【2020年モデル入荷情報】スタッフ下山田も購入検討中!?新型DOMANEの3つの特徴【DOMANE SLシリーズ】
by: 下山田航太

 

1

 

【2020年モデル入荷情報】【DOMANE SLシリーズ】


 

トレックバイシクルコーポレーションは世界最大規模の自転車の製造・販売メーカーであり、ゲーリー・フィッシャーやボントレガーなどを傘下に持つ自転車乗りなら誰しもがそのメーカーの名を聞いたことのあるブランドの一つです。

 

トレックの誇る3タイプのロードバイクは『軽量』のEMONDA。 『エアロ』のMADONE。 『快適性』のDOMANE。どれもがその高みを極めたTREKの技術が詰まったモデルになっています。

 

もうご存知のお客様が多いと思いますが、快適性に優れたDOMANEが大幅に進化しました!!

 

 

今回のモデルチェンジで私が感じた3つの特徴をご紹介致します。


 

 

7

 

1つ目の特徴である調整式トップチューブISO SPEEDを搭載。

 

昨年、新型マドンの発表と共に注目をあびたトップチューブ下に配置した調整式ISO SPEEDがSLRシリーズだけ採用されました。

従来よりも最もソフトな状態で振動吸収性が27%向上し最もハードな状態にした場合も14%向上することに成功しました。

 

その他にも完成車に装着しているタイヤの太さを32Cにすることでブルべやロングライドなどのライド時にライダーにかかる不快な振動を最小限に抑え今まで以上に『楽に速く』走行することができます。

 

8

 

2つ目の特徴はフレーム内蔵ストレージの採用。

 

新たにフレーム内蔵ストレージを採用することでサドルバッグを装着することなく予備のチューブやタイヤレバーなどを収納することが可能になりました。

 

11

 

3つ目の特徴はタイヤクリアランスの拡張やダボ穴の追加により用途が拡大しました。

 

舗装路は勿論、最近話題のバイクパッキングやグラベルロードとしての走行も可能となり幅広い用途で使用頂けます。

 

タイヤクリアランスの拡張により最大で38mmのタイヤを装着することが可能となり35mmのタイヤ幅まではフェンダーの取り付けが出来ることも魅力の一つです。

 

 ここまでがDOMANEシリーズの3つの特徴となっております。 

 

 


 

 

ここからは当店に入荷した『DOMANE SL6』 『DOMANE SL5』の商品紹介を致します!

 

 

3

 

4

 

エアロダイナミクスを追求し快適性だけでなく空力性能も向上しました。

 

ヘッドチューブやダウンチューブ付近のフレーム設計はかなりエアロフォルムに変更するとともにワイヤー類も可能な限りフレームの中に内蔵することに成功しました。

 

2

 

現行のMADONE シリーズにも採用されていたシートポスト構造を新型DOMANEにも採用。

 

5

 

6

 

新たにフレームストレージを採用し携帯工具や予備のチューブなどを入れることが可能になりました。

 

開閉も難しくなくワンタッチで簡単なため、ロングライドやブルベのライド時にもストレスなく作業ができます。

 

7

 

8

 

9

 

コンポーネントはSHIMANO ULTEGRAを搭載。勿論、DISCブレーキも安心のSHIMANO製を採用しております。

 

■TREK 2020年モデル DOMANE SL6

 1

 

販売価格:¥408,000+TAX

 

 

 

■TREK 2020年モデル DOMANE SL5

 

10

 

販売価格:¥318,000+TAX

 

ぜひ船橋店にご来店ください!!因みに、私も行ったプロジェクトワンのご注文もお待ちしております。

プロジェクトワンのやり方はこちらから 

 

作業予約制_チラシ

 

 

ワイズロード船橋店では
修理、点検等Y’s Techの作業は予約制とさせていただいております。
  
大変お手数ですが、事前にお電話でご来店日時をご指定いただいた上で、
お持ち込みいただきますようお願いいたします。
 
 
◆一般車の修理は承っておりません。
 
◆当店にて取り扱いのないメーカー車体に関しましては、
 作業をお断りさせていただく場合が御座います。
 

  

shop top1

 

shop5

 

 

■店舗面積250坪/県下最大級規模の売り場に完成車400台以上展示!!

 

■駐車場完備/ビビットスクエア3Fにてお待ちしております!!

 


  

bnr_ausonpo_740_100

 

 

funabashi_sokuno_03[1]