【GIZA】このブレーキシューがもしかしたら救世主になるかも?
by: 新里駿

 

1

 

 

【GIZA PRODUCTS】「OFFSET BRAKE SHOE」

 


 

突然ですが皆さんはキャリパーブレーキ、2種類あるのをご存知ですか?

 

多くのキャリパーブレーキ、例えばSHIMANOがリリースするDURA-ACEなど各グレード名を冠した同製品は基本的に「ショートアーチ」と呼ばれるタイプであるのですが、実はそれ以外に(厳密にいうともう少し種類があるようですが)「ロングアーチ」と呼ばれるタイプが存在しています。

 

相違点はそのアーム部の長さにあり、アーム部の長いロングアーチタイプはアーム部が短いショートアーチタイプではシュー位置が届かない場合、とりわけタイヤ径の小さい小径車などで多く使用されています。

 

一般的でないということはそれだけカスタム時に選べる製品も少ないわけで、「いざカスタムしようとしたらロングアーチだった」的なことになってしまうと製品選びに苦労するわけです。

 

でもお気に入りの愛車、折角だからブレーキも含めて同グレードで統一したいじゃないですか。

 

というわけで今回はパーツブランド「GIZA PRODUCTS」より、多く普及しているショートアーチキャリパーブレーキをロングアーチ化するアイデア商品「OFFSET BRAKE SHOE」をご紹介いたします。

 

2

 

本製品(写真左)とSHIMANO社の「R50T4」(写真右)。

 

ややわかりづらいかもしれませんが本製品ではブレーキシュー位置を下側へ約10mm程延長することで、ショートアーチモデルをロングアーチ化する仕様となっています。

 

4

 

ロングアーチを採用するDAHON「VISC EVO」にSHIMANO社のTIAGRAグレード「BR-4700」を装着してみると、写真の通りブレーキシューを目一杯下げても本来の位置にまで下がりません。

 

3

 

ブレーキシューを本製品に交換することで、適正な位置までシューを下げることができました。

 

5

 

因みにVISC EVOに標準で搭載されているPROMAX「RC482」(写真左)とSHIMANO「BR-4700」(写真右)の比較。

 

RC482はBR-4700比でアームが長い(=ロングアーチ)ということがお分かりいただけると思います。

 

6

 

尚本製品はカートリッジシュータイプとなっており、メーカーに確認した所SHIMANO社製品と互換性があるとのこと。

 

将来的なアフターケアにも心配無しですね。

 


 

■GIZA/OFFSET BRAKE SHOE

 

 

8

 

 

カラー:BLACK

 

販売価格:¥2,600+TAX

 


 

2018_9月ポスター_A1

 

 

人気メーカーの2019年最新モデル続々入荷中です!

 


 

作業予約制_チラシ

 

 

ワイズロード船橋店では
修理、点検等Y’s Techの作業は予約制とさせていただいております。
  
大変お手数ですが、事前にお電話でご来店日時をご指定いただいた上で、
お持ち込みいただきますようお願いいたします。
 
 
◆一般車の修理は承っておりません。
 
◆当店にて取り扱いのないメーカー車体に関しましては、
 作業をお断りさせていただく場合が御座います。
 

  

shop top1

 

shop5

 

 

■店舗面積250坪/県下最大級規模の売り場に完成車400台以上展示!!■

 

駐車場完備/ビビットスクエア3Fにてお待ちしております

 


  

bnr_ausonpo_740_100

 

 

funabashi_sokuno_03[1]