【2018年モデル】MERIDAの誇るエアロロードがリニューアルしてさらに速く!
by: 渡邉考一

18reacto 4000 top1

 

【2018年モデル】

MERIDAの誇るエアロロードがリニューアルしてさらに速く!

【REACTO 4000】

 


エアロロードの中でも非常にコストパフォーマンスに優れた機体として高い人気を誇る【REACTO】。

 

2018年モデルはフレームのリニューアルにより従来比で【5%の空気抵抗削減】と、カーボンレイアップの最適化による【軽量化】を果たしました。

 

ロードバイクを語る上で、空力性能は今や避けて通ることはできない要素となっています。

エアロロードカテゴリー以外のモデルでも、大抵はフレーム形状などにエアロ要素を取り入れているほどです。

 

当然エアロロードは各メーカーが最先端の空力性能を競い合う主戦場といえます。

もちろん空力だけでなくその他の要素をいかにうまくバランスさせるかが、各メーカーの腕の見せ所となっています。

 

MERIDAの「REACTO」は先端のエアロ性能を備えながらも、お値段は抑えめで、非常にコストパフォーマンスの非常に高いシリーズです。

 

中でも今回ご紹介する【REACTO 4000】はカーボンフレームに、SHIMANO 105をメインとしたパーツを組み合わせた、まさにベストバランスいえる構成のエアロロードです。

 

空力性能の高さはプロチームの「BAHRAIN MERIDA」が実証済みといえるでしょう!

 

ハイコストパフォーマンスなエアロロードをお探しの方はぜひ!


 

18reacto 4000 7

 

18reacto 4000 5

 

 

ダウンチューブ、シートチューブ、シートステーは「NACA FASTBACK  PROFILE」に基づき、後端部がカットされた特徴的な形状をしています。これにより低い空気抵抗と高い剛性を両立しています。

 

メインフレームへのワイヤー類の入り口もトップチューブからダウンチューブへ移動しています。


 

18reacto 4000 6

 

18reacto 4000 13

 

 

どんなに空力性能が優れていても乗り心地が悪ければ総合的なパフォーマンスは落ちてしまいます。

REACTOではシートステーとチェーンステーの形状を扁平化する「FLEX STAY」マイクロサスペンションテクノロジーにより路面からの衝撃を吸収し、快適性を確保しています。

 

リアステーのフレックス性を活かすためリアブレーキは剛性の高いBB付近に配しており、同時に空気抵抗も軽減しています。


  18reacto 4000 9

 

 

快適性の追求は「FLEX STAY」だけにとどまりません。

シートポストに衝撃を吸収するエラストマーを内蔵させる「S-FLEX」テクノロジーで空力性能を保ったままサドルへの衝撃を緩和します。

 

シートクランプ部はトップチューブと一体化するように作り込まれ、トップチューブエンドの乱流発生を抑えています。こんなところにもREACTOの空気抵抗への徹底し配慮が感じられます。

 

ライダーが最適な乗車姿勢をとるためのセッティング面にもぬかりはありません。

サドルクランプ部の「FLIP FLOP HEAD」機構によりサドルの角度をきめ細かく調整できるので、心ゆくまでポジションを追及できます


 

 

 

18reacto 4000 6

 

コンポーネントにはSHIMANO 105をメインとして、FSAやMERIDAオリジナルパーツをバランス良く採用。

 


 

18reacto 4000 15

 COLOR:DARK BLUE(チームレプリカ) サイズ:47

 

18reacto 4000 1

COLOR:MET.BLACK(SILVER/BLUE) サイズ:52

 

 

■2018 MERIDA / REACTO 4000

 

販売価格:¥249,000+TAX

※Ys CLUBメンバーの場合

(現金支払い時:ポイント8%¥19,920/ クレジット支払い時:ポイント3%¥7,470)