【100% CHIGASAKI】★第7回★ バランスを保つ
by: 遊佐 雪徳

アインシュタインは息子に宛てた手紙に書きました.

「人生は自転車に乗るようなものだ.バランスを保つには,常に動き続けなければならない.」

20170212010256

惜しまれつつ2015年に引退したシルヴィ・ギエム

天才バレエダンサーのバランス感覚は如何に…

 

全くもっておっしゃる通りであります…心と体のバランス,収入と支出のバランス,そして人と人の繋がり,信頼関係…

はたと止まって休んでしまえば,あっという間に自分が取り残される.時間の流れは時として,無慈悲で残酷に感じられるものです.どうやら人は,動く身体を作るために,動き続けなければならないという宿命を持っているようです.アインシュタイン先生は天才であったと言われます.天才の思考には到底追いつくことはできませんが,「常に動き続けなければならない」という教訓を自分の中に持っていたという点に,YUSAはアインシュタイン先生の人間味を感じます.

 

脳細胞活性化・老化防止のためには,不規則に動くものを追いかけたり,バランス感覚が必要になるような運動がベストと言われます.例えばテニス(できればダブルス),社交ダンス等は高齢になってからも楽しめる運動としてオススメです.もちろん自転車に乗ることだって,心肺機能・筋力・バランス強化に長けた素晴らしい運動です.関節にも負担が少ないので,生涯スポーツとしてオススメできます.

 

しかし,今や自動車の無人自動運転が現実になりつつあり,自動運転バスの実証実験も進んでいます.次世代のパーソナルモビリティ(1人乗り移動手段)の開発も進行中と聞きます.一人暮らしの母親を持つYUSAとしては,技術の進歩は安心材料でありますが,子を持つ親の立場としては安心・便利だけでは寂しい気もします.自転車に乗って自分の足で,ちょっぴり遠くまでお出かけした幼少期のあのドキドキ感と,発育期にバランス感覚を養う意義,次世代にもバトンリレーしていきたいものです.

 

自転車という文化が消失することはないと思いますが,自転車に替わる乗り物が誕生する可能性はあります.自転車の意義が損なわれることはありませんが…まぁ,それはその時に考えましょう.人生,バランスが大事ですから.

 

参考:読売新聞

 

ブログ用スタンプ.001

新年度もよろしくお願いいたします

 ストイックYUSA

2019年4月3日