【BROMPTON】 サドル高、もう少しだけ出てよ!という方の強い味方です。
by: 中橋 知之

 5

【BROMPTON】

サドル高、もう少しだけ出てよ!という方の強い味方です。


 

スポーツバイクに乗るにあたって大事な要素となってくるのが『サドル高』です。

 

適正なサドルの高さとは、サドルに座ったままの状態でペダルを踏んで真下に来た時に足が伸びる状態を言います。

 

適正なサドル高を得られないと快適なペダリングは出来ません。 ロングライドであったり、ここぞという時の踏み込みであったり。

 

ロードバイク、クロスバイクに関してはフレームサイズがあるのでご自身にあったフレームサイズを選べば高身長の方でもしっかりと適正なサドル高を出すことができます。

 

ではフレームサイズの無い【ブロンプトン】はどうでしょうか。 

 

まずは私の体格、バイオで出たサドル高数値、私のブロンプトンの実際のサドル高などをご紹介させていただきます。


 

■身長:1746㎜ 股下:820㎜ サドル高数値:710㎜ 実車サドル高:710㎜

 

という結果が出ました。 ちなみに実車のサドル高はピラーをMAXで出した高さになります。

 

実際はもう少しだけ高くしたいな~という感じではありますが・・・。

 

ということは、私よりも身長が高い方、もしくは股下が長い方は適正なサドル高が出せない!ということになります。

 

しかしご安心ください! 英国生まれのブロンプトン、大きい方でもちゃんと乗れるようになります!

 

その秘密はこれ!

 2

 

【エクステンドシートピラー】

 

通常のシートピラーより60㎜長い設計となっており、MAXで770㎜のサドル高数値を出すことが可能となります。

 

ちなみに770㎜のサドル高を擁する方の股下は880㎜ほど、身長は1900㎜くらいの方まで大丈夫ということになります!

 

 通常の車体とエクステンドシートピラーに変えた車体を比べると一目瞭然!

 3

 

今まで適正なサドル高を出せなく悩まれていた方は是非お試し下さい!


 1

 

■BROMPTON/ エクステンドシートピラー  

¥4,500


 

 

◆只今ブロンプトンキャンペーンも実施中!!◆

 

BROMPTON_キャンペーン_02

 


 

◆ワイズロード船橋店はブロンプトン/プレミアムストアです!◆

 

bro premium

 

funabashi bro space

 


 

「小径車ってそんなに走るの?車輪小さいのに・・」そんなの信じられない貴方!!

 

是非ともご家族やご友人を誘って、手ぶらで「ぶらり自転車散歩」にご参加下さい。

 

新_サンデーライド[1]