facebook 旧ブログサイトはこちら

【トライアスロン】楽に遠征するなら SCICON エアロコンフォートプラス トライアスロン
by: 安田 一行

トライアスロンシーズンも

宮古島、石垣島と

南国からスタートします。

 

近場のレースからより綺麗なところでのレースや

長い距離でのレースへステップアップしたい方も多いと思います。

 

そこでハードルになるのが

バイク輸送方法

自分でばらして組み上げる力があれば問題ありませんが

最近は複雑な形状が多かったり(特にトライアスロンバイクは)

メカが苦手なんじゃー!という方も多いかと

 

そんな人へのオススメは

SCICON エアロコンフォートプラス トライアスロン

DSC_1336

DHバーも外さずに楽々収納

 

 

収納手順は以下の通り(ロード版ですが基本は同じです)

今回はその収納方法を写真を使用して説明していきます。

P1090462.jpg

 

フロントホイール固定用の台座を仮付けします。

P1090463.jpgのサムネイル画像

 

バイクのホイールを前後外します。

P1090470.jpgのサムネイル画像

後輪を専用クイックで台座とディレーラーガードと共に固定します。P1090471.jpgのサムネイル画像

前輪も台座に専用クイックで固定します。この時にホイールベースに合わせて台座を動かします。

 

P1090475.jpgのサムネイル画像P1090476.jpgのサムネイル画像

サイドのポケットにホイールを収納します、この時にクイックは外し、スプロケを外側に向けます。

P1090483.jpgのサムネイル画像

サドル、フレームにカバーを付けます。

P1090488.jpgのサムネイル画像

バンドでハンドルを固定

P1090492.jpgのサムネイル画像

トップチューブも固定

P1090493.jpg

サドルも固定します。

P1090494.jpg

後はチャックを閉めるだけ

P1090495.jpg

 P1090497.jpg

これなら、自転車に慣れていない方でもホイールを外せる方なら女性でも収納できます。

移動は下にキャスターも付いているので転がしていけるのも魅力ですね。

 

お店に来るのが遠方で大変だという方には

配送も行っております(送料等詳しくは担当安田までお問い合わせください)

 

2018.3.5安田