【社内試乗会】 普段ほとんどロードに乗らない自分がこれに乗ったら気持ち良すぎて欲しくなった1台! TREK『EMONDA SLR6』
by: 中橋 知之

 

7

 

【社内試乗会】

普段ほとんどロードに乗らない自分がこれに乗ったら気持ち良すぎて欲しくなった1台! 

TREK『EMONDA SLR6』


 

 

10月18日に埼玉県彩湖で開催された毎年この時期の恒例行事『ワイズロード社内試乗会』に2年振りに参加してまいりました。

 

ワイズロードで取り扱いのある各メーカー様にご協力いただき、総勢83ブランド、19年モデル試乗車500台以上をワイズロードスタッフのためにご用意いただきました。

 

毎年のことではありますが何度見てもあの光景は圧巻で改めてワイズロードの社員で良かったなと思うと同時に各メーカー様には感謝いっぱいの気持ちでございます。

 

自分が楽しむこともそうですが、この貴重な経験を皆様にもお伝えさせていただき、自転車選びの参考にしていただければと思います。


 

 

まずは普段の店舗ブログでは小径車を中心にたまにロードやクロスなどの紹介ブログを書いていますが、実は私普段は滅多にロード、クロスバイクに乗ることはないんです・・・。

 

もちろんロードもクロスも所有はしておりますが、ここ数年はもっぱら小径車。

 

通勤、サンデーライド、遠征などなど全てをブロンプトン若しくはBD-1ばかり。

自分の自転車スタイルなどを考えると小径車が一番ピッタシくるわけなんです。

 

ですがこんな機会もめったにないのでここぞとばかりにロードにチャレンジ! 今年に入って2回目のロードです。

 

私がこだわるポイントはひとつ! 乗っていて気持ち良いかそうじゃないか。 気持ち良いて何?

 

レースで勝ちたい(そもそもレースには出ない) 、早く走りたい(そんな脚は無い)、長い距離を走りたい(そんな体力も時間も無い)という願望は当の昔に忘れ去りました・・・。

 

そもそもそういう願望から違う目的で乗っているから小径車ばかりになってきているのでしょう。

 

フレームにはよく『硬さ』と言われる表現が使われます。 フレーム剛性ともいうべきでしょうか。

 

各ブランドのTOPモデルはプロの選手達のように脚力がある方に好まれるいわゆる『硬い』フレーム。

 

逆にロングライドモデルなどと言われる物は『柔らかい』フレーム。

 

ただ柔らかすぎると力が逃げて進みにくくなったりします。  その中間で自分のペダリングの力に合う、もちろん振動吸収や空気抵抗、軽さなども重要な要素になってきます。

 

今回私が試乗した中の1台はまさに『乗っていて気持ち良い!』という表現がピッタリな車体。

 

それはTREK『EMONDA SLR6』でした。


 

『エアロ』『軽量』『快適性』の3つのタイプに分かれるTREKのロードバイク。

 

その中で『軽量』に特化したモデルが『EMONDAシリーズ』です。 

 

その中でも最高グレードであるOCLVカーボン700を使用しフレーム重量がわずか640gというとてつもない軽さを誇るのが『EMONDA SLRシリーズ』です。

 

この車体、単に軽いだけではなく乗り心地も抜群。 フレームが軽量な分だけ剛性が高くなり硬くなりがちですが、ペダリングもその時その時の力がしっかり伝わってしっかり進むという印象。

 

もちろんレースでも十分に勝てる機材ではあると思いますが、まったりライドを趣としている方でも十二分に恩恵に与れる車体だと思われます。

 

私自身も自転車で走るということ自体は好きなのでそれが今は小径車がメインで活躍していますが、久々にロードに乗って長い距離をのんびりと走りたいという気分にさせてくれた1台でした。


 

 

■DETAIL

 

9

 

 

10

 

 

8

 

 

12

 

 

11

 


 

 

6

 

TREK EMONDA SLR6

¥547,000+TAX

(現在船橋店では店頭在庫はございませんが、ご注文は承りますのでお気軽にお申し付けください。)


 

 

2018_9月ポスター_A1

 

各ブランド2019年最新モデル、続々入荷中!

各ブランドカタログもご用意しております!

 


 

作業予約制_チラシ

 

ワイズロード船橋店では
修理、点検等Y’s Techの作業は予約制とさせていただいております。
  
大変お手数ですが、事前にお電話でご来店日時をご指定いただいた上で、
お持ち込みいただきますようお願いいたします。
 
 
◆一般車の修理は承っておりません。
 
◆当店にて取り扱いのないメーカー車体に関しましては、
 作業をお断りさせていただく場合が御座います。