【積雪注意!】極寒の中で気付く冬用装備の重要性
by: 鶴﨑瑛

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは!

 

福岡天神店の鶴﨑です(`・ω・´)

 

 

 

おきなわ以来あまりにも自転車に乗ってなさすぎて

 

大胆な体重の増加に震え上がり

 

同じく最近全く乗る気のないスタッフ明石を強引に連れて

 

猫峠を攻めてきました

 

 

集合したのは16:00過ぎあたり

 

猫峠を登るのはまだしも、下る時には真っ暗間違いなしの時間帯

 

まぁなんとかなるさと出発しました

 

 

ちなみに私の服装は

 

上  夏用半袖インナー

  冬用長袖インナー(メリノウール)

  パールイズミ 15℃帯アウター

 

下 パールイズミ10℃帯タイツ

ちなみにウィンドストッパーではないただの裏起毛タイツです

これにパールイズミの5℃帯シューズカバー

グローブはシマノのインナーグローブ付きのものを使用しました

 

 

結論から言えばこの装備

 

ただのアホです

 

寒すぎます

 

 

汗をかいて体が熱くなってくるのがあまり好きではないので

 

ちょっと寒いなぁ程度の装備で走ることが多いのですが

 

DSC_0010[1]

 

雪すら軽く積もる猫峠には圧倒的敗北を喫し

 

標高が高いおかげでマイナス1℃に達した極寒の中

 

汗でしっとり濡れたグローブが容赦なく風で冷え

 

シューズの中もキンキンに冷え

 

ガタガタ震えながら、感覚が消えていく手足に命の危機を感じつつ

 

麓のコンビニに駆け込んで暖を取りました

 

DSC_0013[1]

 

さすがに下って市街地に出ると気温は5℃にまで上がっており

 

何とか無事に帰る事ができました……

 

 

 

5℃帯のシューズカバーを使っておきながら

 

足先の冷えが尋常じゃなかったので0℃帯を買おうかなぁ

 

と明石に話すと

 

明石「そもそもタイツが薄すぎじゃない?」

 

僕「いやぁ、でも太もも辺りはそんなに寒く感じないタイプなんだよね」

 

 

明石「太ももの血管冷えたら当然冷えた血液が足先いって冷えがやばいよ」

 

僕「あっ………」

 

 

とまぁ初歩的な事を見落としておりました……(´・ω・`)

 

というわけで皆さんはこの極寒の中を走るのであれば

 

必ず相応の準備をいたしましょう……

 

あったかい!!までいってしまうと

 

走行中に汗をかいて蒸れに繋がりますので

 

寒くない!くらいがいい感じ

 

 

 

これからの時期は5℃帯のウェアが大活躍する季節です

 

どうしても夏物と比べると金額的にウっときますが

 

良い物を着るとそれだけ快適に走行する事ができます

 

 

震えてコンビニで暖を取るなんて事にならない様に

 

冬ウェアの準備はしっかりと

 

 

旧モデルの特価品から、各メーカーの最新冬用ウェアまで

 

幅広くそろえております

 

勿論試着可能です!

 

 

 

ウェアの組み合わせ方など

 

気になる事、知りたいことがありましたら

 

是非スタッフまでお声かけ下さい!

 

 

ガタガタとコンビニで震えながら私と明石は

 

良いウェアとグローブを買おう

 

と決意したのでした