあけて少しでも軽量化していました。

そのメルクスが引退後ブランドを立ち上げました。

 

・・・、という偉大なブランドですが、古谷野が乗っても良いのでしょうか・・・。

 

 

 

モデル名のLIEGE75というのは「バストーニュ・リエージュ・バストーニュ」という歴史あり格式が高いモニュメントと呼ばれるレースで1975年に優勝したことに由来しています。

メルクスといえば全盛期のMOLTENIチームのオレンジカラーが有名ですね。

 

 

 

フレームは鉄で、メインパイプはコロンバスのZONAです。それにカーボンフォークが付いた現代的な鉄フレーム(モダンスチール)です

ちなみに、鉄に詳しい人によるとZONAはクロモリの定義である鉄の配合率が違うようです。なのでクロモリではなく、あえて鉄バイクと書いてあります。

 

 

 

IMG_1653

 

 

コンポーネントは世界のシマノ・デュラエースです。

最新のR9100ではなく、色合いと形状であえての9000系を集めて組みました。

 

 

古谷野はロードバイクをX台(秘密♡)所有していますが、コンポーネントはどれもスラムやカンパニョーロです・・・。

シマノコンポーネントが付いたバイクを持っていない為シマノを選びました・・・。

 

 

IMG_1649

 

 

コンポーネント以外にもシマノ愛を示すため(?)ハンドルなどのパーツは同社のパーツブランドPROをメインに付けています。

 

このバイクの使用用途がレースではなくサイクリングなのでハンドル・ステムは剛性がそんなに高くないPLTグレードです。

 

 

 

IMG_1650

 

 

サドルは個人的に気に入っているPROのステルスです。

このバイクを組むにあたって別のバイクから引っ越してきました。

フレーム以外のパーツはシマノ愛にあふれる(?)バイクとなっております。

 

 

 

さて、簡単なインプレッションですが、

フレーム、カーボンフォーク、ホイール適度な剛性と、加えてチューブレスタイヤのおかげで非常に快適な乗り心地です。別のバイクと比べると振動吸収性の良さはすぐにわかります。組む前に狙っていた乗り心地になって安心しました。

 

 

剛性感?重量?そんなのは気にしていません。

この乗り心地を体感する為にこのバイクを組んだといっても良いですから。

 

 

 

Frame:EDDY MERCKX Liege75 

Component:SHIMANO 9000 Dura-Ace + Pioneer

Wheel:SHIMANO WH-RS81TL

Tire:IRC Formula Pro Tubeless (25C)

Pedal: SHIMANO Dura-Ace

Handle: PRO PLT (400mm)

Stem: PRO PLT (110mm)

Seat Post : PRO Vibe

Saddle:PRO Stealth

BottleCage:ARUNDEL Mandlbile

 

Weight:8.6kg

 

 

 

ちなみに、これで完成ではありません。

タイトルにVer.1とあるのは既にパーツを変える計画があるからです。

結構先ですがね。

 

 

 

2018/2/3 古谷野