【ホイール】全てにおいて高水準!カーボンホイールで悩んでるならコレ!CAMPAGNOLO【BORA ONE 35 CL】
by: 村松 太陽

 

 17bora 1

【ホイール】全てにおいて高水準!カーボンホイールで悩んでるならコレ!CAMPAGNOLO【BORA ONE 35 CL】 

 


 

三大コンポーネントメーカーの一つ、イタリアのカンパニョーロにおいて定番中の定番ホイールであるBORA。

長らくレース機材としてハイパフォーマンス・ハイコストであったが、コストパフォーマンスに優れたBORA ONEが発売され、さらにクリンチャータイヤの性能向上などもあってかカーボンクリンチャー仕様も設定されました。

 

BORA ONE 35CLはハブがアルミ素材、ベアリングがベアリングのみセラミックのグリス潤滑のUSB以外はBORA ULTRAと同じでコストパフォーマンスに優れています。

リムハイトは35㎜、BORAといえば50㎜ハイトだったが使い勝手の良いハイトに変更されていて、風の影響を少なくしつつロウハイトのホイールより空気抵抗に優れています。

クリンチャー仕様はパンク時などのメンテナンス性に優れ決戦用だけでなく普段使いへの壁を低くしてくれます。これによりレースだけでなくロングライドやツーリング的な走り方でも「軽く」て「転がる」BORAの良さを活かせるようになっています。

 

 


 17bora 2

 

17bora 3

 

カンパニョーロのホイールと言えば転がりの良さ、それはハブの回転のよさから来ています。

玉あたりをしっかり出してあげればONEでも気持ちよく回ります。むしろULTRAまでは不要?と思うほどで、実際多くの人にはONEで十分だと思います。

150kmオーバーの長距離ロードレースで勝ち負けを狙う方はULTRAも選択肢としてありです。

 


 17bora 4

 

ハブの回転のよさをいかせる軽量なリム。リムハイトを単に低くしだだけではない。

ブレーキ面を3Dimantテクノロジーで処理することで、カーボンホイールにありがちな波打つようなブレーキングを押さえスムーズな制動になっています。

これによりドライ・ウェット時両方においてブレーキの効きが向上し、カーボンホイールのデメリットとなっていた部分が改善されています。

 


 17bora 6

 

 クリンチャー使用で使いやすくなり一気に身近な高性能なホイールとなりました。

ワイドリムで対応タイヤは25C~となっていますので、性能向上が著しいハイエンドタイヤでレースに、ミドルグレードで耐久性を持たせてロングライドにと多くの方にオススメなホイールとなりました。

 


17bora 7

 

17bora 8 

シマノフリーボディは長らく差別化の為か重さがややあるスチールモデルでしたが軽量なアルミ製に切り替わりました。

負荷のかかるギア側のフランジはワイドになりこいだ力を無駄なく推進力へと変えます。

 


 

ホイールお悩みならコレをどうぞ!

 

 

■CAMPAGNOLO BORA ONE 35 CL

重量:1405g

リムハイト:35mm

 

価格:¥262,000+税  ⇒ ¥222,700+税


 

 ホイール試乗会やります!詳細はこちら