【社員試乗会】チポッリーニの「THE ONE」に乗りそびれたので「BOND」に乗ってみる。
by: 小西 真人

 

 DSC_0105

 

 

 

 

 

 

 

組んだはいいのですが、まだ一ミリも乗れていない我が「RB800(0.8K)」。

 

 

現状店の置物に成り下がっています。

 

 

 

 

 

 DSC01123

 

 

 

 

 

 

ただ経緯はどうあれ、愛車となったことでチポッリーニは気になるブランドの

上位にランクアップ。

 

 

来年は萩原真由子選手がチポのチーム(アレ・チポッリーニ)に移籍も決定。

 

さらに注目ブランドになること間違いなし!

 

 

 

 

 

というわけで。

 

 

チポッリーニブースの担当奥平に「THE ONE(新型RB1K)」に乗せて!

 

と言ってみたところ。

 

 

 

 

 

1677

 

 

 

 

 

・・・ないだと?

 

話題の新型なのに??

 

 

 

フレームが空路でイタリアを出たのは間違いないのだけれど、

本社に届くのにはあと2~3日かかるとの話。

 

 

 

マジか!

 

ここで乗せんでどうする!!

 

 

 

と思いながらも、流石は「ハンドメイド・イン・イタリーだなぁ」と

妙に納得してみたり。

 

 

 

 

 

というわけで路線変更。

 

 

チポッリーニの中核モデル「BOND」に乗ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC01144

 

 

 

 

 

〇乗ってみての第一印象。

 

 

いい意味で普通。

 

大ボリュームのBB周りを見る限りとんでもなく剛性が高いバイクに思えますが

漕ぎ出しは重くも軽くもなく・・・特に身構えずにスルっと乗れてしまいます。

 

 

 

「THE ONE」のキービジュアルやPVでも明らかですが・・・

引退後も見事なマッチョ体形を維持してるシニョール・チポッリーニ。

 

彼の様に恵まれた体格が無くても、このモデルならイケます。

 

 

 

 

 

〇加速性能。

 

 

これもまた普通。

 

派手さはないもののジェントルにスピードを上げていきます。

 

 

 

うん、乗りやすい。

まるで自分のバイクかのような振る舞いをみせます。

 

 

「こう踏まないと進まない」「進ませ方がわからない」といったクセもなく

若干のルーズさを保ったまま、スルスルと加速していきます。

 

 

 

ただ、スプリンター「チポッリーニ」のイメージありきで乗ってしまうと

もっと暴力的な加速感があっても・・・と思わなくもないのですが。 

 

 

 

 

 

 〇乗り心地。

 

 

これもかなり良好。

 

太く、メリハリが効いたフレーム&フロントフォークの形状からすると、

もっとゴツゴツしていてもおかしくないですが、嫌な振動は感じません。

 

 

ハンドリングにも神経質なところはなく、バイク任せでチンタラ流していても

安心感・安定感は抜群です。

 

 

今回の試乗コースの最大の難関。

 

オーバーパスを超えた先、コース横断する雨に濡れた金属性の網(側溝の蓋)にも

これなら自信をもって突っ込めます。

 

 

 

 

 

 〇総合的に見て

 

 

ポジティブな見方をすれば、極めてニュートラル。

ネガティブな見方をすれば、没個性的。

 

 

現役時代の派手なジャージを着たスプリンター「スーパーマリオ」ではなく

スーツに身を包んだ今の「マリオ・チポッリーニ」といった感じでしょうか。

 

 

 

もちろん根っこの部分は一緒なのでしょうが

 

アウトプットの仕方が違うので、なんというかちょっと面食らいます。

 

 

 

それもあって「バイクに何を求めるか」によって評価が大きく上下しそうな

モデルと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

DSC01141

 

 

 

 

 

 

これはお国柄なのかそれとも伝統なのか、多くのイタリアブランドは 

 

 

「ひとつのコンセプトを元に価格でグレード分けした階層的なモデル開発」

をするのが苦手に思えます。

 

 

逆に「色々なキャラクターを用意しておいたけど、どのタイプが好き?」

と問うようなモデル展開を好んでいるような。

 

 

 

 

アメリカブランドに代表される多くのメーカーが

 

「エントリー→ミドル→アッパーミドル→ハイエンド」 

 (ヴィッツ→カローラ→カリーナ→マークⅡ→クラウン→セルシオ)

 

とバブル期のトヨタやドイツ車の様なヒエラルキー型・ステップアップ型

商品ラインナップを作りがちなのに対して

 

 

イタリアブランドはいい意味で自由と言うか、系統立てた商品開発ではなく

各モデルの個性にフォーカスを当てたピンポイント型の展開に思われます。

 

 

 

 

「BOND」には「BOND」の個性が、「RB1K」には「RB1K」の個性が

 

それぞれに与えられていて「どっちがエライ」という不毛な上下関係よりも

「どっちが好きか」という事を大切にしているように思えてなりません。

 

 

 

これはチポッリーニ自身がロードバイクを「美しい女性」と見ていることも

間違いなく影響しているでしょう!!

 

 

 

 

 

そういう意味では「チポッリーニの魅力を万人に知ってもらう」ために

敢えてニュートラルな味付けが個性して与えられたこの「BOND」。

 

 

初めてのロードバイクとして、もしくは初めてのカーボンバイクとして

まさにピッタリのセレクトです。

 

 

 

 

 

だからと言って、乗り味も「初心者向け」かと言うと案外そうでもなくて

 

「時速70㎞オーバーで下りをカッ飛んでる時の安定感は抜群!」

 

と語っていたスタッフもいたくらい、走りのポテンシャル自体は高いので

その点はご安心を。

 

 (今回のコンディションでは安定感ばかり目立ってしまいましたが。)

 

 

 

 

スーツを着ていても、ジャージを着ていて、チポはやっぱりチポなんだなぁ・・・