【茅ヶ崎スタイル】 頂点を目指すヒルクライマーへピッタリ。サーベロR5お求めやすい価格で入荷!
by: 古谷野 穣治

ツールドフランスを制覇した経験を持つサーベロRシリーズ。
そのRシリーズ頂点のR5のフレームが入荷しました!

2017 Cervelo R5 Frameset(48)
税抜定価¥670,000→現金特価¥ASK!!

サーベロはエアロフレームSシリーズを
オールラウンドとして位置付けていますが、

一般的にはコチラのRシリーズがオールラウンドです。

同社の山岳向けコースにつくられた軽量・剛性フレームです。

フレームのCerveloのロゴは黒色で目立たないですが、
黒×赤の特徴あるペイントは分かる人はR5と分かります。

こちらのフレームは2017年モデルまで展開していたものです。
現行品とは少し設計は異なりますが
軽量なのは変わりません
(フレーム重量810g、カタログ値)。

この時期のサーベロのロードバイクは
ヘッドチューブが他のメーカーより長めです。
最新のRシリーズや他メーカーは
ヘッドチューブを短くする傾向にあります。

なぜそうしたのでしょうか?

・ヘッドチューブが長い方が剛性が高まる。
・ステムの角度の変更である程度ハンドルの高さを調整できる。

これがこのR5の考え方です。

現行品と比べて設計が古いわけではなく
考え方の違いですね。

FSAのカーボンシートポストが標準付属。
一般的な27.2mmの物になります。

標準でも十分軽量ですが、汎用規格のため
さらに軽量なものへ変更も出来ます。

パーツを変えられるという点では、
現行フレームの専用シートポストよりメリットがあります。

シフトケーブルはフレーム内蔵式。
ダウンチューブの上側から入ります。

当時は何でここから入るの!?
と疑問でしたが、今や各社このような設計になっています。

こういう構造にすることによりケーブル分の
風の抵抗を減らせるようです。

ここはエアロフレームから始まった
サーベロだからでしょうか?。

そうそう、このRシリーズは一見丸いチューブに見えますが、
ここにもサーベロのこだわりがあります。
丸いチューブではなくかまぼこ形状にすることによって
軽量ながら風の抵抗を減らすようになっています。

軽量でエアロも備わっているRシリーズ。
死角が見当たりません。

フレーム重量はカタログ値で810gとうえで書きましたが、
それだけではどれほど軽いか目安にしかなりません。
画像の状態で実測1.38kgとなります。
流石の軽量フレーム、十分軽いです。

※参考までに
同社のS5が同じ条件で1.78kgでした。
400gの差は大きいですね。

そんな素晴らしいフレームなのでお値段も納得の
税抜定価¥670,000と驚くお値段。

しかし!、型落ちにてお求めやすくなっています!。
気になる価格は店頭かお電話でご確認ください!。

2008年ツールドフランスを制した
R3-SLの現行版がR5。
その設計の基本は変わっていません。
それほど素晴らしい設計なのです。

このフレームで軽量バイク組んでみませんか?

2019/6/28 古谷野


 

お車でお越しのお客様

¥3000以上のお買い物

30分駐車券をサービス

させていただいております!!

お車でのご来店もお気軽に!!

(店頭の駐車場に限ります)

   Instagram0829

名称未設定

「いいね!」も「レビュー」もお待ちしております.

m(._.)m

 

トライアスロン

resized_19  

 

高額商品をご検討の方に!

1%ローンをご利用頂くとこんなにお得になります!