【マニアック古谷野】 BROMPTON をいじろう!
by: 古谷野 穣治

 

 

 

DSCF1209

 

 

こんにちは、古谷野です。

今回は古谷野の新しい愛車

BROMPTON

のいじくり記事になります。

 

 

 

DSCF1211

 

 

購入したのはM6LのRAWカラー(2018モデル)。

アップチャージがかかるカラーですがその分カッコよいです。

そのせいか通常カラーより人気のような気がします・・・。

 

 

 

_DSC2399

 

 

 先日、いきなり下田まで100kmを走るテスト済みです。

 さすがに身体にダメージが残りましたが・・・。

 

 

 

_DSC2425

 

 

気軽にバイクを置けるのでついつい

写真を撮ってしまいます・・・。

いわゆる「ブロンプトン映え」でしょうか?。

 

 

_DSC2548

 

 

慣れていなくても30秒ほどで折りたためます。

気軽に輪行できるのが良いポイントです。

 

 

 

 

 

 

さて、今回の記事は愛車を乗る前から

いじったことを書こうと思います。

そもそもなぜ今回古谷野がブロンプトンを買ったかというと、

新しいバイクが欲しいということではなく、

勉強という目的が理由のほとんどを占めます。

 

 

 

_DSC0909

 

 

古谷野自体ブロンプトンを扱う店舗に

これまでいなかったので

購入するまでは全くいじくったことも

さわったこともありませんでした。

なので色々いじくって構造などを

勉強しようという魂胆です。

 

 

まずBROMPTONの特徴でもある変速機周り。

古谷野からすると見ただけで

何これ!?

っていう感じです・・・。

勉強のため何度かさわりましたが慣れれば

本当にシンプルなシステムです。

逆い言えば、昔の変速機の構造なので性能には期待できません。

そこの当りは割り切ります。

 

 

_DSC0911

 

 

購入したのはM6Lなので変速機は

内装(3段)×外装(2段)の組み合わせ。

外装、あるいは内装のみのモデルもありますが、

両方ついていて勉強にはピッタリです。

 

 

 

DSCF1203 

 

DSCF1195

 

 

DSCF1201

 

 

 

いきなりですがクランクとBBを外していきます。

車体が2018モデルなのでBBは自主回収品ではなく対策品です。

 外したBBはロードだと聞いたことないメーカーの物なのと

シェルがプラスチックでした・・・。

 

 

 

DSCF1198

 

 

BBを外したのでせっかくなのでネジ山にタップを施します。

 

 

 

DSCF1199

 

 

ブロンプトンはイギリス産。

案の定よく削れました・・・(笑)。

 

 

 

DSCF1200

 

 

ついでに面だしも行います。

これまた塗装がよく削れました・・・(笑)。

 

 

 

DSCF1202

 

 

 

最初に付いていたBBを使うのは気持ち的に少し抵抗があったので

あらかじめ用意していたスギノのBBにいきなり交換です。

乗る前からです。

 

 

 

DSCF1204

 

 

 次にチェーンを取り外して・・・、

 

 

DSCF1205

 

 

乗る前から某社のチェーンにいきなり交換です。

最初のチェーンから比べても触っただけで

その良さが分かってしまいます。

 

 

 

DSCF1235

 

 

ホイールを外すのは少し慣れがいります。

 

 

工具でナットを外して、

チェーンテンショナーを外して、

内装ハブの変速ロッドを外して、

ハブナットを緩めて、

タイヤの空気を抜いて、

ホイールを外します。

 

 

ロードのシンプルなシステムになれていると

いじり甲斐があります(笑)。

 

 

 

DSCF1214

 

 

 

DSCF1233

 

 

試しにタイヤを外してみたらリムテープがずれていました。

このまま乗ったらパンクの可能性があったので、

 

 

 

DSCF1232

 

 

新しいリムテープに交換しました。

まあクロスバイクなどにはよくある事です。

ブロンプトンクラスの価格帯のバイクだとあまりないですが・・・。

 

 

 

DSCF1216

 

 

 

 ハブの中身をばらしてみました。

これはよくある普通の構造。

せっかくなので元のグリスを除去して

デュ〇グリスに変えましたが・・・。

 雨の日にガンガン乗らなければ

このグリスが性能・持ちがNo1です。

 

 

 

その他にもやったことはありますが、長くなってきたので

残りは今度暇があったら書こうと思います。

 

 

2019/2/24 古谷野