【2018年モデル】BIANCHIが自信を持って送り出した「とても特別」なフレーム【SPECIALISSIMA】
by: 村松 太陽

18specialissima top

 

【2018年モデル】

BIANCHIが自信を持って送り出した「とても特別」なフレーム

【SPECIALISSIMA】

 


 

チェレステカラーはイタリアの空の色!ここ数年イタリアの空は明るいのでしょうか!?

鮮やかなマットチェレステカラーをまとった軽量フレーム【SPECIALLISIMA】。

 

イタリアの老舗中の老舗ビアンキが「特別中の特別」という名前を与えた1台です。

 

フレーム重量780gという軽さで、登りでの圧倒的なアドバンテージを誇るのはもちろん、特許技術COUNTERVAIL(カウンターヴェイル。以下CV)で下りの安定性も抜群です。

 

CVはビアンキオリジナルの特許素材で、カーボンの積層内に埋め込むことによって 剛性を高めつつ、最大80%もの振動を除去することできます。振動除去と同時に路面への追従性も高め、より高いレベルのバイクコントロールを可能にします。

  

またスレンダーなスタイルは最近主流のボリューミーなバイクが苦手で細身なバイクが好みの方にもオススメです。

 

もちろん、細身だからといって剛性はしっかりと確保されており、平地でのダッシュなどにも素早く反応してくれる、登り系オールラウンダーといえるでしょう。

 

軽量で高い登攀能力を持ちつつ、CV技術でパワー伝達や下りでのコントロール性にも優れた、ビアンキの渾身作、あなたの新たな愛車にいかがですか?


 

18specialissima2

 

18specialissima7

 

上下異径ヘッドベアリング採用で剛性を確保しつつも、ボリューム過多になることのない、軽量化・空力を考慮したデザインです。

 

トップチューブとダウンチューブに繋がるエッジのラインも、細身のスタイルの中で剛性を確保するための形状です。


 

18specialissima3

 

細身のフロントフォークは、無駄を排除し軽量性を追求した仕様。機敏なハンドリング性能を得られるストレート形状を採用。

CV(カウンターヴェイル)搭載で快適性もしっかり確保されています。


 

18specialissima5

 

シートステイには、ビアンキがハイエンドモデルにのきなみ搭載している振動吸収技術「COUNTERVAIL」のロゴが。

 

CVが搭載されたリア三角、シートステイは扁平加工され振動吸収を確保、エンド付近は捩れ剛性の為か、丸と四角の中間くらいの形状です。

 

チェーンステイはBB側をボックス形状として剛性を高めながら、エンド側は扁平加工で快適性を向上させる複雑な作りをスマートに実現。全体の見た目を損なわず上手く必要性能を確保しています。


 

18specialissima6

 

18specialissima8

 

トップチューブ・ダウンチューブともエッジを効かせて剛性と軽量化を両立しつつ、トップチューブはやや扁平にすることで快適性を向上させています。 

 

ダウンチューブは逆にエッジを効かせた多角形のままBBまで接続していて、上部・快適性、下部・剛性という、現在では定番となった設計を採用しています。


 

 

18specialissima4

 

BBはBB86規格を 採用、その周りはさすがのボリュームでプロの脚力にも対応できる剛性があります。プロ選手はより剛性感のある「OLTRE XR4」を好む傾向ですが、逆にホビーであればこちらがベストかもしれません。


 

■2018 BIANCHI / SPECIALISSIMA

 

 

18specialissima1

カラー:1H/ 入荷サイズ:53

 

販売価格:¥500,000+TAX

※Ys CLUBメンバーの場合

(現金支払い時:ポイント15%¥75,000 / クレジット支払い時:ポイント12%¥60,000)


 

funabashi road

 

road custom1

 

船橋店ではお客様のご要望に合わせてフレームから組み上げ致します

 

お気軽にスタッフまでお問合せ下さい!!