【キャノンデール乗りのうっぷんをはらす!】ピエールやっと3位に!
by: 井手 稔

 

img_7315

 

ジロ・デ・イタリア2017第11ステージ

最初から最後まで積極的にレースに絡んだピエール・ロランがステージ3位に!

やっと、やっとキャノンデール・ドラパックをレースの先頭でみることが。

 

「勝てなかったじゃん!」と店長小西に突っ込まれたのですが、どーでもいいんですそんなこと。

どうも最近「ピエール・ロラン遅れる!」という実況ばかりだったので

キャノンデール乗りとしてはひそかにうっぷんがたまってまして。

 

バッソやニバリ、サガンがいた頃とは違うと分かっていても、

自分が乗ってるブランドのチームには頑張ってほしいじゃないですか!

いやー、最後はもうどうしようもない感じでしたが。

 

 

 

 

 

img_7309

 

img_7316

 

CANNONDALE 2017 SUPERSIX EVO CARBON 105

¥240,000-+TAX

(現金でお支払いの場合24000円分のクーポン付。その他でお支払いの場合12000円分となります。)

 

 

 ピエールはじめキャノンデール・ドラパックのメインバイクの一つ下

カーボンのグレードは落としたけど、剛性はおんなじだぜ!

その代わりちょっと重くなったけどカンベンな!

ってモデルです。

剛性の値は実は一緒らしいので、下りやコーナリング性能はHi-Modに匹敵します。

 

 

 

 

img_7310

 

 

流石にハイモジュラスとは若干反応性が違うのですが

乗り味はやっぱりSUPER SIX EVI Hi-modにかなり近いです。

 

 

 

 

img_7311

 

 

乗り比べてみるとカーボンのグレードを落とした分パリッというか

ピンッと張った緊張感のある剛性ではなく、

落ち着いた芯のある剛性の高さを感じるモデルです。

 

 

 

 

img_7312

 

 

確かにレースにフォーカスしているHi-modは切れ味の鋭さと引き換えに

ある種の余裕の無さを感じるのも事実。

重量面でのハンデがほぼない平地主体だと、Hi-ModよりノーマルなEVOの方が乗りやすく感じます。

 

 

 

img_7313

 

 

乗り出しの軽さと調子がいい時のマシノとの一体感、剛性の高さによるコーナーや下りの安定感、

高速走行になればなるほど安定感を増すsave機構とHi-Modと同じくらいに走りの楽しさが詰め込まれた1台です。

 

 

 

 

img_7314

 

 懐が深いので貧脚な私でも楽しめる絶妙の剛性感。

ロングライドもいけるし、ツーリング的な使い方もできはしますが

真価を発揮するのはスピードを求めるレース的な走り方でしょう。

ロード的な走りを求めるなら文句のない1台。ジロで盛り上がる初夏のこの時期にいかがですか?