【2018年モデル】アルミ最高峰の血統を受け継ぐハイパフォーマンスエントリー!!「CAAD OPTIMO」
by: 宮野 英樹

18optimo tia top

 

 【2018年モデル】

アルミ最高峰の血統を受け継ぐハイパフォーマンスエントリー!!

「CAAD OPTIMO」

 


 

アルミバイクにおける先駆者にして最高峰【CAAD】の名を冠したバイク「CAAD OPTIMO」。

 

キャノンデールを代表するレーシングモデル「SUPERSIX」の設計と、アルミ最高峰と謳われる「CAAD12」のテクノロジーをバランスよく取り入れることで入門機種の粋を抜け出した個性を兼ね備えています。

 

入門機種から乗り始めたのはいいけれど、慣れてくるにつれ「ポジション」や「乗り心地」に対しての物足らなさを感じがちですが、OPTIMOは上記に挙げた通りそれらの点を上手くカバーすることで腰を据えて長く付き合えるバイクに仕上がっています。

 

更にOPTIMOはフレームサイズごとに乗り手の体格を想定した「ハンドル幅」や「ステム長」を採用しており、乗車姿勢へのストレスを極力感じさせないよう細かな配慮がなされています。

 

そしてキャノンデールを語るうえで絶対欠かせない【SAVEシステム】も当然のことながら備わっており、もはやエントリーモデルというには贅沢な仕様!

 

同クラス帯の中でも一際個性が際立ったバイクといえるでしょう。

 

只今船橋店では【OPTIMO】各モデルを豊富に取り揃えています!!


 

18optimo tia1

 

 

テーパードヘッドとなり上下異径のベアリングを採用することで、ステアリング剛性が増してコーナリング性能も向上しています。


 

18optimo tia8

 

18optimo tia5

 

 

シートステー/チェーンステーを適正に扁平加工することで路面からの衝撃を減衰し、ペダリング時のパワーロスを抑える役割を果たす【SAVE】システム。

 

歴代【SAVEステー】において肉厚ながら最もシェイプされた形状を採用し、コストパフォーマンスを意識しつつCAAD12に近いフレーム剛性・快適性のバランスを実現しています。


 

18optimo tia7

 

18optimo tia2

 

 

弓なりに若干湾曲したシートチューブ形状が特徴的で、前後にしなる事でサスペンションの機能を果たし路面からの衝撃を緩和します。

 

【SAVE】ステーと同様に、リア三角全体を上手く使い走行時の微振動を緩和する工夫がここにも取り入れられています。


 

18optimo tia3

 

 

バイクを構成するコンポーネントは全てSHIMANOを採用することで最大限のパフォーマンスを発揮でき、性能面と価格のバランスを考慮して「TIAGRA」「SORA」から選択が可能となっています。

 

クランクやブレーキキャリパーなど他社製が混同するブランドもある中で、本来のパーツ性能を最大限引き出せるバランスの美しさにもこだわっています。


 

■2018 CAAD OPTIMO / TIAGRA

 

18optimo tia6

カラー:REP

 

 

サイズ展開:44/48/51/54/56/58

販売価格:¥125,000+TAX

※Ys CLUBメンバーの場合

(現金支払い時:ポイント8%¥10,000 / クレジット支払い時:ポイント3%¥3,750)


 

■2018 CAAD OPTIMO / SORA

 

18optimo sora3

カラー:CBT

 

18optimo sora

カラー:BLK

 

 

サイズ展開:44/48/51/54/56/58

販売価格:¥105,000+TAX 

※Ys CLUBメンバーの場合

(現金支払い時:ポイント8%¥8,400 / クレジット支払い時:ポイント3%¥3,150)

 


 

 

■2018 CAAD OPTIMO / CLARIS

※カタログ外モデル/弊社特別仕様

 

18optimo claris

カラー:AGR

 

サイズ展開:44/48/51/54/56/58

販売価格:¥89,000+TAX 

※Ys CLUBメンバーの場合

(現金支払い時:ポイント8%¥7,120 / クレジット支払い時:ポイント3%¥2,670)

 


 

 

購入特典アリ!!只今CANNONDALEキャンペーン実施中

 

cann_suunto_ポスターまとめ_ver2_2_Jpeg