【バイオレーサー5000】自分の数値を知りたい!-船橋店施行例①-【モニターフィッティング】
by: 村松 太陽

BIO_TOP_BIGIMG

バイオ5000とは?

 

短時間で高精度、お手頃価格でバイクポジションを出すことができます。

今のポジションはあってるのか?バイクになれたのでもっとポジション追及したい、と一歩進めたい方にお勧めです。

 

 

バイオ5000の実施例として今回行われたモニターフィッティングを受けたいただいた方の感想などを簡単にご紹介してきます。

 

 

 

施行例①(コンペティションコース)

 

自己流でのポジションだしにたいして具体的な数値などが知りたいということで受けていただきました。

 

サドル高が高くなっていたもののサドルに対してのハンドル側の位置はおおむねバイオレーサーのデータ通り。

 

サドルを下げる方向で徐々に慣れていただきそれに合わせてハンドル側の調整をする形をお勧めさせていただきました。

 

シミュレーター上での走行ではそれなりに下がったサドル高ですが、大きな違和感ないとのことでしたのでサドル高に伴ってかわる筋肉の使い方や漕ぎ方などをアドバイスさせて頂きました。

 56分07秒_788

 

後日のご感想で

 

「当初サドルが下がって違和感あったものの慣れてきて巡行速度があがった」

 

とのお言葉をいただきました。

 

ご返答ありがとうございました。

 

 

サドル高は高くなりがちです。

 

サドル高いほうがカッコイイという私のような足が短い人間のビジュアル側面もありますが、足の筋肉の前側を使うので瞬間的なパワーを出しやすく速度が乗って楽しいです。また膝の曲がり角度が浅くなり技術的な部分を意識せずともペダルを回しやすくなります。

 

なので乗りはじめの方や乗る距離が少ない方の多くの人がサドル高が高いという状態になっています。

 

ではサドル高を低くするとどうなるかというと。。。

 

かなり長くなると思うので是非バイオレーサー5000を受けていただきご説明させてください!

 

 

バイオ5000は予約制となっていますのでご予約おまちしております。