【11-30Tのススメ】 なんとなく『11-28T』スプロケを選んでいませんか?
by: 大元英俊

シマノスプロケ

/

こんにちは、ワイズロード東大和店の大元です。

タイガーさん

/

最近私は、気になる事があります。

それは『11-28Tスプロケットの人気』

コンパクトクランクと組み合わせる事で、とても軽い

インナーローギアの選択肢が増え、一躍当たり前のパーツに!

特に山が主体の地形になっている日本では最適なギア構成です。

/

ですが

/

50×34のコンパクトクランクブームが落ち着き、

今は52×36のミッドコンパクトクランクブームです。

41KtmqPPMNL._SX355_

世界的なスタンダードとして脚光を浴びており、

日本でもその流れは確実にきていてほとんどの方が

今は52×36のミッドコンパクトを選択されています。

これは11速化によりギアの選択肢が増えた事が起因しています。

/

クランクのギア比が上がった。

/

なのに!

/

スプロケットは引き続き『11-28T』が主流です。

/

軽いギアの選択肢が増えるのがギア構成の流行りでしたが、

『今は逆にギアが重くなってしまっているのです』

/

そこで近年モデルチェンジした新型リアディレイラー。

K2Twjv7Q59aZA04nMFmVCsfS shimanordr9100

30Tまでのワイドスプロケットを使用する事が出来ます。

でもこんな先入観がありませんか。

『シフトアップがしにくい歯数差が出るのでは?』

なんとなく、30Tという大きさで尻ごみされています。

では実際ギア比で見比べてみるとどうでしょう。

/

ギア比

/

上がコンパクトのインナー34T 下がミッドコンパクトのインナー36T

実はコンパクトクランクに11-28Tの組み合わせとギア比はほぼ変わりません。

0.03未満なら感覚的な違いを感じる事は全くないでしょう。

/

もし36Tで11-28Tを使っていた場合で比較すると

/

ギア比 36T

/

なんとギア比が0.1前後もの差が出てきます。

小数点の世界過ぎて大した差が無いように感じてしまいますが、

実際の登りで使い比べてみれば差を感じるでしょう。

ミッドコンパクト構成で28Tを使ってヒルクライムをする場合、

コンパクトで例えるなら26Tのギアで登る事に相当します。

/

34T×28T相当の軽さと52T×11Tのトップスピードの両立。

11速のままより大きなローギアを使えるモデルチェンジは

ずばりこれがやりたかったのではないかと思います。

ミッドコンパクトクランクを使うならば、30Tは決して大げさな

サイズのスプロケットではないという事です。

/

『僕の足じゃ登れないからコンパクトと11-28Tでいいや』

とミッドコンパクトを諦めたりしていませんか?

11-30Tなら登りはそのまま、トップスピードがアップ出来ますよ。

これから乗せ換えでギア構成を選び直す方は

ぜひご検討してみてください。

/

バナー 東大和店