【スタッフバイク】来期実業団レースのための機材は揃えた。あとは…「TREK MADONE SLR9 PJ1」
by: 下山田航太

 

加工済 2 

 

 【スタッフバイク】「TREK MADONE SLR9 PJ1」


トレックバイシクルコーポレーションは世界最大規模の自転車の製造・販売メーカーであり、ゲーリー・フィッシャーやボントレガーなどを傘下に持つ自転車乗りなら誰しもがそのメーカーの名を聞いたことのあるブランドの一つです。

トレックの誇る3タイプのロードバイクは『軽量』のEMONDA。 『エアロ』のMADONE。 『快適性』のDOMANE。どれもがその高みを極めたTREKの技術が詰まったモデルになっています。

 

その中で私は今回、エアロに特化した『MADONE』をチョイス。『平地の高速巡行と山もこなせるオールラウンドバイク』をコンセプトに2019年モデルよりリムブレーキモデルに加えディスクブレーキ仕様のラインナップが追加されましたが、敢えてリムブレーキを選択しました。

 

来季から実業団の一員として走るためにも底知れない持久力と反応性が必要不可欠なのでタイトルの通り後は『努力』が必要です。

 

ではバイク紹介を、


 

加工済 

 

まずフロントブレーキ。お気付きの方もいると思いますが、MADONEの代名詞であったベクターウィング (通称パカパカ)が無くなり新たにフロントフォーク後方に配置されたことで更なる空気抵抗削減に成功。

 


 

 加工済 8

 

ハンドル周りも従来のステム一体型ハンドルからハンドルとステムそれぞれが独立した仕様に変更されたことで従来の一体型ハンドルバーと比べハンドル幅やステム長の選択肢が増え、さらにハンドルバーを前後に5度傾けることもでき細かなポジション調整も可能に!(今後MADONE9と同様に汎用ステムへのコンバーターも考えているとか…

 


 

加工済 改める

 

プロジェクトワンモデルではトップチューブ横に自分の名前や座右の銘などを入れることが可能。

世界に一台しかないというレア感があり今までの車体以上に愛着がわきそうです。

 

私がチョイスしたのは『Thank for everything』。下山田和訳だと『全ての事に感謝』。今までもこれからも誰かの支えがあって走れているというのを走っているときにもチラッと見れたらと思い、選びました。

 


 

加工済 6

 

調整式となった新型ISOスピード。

従来型とは異なりトップチューブ下のスライダーで調整が可能となり、シャキッとした走りはもちろん路面の振動を大幅にカットしてライダーの疲れを最小限に抑えることも出来ます。

 

フレームサイズによって振動吸収量が異なっていた従来のデメリットを解消する為シートマストの長さをほぼ共通にしたため、小さいサイズでもISOスピードの恩恵は得られるように!

 


 

 加工済 5

 

ホイールにはBONTRAGER AEOLUS XXX4をチョイス。

リム高は47mmと、平地の巡航から登りでも活躍する万能ホイールです。

 

タイヤはBONTRAGER R4を装着。転がり抵抗の少なさと対パンク性を両立し、高いパフォーマンスが売りのモデルです。

 


 

加工済 改

 

コンポーネントはSHIMANO R9150を搭載。

 

レバーの小型化や各パーツのエアロ化などSHIMANOの長年培ってきた経験が詰まった最高位グレード。

 

それと、見えますか?クランクの中心についてる物体。

話題のSHIMANOが出したパワーメーター一体型クランクを奮発してチョイスしてみました。

左右独立センサーによるパワー出力値と各種関連データが測定可能となる他、センサー自体が薄型なため他社製品と違いフレームに干渉する等のトラブルが少ないのも利点の一つです。

 


 

加工済 16

 

サドルはBONTRAGER XXX Carbon Road Saddleをアッセンブル。

 

TREKの誇るOCLVカーボンを使用し座面やレールなど構成される部分の全てに採用し、重量68gと通常のサドルよりも圧倒的に軽量に仕上がった一品です。

 

ただ軽いだけではなく、人間工学からライダーの動きを分析し、ハイパフォーマンスを出せるよう最適化された座面を採用し快適性も優れているというのもポイントの一つ。

 


 

加工済 1

 

長くなりましたが、冒頭でもお話したとおり努力を怠らず頑張っていきたいと思います。

 

当店にはTREKの最新モデルからアウトレットまで数多く在庫しております。

勿論、私が今回オーダーした『 Project One』も受付中ですよ。