【お得フレーム】軽くてエアロなエンデュランスバイク、太めなタイヤもOK!BH【QUARTZ】
by: 村松 太陽

 

BH-QUA1

 

【お得フレーム】軽くてエアロなエンデュランスバイク、太めなタイヤもOK!BH【QUARTZ】

 


 

BH BIKESは1世紀以上自転車に携わってきたメーカーです。

1909年にスペインで銃器メーカーとして設立、後に自転車製造へと進み今ではグループ企業として金融業や大型バイクのシートメーカー、フィットネスメーカー、特殊CNC切削機器の製造メーカーなどが傘下にあります。

日本に入ってきた当初からエアロと軽量化に優れたモデルを持ちインテグラルシートポストの先駆者でもあります。またジオメトリー(フレームの設計数値)にこだわりを持って作られていて、素材とジオメトリーを融合させた走りを堪能できます。

 

「QUARTZ」は軽くてエアロなエンデュランスバイク、上記に有るようにBHの特徴をそのまま持っているバイクでらしさが光ります。

エンデュランスバイクなので快適性と安定性を持ちながらも剛性もしっかりしており且つ軽く・エアロもあいまってホビーレースなどでも十分走れる性能をもっています。

快適性と剛性は多くメーカーが高次元でバランス取れるようになってきていますがそこにエアロをいち早く取り入れたのがBHのQUARTZ。エアロのノウハウを多く持ってるからこそ出来上がったバイクです。

 

 


 

BH-QUA2

ヘッドチューブは長めに取られアップライトなポジションがとりやすく、スペーサーを積まないのでしっかりした剛性も確保し走りの質を向上させている。

 

BH-QUA3

ヘッドチューブからトップチューブへとリブが繋がり剛性を確保。

 

BH-QUA4

ダウンチューブはエアロ形状、ワイヤー類も内装され空気抵抗を減らす。

 


 

BH-QUA5

フロントフォークはストレートフォークで快適系バイクにありがちなもっさりした挙動はなくすばやい反応を見せる。

 


 

BH-QUA6

シートチューブは27.2mmピラー対応で細めで快適性を確保。しかしBB付近では大きなボリュームを持つ。

 

BH-QUA7

シートステイは細さと反る形状で快適性に貢献しつつ微妙な形状変化でねじれ剛性が高くパワー伝達ロスを防ぐ。

チェーンステイはBB側からボリュームとボックス形状で剛性を維持しながらエンドに向い湾曲させることで過度の剛性にならないようにしている。

 


BH-QUA8

BBはいいとこ取りのBB386EVO、シェル幅も穴径もおっきい仕様です。

 

BH-QUA9

上から見るとドライブ側はチェーリングなどが付くのでスペースを確保、反ドライブ側はフレームがめいいっぱい出っ張って剛性を確保しています。

 


 

BH-QUA11

 

 

BH-QUA10

 

ホイールスペースは大きくとられ28Cタイヤまで対応しています。

 


 

BH-QUA12

 

ブラック/オレンジカラーもございます。

こちらはこのフレーム限定でちょこっとだけグレードアップされています。詳細は店頭にて!

 


 

BH-QUA13

 

■BH QUARTZ

RED:SM

BLK/ORG:SM

*BHバイクのサイズ感は他メーカーと少し違います。トップチューブ長よりはリーチであわせる必要があります。

 

販売価格:¥200,000+税    ➡ 40%OFF ¥120,000+税

 

 


 

走るエンデュランスバイクこの機会にいかがでしょうか?

エアロなアルミレースバイクならこちら

スタッフ村松もBH乗ってます(乗ります)!  

 

 あなたの戦闘力はいくつ!?気になるパワーのことを学んでみよう!パワーメータ講習会はこちら