すもーるさいずイッキ乗り! Vol.4 DE ROSA KING XS(スタッフ勉強会・DE ROSA編)
by: 相園健太郎

 

こんにちは、相園です!

大反響をよんでおりますインプレッション企画「すもーるさいずイッキ乗り!」

 

今回は第4弾という事でDE ROSAのKING XSのインプレをお届けします!

 

 

securedownload

お借りした試乗車は6870電動アルテグラにZONDAの組み合わせ。

 

この仕様で重量は驚異の7.35kg。(ペダル込み)軽い…

image7

 

さっそく自宅のある久留米まで40kmのサイクリング。

 

乗り心地はゴツゴツした路面の凹凸をフレームがコトコトといった感じに緩和してく

れました。

 

あの重量だし加速もシャキッとしてるのかなと思い、軽くダンシング。

 

あれ、ホイールの重さが効いてるのかダンシングをしてもスッと伸びる感じがあまり

 

ない…?

 

ただ35km/hを越えたあたりからスピードに乗っていくとすごく気持ちよく進む

 

印象を受けました。

 

 

 

漕ぎ出しやダンシングで伸びない感じがするのはホイールの重量があるからか?

 

と思い、今度は愛用のキシリウムSLSを履かせて3kmほどのヒルクライムを含めて

 

20kmほど走ってみました。

 

重量はさらに軽くなり7.1kg…!!(ペダル込み)

 

image2 image1

 

 

フレームの剛性はある感じでしたが、やはり上りでも平坦でもダンシングをするとパワーがスカスカと抜けて伸びない

 

感じを受けました。

 

むしろホイールを変えてからその傾向がさらに強くなった気もすような。。。

 

どうやらトルクで踏むよりもシャカシャカと綺麗に回す方がより進みそうでした。

 

タイムはどうかと上りのタイムを確認すると普段のタイムとあまり変わらない!?

 

回し方が分からずガシガシと上ったにも関わらず、タイムがきちんと出てるのは流石

 

イタリアの名門DE ROSAだからでしょうか。

 

下りはスムーズなハンドリングとフォークの剛性で思い通りのラインを描きながら

 

下れました。

 

山を下ったあと、直線でもがいてみることに。

 

45km/hからがなかなか伸びにくく、トップスピードが頭打ちになる感じが

 

しました。

 

また、風がちょっと強い日だったため、バイクのヒラヒラとした乗り味と

 

体重の軽さが相まって向かい風に太刀打ちしづらい感じでした。

 

 

 

続いて、軽くて加速がキビキビするよりも巡行に振った方が気持ちよく走れるかも!

 

と思い、続いてコスミックカーボンSLを履かせて30kmほど走ってみました。

image3

ホイールの重量がかさむため、立ち上がりやダンシングでの加速はちょっと鈍くなり

 

ましたが、巡行がすごく気持ちいい。

 

40km/h前後で淡々と走るような状況でもスピードに遅れることなく付いていける!

 

45km/hからもがいていくとグングンとスピードが伸びている!!

 

気持ちいい!!

 

調子に乗って回していると、徐々に脚を削られて走り終わると無事に?脚が終わりました…(笑)

 

ZONDA、キシリウムSLS、コスミックカーボンSLと性格が違う3種類のホイールを

 

合わせた中でKING XSにはコスミックが一番合っていると思いました。

 

image6

 

 

総評

 

良くも悪くもヒラヒラとした感じのバイクだなと思いました。

 

持った感じは凄く軽かったため、軽さを活かして上りなどでシャキッとした乗り味の

 

バイクかと思いましたが、実際に乗ってみると平坦でスピードに乗せて

 

淡々と走っていく方が合う感じがしました。

 

また、ギアをかけてトルクで踏んでいくようなぺダリングよりも

 

ケイデンスでシャカシャカと回すペダリングの方がよさげでした。

 

 

 

最後になりますが、KING XSはダイレクトマウントブレーキを採用したモデル。

 

私自身、ダイレクトマウントブレーキは今回が初めてでした。

 

おまけにリアはBB下にあるタイプのバイクだったため、制動力はどんな感じだろう

 

と思いましたが、下りや高速域でも違和感なく、安心して減速して止まれました。

 

普通のキャリパーブレーキと比べても、よりかっちりしている感じでした。

image4

 

 

 

 

 

 

軽快さ    ★★★☆☆
快適さ    ★★★☆☆
剛性感    ★★★★☆
ハンドリング ★★★★☆