【身近な自転車生活・番外編③】 今年も参戦! ブロンプトンオーナーの祭典『BWCレポート』
by: 中橋 知之

 

5

 

【身近な自転車生活・番外編③】

今年も参戦! ブロンプトンオーナーの祭典『BWCレポート』


 

 

スポーツバイクと過す日常の中で今まで気付かなかったこと、個人的にオススメの場所・食べ物などをご紹介する私、中橋の【身近な自転車生活】。今回は番外編!

 

船橋店でも一押しブロンド【ブロンプトン】。 そのブロンプトンオーナーのみによる、ブロンプトンだけのレース大会、BWC(BROMPTON WORLD CHAMPIONSHIP)の日本大会に昨年に続き、今年も参戦してまいりました!

 

以前に参加表明ブログを書き、そこでは『去年の自分を超える戦い』と誓いましたが果たして結果は・・・!?


 

 

昨日3/24に袖ケ浦フォレストレースウェイにて開催された『BWC~ブロンプトン・ワールド・チャンピオンシップ』。

 

今年は記念すべき10回記念大会となり過去最高の参加人数となったみたいで大変盛り上がっておりました!

 

私自身は昨年に続き2回目の参戦となりましたが、去年はレース初参戦の中ペースもわからずがむしゃらに走って途中で息切れ、結果もまぁまぁと言う感じでしたので、今年はロンドンは無理でも去年を超えるを目標に参加しました。

 

前日までの悪天候から一変、天気にも恵まれましたが、昨年と比べ風が強く気温も低くなりました。

 

道路の渋滞などもあり会場到着が12時ちょっと前とそこに行くだけでも少し疲労。

 

一緒に行った子供たちはさっそく輪投げなどのアクティビティーに参加。 私は車からリラックスエリアまで荷物運びの往復。

 

開会式参加後お昼を食べたり、コース試走などをしてリラックスします。

 

2

 

 

3

 

今年は記念すべき10回目大会ということでブロンプトンイギリスのCEO『ウィルCEO』も来日。 背が高くお茶目な一面もあるイケメン社長でした。

 

大会自体は午前中にチーム・個人の2時間エンデューロがあり、今までであればその後に開会式、1時間半ほどしてBWCレースでしたが、今年からはBWCレースの方に『エンジョイ部門』が加わったので意外と忙しなく進みます。

 

船橋店のお客様がエンジョイ部門に出られてたのでピット脇で皆で応援します。

 

6

 

 

7

 

 

8

 

エンジョイ部門は4周回で順位はつけません。 皆で楽しく走りたい方やサーキットコースを走ってみたい方が走る部門でしたが、いざ走り出すと徐々にスピードが上がっていき、早いこと。

 

でも皆さんいい笑顔で走っています。

 

そーこーしているうちにチャンピオンレースの開始が近づいてきます。

 

9

 

ファンキーな外国人の方がいらっしゃいました。 快く写真を撮らせていただいたので。

(このお方、ジャケットの下には阪神タイガースのユニフォームを仕込んでいた根っからの虎党みたいでした。)

 

コース内に入りスタートの準備をしていると目の前にウィルCEOが!

 

10

 

こちらもお茶目なイギリス紳士。 ブロンプトンがメチャクチャ似合っていました。

そして開閉がメチャクチャ早い!

 

11

 

昨年も感じましたが、様々なブロンプトンがありこれだけ揃うと壮観の一言。

 

スタート前はやはり緊張するもの。 今年は子供たちの檄だけでなくお客様方の熱烈な応援もあるので無様な格好は見せられない!

 

スタートの合図とともにブロンプトンを組みたて走り出します。 まずスタートしてすぐさま登りがきます。

 

昨年はここでダンシングで一気に登り切ったせいで一気に体力消耗してしまったのでペースを保ちます。

 

ここで遅れてもすぐさま長い下りに入るので、下りは体重が重い分有利と考えました。

 

しかし、知らず知らずにオーバーペースになっていたようで3周目は少し苦しい。

 

3周目も終わるころ、後ろから物凄い気配が・・・なんと先頭が迫ってきます。

 

あっという間に追い抜かれて周回遅れ・・・。 それでも昨年よりは抜かれた位置は大分進んでいました。

 

4周目を終え、時計を見ると21分。 スタート地点を過ぎた時は既に1分経過していたので実際は20分ちょい。

 

4周目後半を少し抑え、体力も少し戻ったので、これなら去年の記録を大幅に更新できるのでは!と淡い期待を抱いて登りをダンシングで登ろうとした瞬間に右ふくらはぎをつってしまいました・・・。

 

何とか伸ばしながら登ろうと頑張りましたが、回復せず一度降りてしっかりと伸ばします。

 

回復したかなと思って乗ってみるとやっぱりダメ・・・。 正直リタイヤがちらつきましたが、ここまで来てそれはない!と、どーにかしてペダルを回して乗り出します。

 

なんとかゴールに駆け込んだものの結果は29分。昨年よりも若干タイムを落としてしまいました・・・。

 

それでも完走したことと来年に向けて課題克服も見つかったので達成感でいっぱいでした。

 

それよりも嬉しかったのは今年は船橋店のお客様が沢山いらっしゃっていたこと!

 

サンデーライドのお客様や、私自身で接客・整備させていただいたお客様。 皆様から『店長~!』とお声をかけて頂き、『凄い楽しかった』『また来年も出たい』『仲間に勧めたい』などのお言葉を頂いたことが、プレミアムディーラーの店長・担当をやっていて本当に良かったと思える瞬間でした。

 

残念ながらバスの時間などの関係で写真が撮れなかったですが、また思い出話でもしにお店に寄ってください。

 

12

 

ウィルCEOと記念に1枚撮って頂きました。

 

13

 

昨年同様、帰りは大渋滞でしたが、またキレイな夕焼けが見えたので来年も見れたらと思います。