【ツーリング】絶景!しまなみ海道を走ってきました!~DAY④~
by: 渡邉考一

 

P1060067

 

 

【ツーリング】
 絶景!しまなみ海道を走ってきました!~DAY④~

 


 

 

前回記事よりの続きです。

 

 しまなみ海道の旅もいよいよ今日が最終日。

 

1日目に続いて、残りの半分を走ります。

 

P1040983

 

福山駅近くの宿をチェックアウトしてバス乗り場へ。

バスを使ってしまなみ海道を一気に抜け、愛媛県のJR今治駅まで行きます。

 

駅前でBromptonを組み立て、早速走りはじめます。


 

 

P1040986

 

P1040996

 

P1040994

 

まずは来島海峡大橋を通って大島を目指します。

 

来島海峡大橋は、来島海峡第一大橋、来島海峡第二大橋、来島海峡第三大橋からなる、世界初の3連吊り橋だそうです。全長はなんと4105m!

 

天気も良く眺めも最高!


 

 

P1040999

 

P1060001

 

大島に着き、海を眺めながらしばし休憩。島を繋ぐ来島海峡大橋の姿がとても美しいです。


 

 

 

P1060006

 

所々で写真を撮ったりしながら伯方島を目指します。どこを撮っても絵になる景色ばかりです。


 

 

 

P1060007

 

P1060013

 

 

「伯方・大島大橋」で伯方島へと渡ります。


 

 

P1060024

 

広島県と愛媛県では一般道でのタンデム自転車の走行が認められているため、しまなみ海道ではタンデム自転車での走行が可能です(ちなみに千葉県では3輪のもののみ走行可能)。

タンデム車のレンタルをしてくれる所もあるので、カップルや夫婦、親子で挑戦してみるのも面白いのではないでしょうか。


 

 

 P1060028

 

P1060025

 

「今治市伊東豊雄建築ミュージアム」にもあったサイクルスタンド「MR. OMISHIMA」の仲間が伯方島にも!

 

ちなみに彼は「MR.HAKATAJIMA」です。「MR. OMISHIMA」とはポーズも自転車のかけ方も違いますね。芸が細かい!


 

 

 

P1060043

 

伯方島と大三島を繋ぐ「大三島橋」を眺めながらしばし休憩。

 

しまなみ海道にはきめ細かくサイクルスタンドや休憩所、トイレなどが配置されており、本当にサイクリストフレンドリーです。


 

 

 

大三島は昨日しっかりと観光してまわったのでそのままやり過ごし、いよいよ今回のサイクリングのゴール地点、再びの「生口島」へと向かいます!

 

P1060057

 

 

大三島と生口島を結ぶ「多々羅大橋」です。斜張橋といわれるタイプのとても優美な橋で、主塔の高さはしまなみ海道一です!


 

 

 

P1060060

 

P1060066

 

 多々羅大橋の主塔の下にはこんなものが。

 

看板の横に備え付けてある拍子木を打つと、主塔の柱の間を何度も音が反響して「鳴き龍」現象が起こります。

 

「鳴き龍」は京都の相国寺の法堂などが有名で、原理も同じものの様です。

 

かなり大きな音が響くので、面白くて思わず何度も拍子木を打ってしまいました!


 

 

 

P1060067

 

 多々羅大橋の途中に広島県と愛媛県の県境があります。

写真手前側が広島県尾道市、奥が愛媛県今治市です。


 

 

 

P1060074

 

P1060075

 

 多々羅大橋を渡り切り、1日目のゴール地点だった生口島へ無事到着!

 

これでしまなみ海道走破です!

 

後はバスで一気にJR福山駅へ!


 

 

 

P1060087

 

P1060088

 

 

 福山駅に到着した後は、駅弁を買い込んで新幹線で東京まで戻るだけです!


 

 

 

今回、念願のしまなみ海道を走ることが出来ましたが、評判にたがわず本当に素晴らしいところでした!

 

美しい景観はもちろん、サイクリストが快適に走れるような気配りが随所にみられます。

 

シクロツーリズムの聖地という言葉が相応しい、世界に誇れる場所だと実感しました。

 

 皆様も機会があればぜひこの素晴らしいしまなみ海道を走ってみて下さい。

文句なくオススメですよ!

 

 

 

 

しまなみ海道ツーリングに関してご質問等ございましたら、分かる範囲で出来る限りお答えしますので、店舗までお気軽にどうぞ。

 

 

4回に渡る長い記事になってしまいましたが、お読みいただき有難うございました!