【マニアック古谷野】10/29(月)~30(火) 走行日記
by: 古谷野 穣治

 

10/29(月)

 

 

 

もう今月は十分乗っているから距離は走る必要ないかな。

というわけでバッグにカメラとレンズを入れて箱根に出かけました。

それでもロードバイクに乗って出かけてしまうのですが(笑)。

 

 

 

DSC05401

 

 

いきなりですが、この日の目的地は仙石原のススキの原。

そろそろ見頃かなという感じがしたので。

 

 

 

DSC05409

 

 

やはりそれ目的で来ている人も多く周辺道路は混んでいました。

写真を撮るだけのために車を駐車している人が目立ちましたね。そのたびに交通が乱れていました・・・。

その点自転車はスペース取らないので良いですね。

 

 

 

DSC05411

 

 

DSC05419

 

 

DSC05420

 

 

 

せっかく箱根に来たのにこのまま帰るのはもったいないので大涌谷にもよってみました。

ここも混雑していて、分かれ道から駐車場まで渋滞していました・・・。

 

 

 

DSC05427

 

 

 

この日は雲が少なく、景色がくっきり見えました。

 

 

 

DSC05429

 

 

 

 

距離77km、獲得標高1480mでした。

 

 

 

 


 

 

 

10/30(火)

 

 

 

前日は箱根を走りましたが、この日箱根へ行きました。

 

 

 

 

DSC05438

 

 

 

バイクではなく電車です。

初めて箱根登山鉄道に乗ったと思います。

いつもバイクで走っている横を走るって何だか変な感じがしますね。

 

 

 

 

DSC05440

 

 

電車で箱根湯本まで、それからバスに乗っります。

 

 

 

DSC05445

 

 

ここも何度もバイクで通った乙女峠で下車します。

 

 

 

DSC05446

 

 

 

あっ、この日はバイクは全く関係ありません。山歩きしました。

前日の大涌谷から見えた景色を山から見てみたいな~、と思い急きょ山歩きすることになりました。

 

 

 

DSC05449

 

 

 

まずは乙女峠を登ります。

が、ここまでバスで結構登っているのでそんなに登るっていう感じはなくすぐ着きます。

 

 

 

DSC05453

 

 

乙女峠からの富士山。

前日と同様の景色で安心しました。

 

 

DSC05461

 

 

さて、次は金時山へ向かいます。

 

 

 

DSC05467

 

 

 

途中の長尾山。

自転車でいうと長尾峠。

ここの下のトンネルをくぐりますね。

 

 

 

DSC05477

 

 

紅葉も少し見どころになりました。

葉が全部黄金色に染まっているのもよいですが、緑からのグラデーションがかかっている方が個人的には好みです。

 

 

 

 

DSC05485

 

 

途中見晴らしの良いところから。

前日訪れた仙石原あたりです。

 

 

 

DSC05499

 

 

 

金時山へ到着!。

ショートカットしているようなルートなのであまり達成感がありません(笑)。

 

 

 

DSC05497

 

 

初めて訪れましたが、人気スポット&紅葉シーズン間近であって結構にぎわっています。

 

 

 

DSC05506

 

 

DSC05508

 

 

DSC05511

 

 

野良猫がたくさんいました。

 

 

 

DSC05520

 

 

 

さて、金時山登ったし帰るかな・・・。

ということありません(笑)。ここまで全く歩いていません。

 

 

 

DSC05530

 

 

 

この日の目的は金時山から箱根湯本へ縦断することです。

前日の大涌谷から強羅へ下るときに見えた稜線が古谷野を刺激してしまったのでしょう(笑)。

 

 

 

 

DSC05558

 

 

 

稜線なので長い登りではなく緩やかなアップダウンが続きます。

足場が悪いところも少ないので歩きやすいです。

このルートの特徴的な草(名前わかりません)に囲まれてながら進みます。

 

 

 

 

DSC05544

 

 

振り返って見た景色。

一番高い山が金時山です。

山の向こうにかすかに見える白いのが富士山の頭です。

 

 

 

DSC05565

 

 

金時山付近は結構混んでいますがそこから外れるとガラガラになります。

登山開始したときは11℃表示で肌寒かったでしたが、この時は一番気温が高い時間帯のと陽が遮るものがないので結構汗かきました。

 

 

 

DSC05545

 

 

 

この日の行動食は懐かしのこれ!。

めったに見かけなくなりましたね・・・。

エネルギー・腹持ち・おいしさのバランスが非常に高い!。

 

 

 

DSC05608

 

 

あまり使い道がない超広角レンズを一応持ってきたのですが、この日は意外と出番がありました。

 

 

 

DSC05612

 

 

 

次の目的地の明神ヶ岳がちょこっと見えます。

 

 

 

DSC05614

 

 

 

この日の朝に急きょ山歩きしようと決めたのでこの日のルートのことを調べないでやってきた(危ない)のですが、結構歩きます・・・。

 

 

 

DSC05634

 

 

 

ここの稜線は丹沢系のと違って崖っぷち感がないので個人的には助かります(笑)。

 

 

 

DSC05648

 

 

DSC05654

 

 

歩いて歩いて、ようやく明神ヶ岳に到着!。

 

 

 

DSC05659

 

 

小田原市街が一望できました。

 

 

 

DSC05660

 

 

この日は望遠レンズは使うことないと思ったので持ってきていません・・・。

 

 

 

DSC05668

 

 

日が傾きはじめました。

このあたりから時間が迫っていると危機感を感じました。

 

 

 

DSC05673

 

 

次の目的地の明星ヶ岳まで

50分・・・。

まだまだあります・・・。

 

 

 

DSC05671

 

 

歩くの飽きてきました・・・。

 

 

 

DSC05685

 

 

そんな感じで明星ヶ岳に到着。

 

 

 

DSC05688

 

 

箱根の中腹の宮城野に下りる手段もありますが、せっかくここまで歩いてきたので無駄にできません。

 

 

 

DSC05698

 

 

 

明星ヶ岳すぎた看板に次の目的地の塔ノ峰まで90分という看板を見たときの絶望感と言ったら・・・(笑)。

走ればもちろん時間短縮できますが、走れない古谷野は淡々と歩き続けるしかありません。

 

 

 

DSC05700

 

 

 

そんな感じで歩いていたら林道へ出ました。

前日にここを自転車で走ったような・・・、気のせいでしょう。

 

 

 

DSC05701

 

 

 

林道を1kmほど歩いてまた登山道に戻ります。

たしか許可車しか走れない道路ですがバンバン地元車が走っているので大丈夫でしょう。

 

 

 

DSC05706

 

 

もう少しでゴール・・・、と思い続けて歩きます。

 

 

DSC05709

 

 

もう歩きたくない古谷野にさらなる追い討ちが、

 

 

 

DSC05712

 

 

 

よし、ここが塔の峰だ!。

あれ・・・?、箱根じゃないぞ・・・。

 

 

箱根のは塔之沢。

名前を間違えました(涙)。

 

 

 ちゃんとルートを調べておけばと今更ながら大後悔。

 

 

 

DSC05717

 

 

まったく別の方向に行っていなかったのが幸いでした。

日が落ちかけている森の中箱根に向かって下りました・・・。

 

 

 

DSC05723

 

 

 

お寺の横に出て、舗装路が見えたときはようやく脱出できたと思いました(笑)。

 

 

 

DSC05741

 

 

 

お寺から歩くこと約20分、箱根湯本駅に戻ってきました。

ここで完全に陽が落ちました。

 

 

 

DSC05738

 

 

DSC05743

 

 

DSC05744

 

 

 

 

DSC05749

 

 

 

腹が減ったので小田原でラーメン食べてから帰宅しました。

 

 

 

181030

 

 

 

 

距離20km、獲得標高1266mでした(登山)。

 

 

 

 

 

紅葉は少し早かったですが、この日はあえて混んでいない時期に行きました。

そろそろ紅葉シーズン始まりますね。

仕事・・・ではなく、休日は忙しくなりそうです・・・。

 

 

 


 

 

 

 

 

IMG_1045

 

 

さて、先日ドグマから外したE-tapなどのコンポパーツですが、別のバイクに取り付けます。

 

 

 

IMG_1111

 

 

チタンフレームのHELIXに付けます。

(いきなり解体したフレームの状態)

 

 

 

IMG_1112

 

 

 

元からついていたカンパEPS。

基本的に古谷野は一度組んだバイクのパーツはめったに変えないのですが、さすがに数年間同じ仕様だと飽きました・・・。

 

 

 

また今度新しくなったHELIXをご紹介したいと思います。

 

 

 

2018/10/30 古谷野