intro facebook

【東大和×インプレ】今更ベルクロ? 今だからベルクロ! 『fi’zi:k TEMPO R5 POWERSTRAP』惚れ込みレビュー!
by: 大元英俊

20190121_111238

/

『 私、こういうシューズにほんと弱いんです 』

/

こんにちは、ワイズロード東大和店の大元です。

タイガーさん

/

2018年 ツール・ド・フランスで個人&チーム優勝!

輝かしい実績を手に入れたシューズブランド『fi’zi:k』

サドルで馴染み深いブランドがまさかシューズで大活躍!

ゲラント・トーマス&モビスターに勝利をもたらしました。

今大注目の『fi’zi:k』が2019年満を持して出したのが

トップ画像にもある『ベルクロ』を採用した新シューズです。

/

SONY DSC

/

fi’zi:k TEMPO R5 POWERSTRAP

メーカー希望小売価格:15,800円+税

/

YY5%OFF

/

エントリーグレードの位置づけで出してきたんですが・・・

/

『 買っちゃいました 』

/

フルカーボンソールのビンディングシューズを何足も持ち、

ビンディングシューズが飽和状態だというのに・・・

/

なぜか

/

他にはない個性的な見た目もそうですが、

履き心地がとても気に入ったからです!

/

DSC07153

/

何より特徴的なのは太いベルクロの『POWER STRAP』です。

シンプルな分、軽量なのもありますが推すべきは『フィット感』

甲付近を固定するベルクロが折り返すように通っているので

足を包み込むように機能して履くことが出来ちゃうんです!

この作りはボリュームを適度にコントロールしやすいので

甲が高い人や幅が広い人でも履きやすいのがメリットです。

またそれぞれ異なる固定力が求められる足首と甲付近で

ベルクロを2つに分ける事で好みの締め付けが可能なのですが、

これ実はやっている事は最新のダイアルシューズとほぼ同じ!

最高のダイアルシューズを作るブランドだからの新発想です。

/

フィット感は申し分ない、ではペダリングフィールはどうか。

/

SONY DSC

/

快適性を目指したナイロンコンポジットソールは厚みがあり、

フルカーボンソールに慣れているダイレクト感にやや欠けます。

ちょっと高めの位置から力を入れているような感覚を覚え、

「回すより踏む」という印象が分かりやすいと思います。

ケイデンスが高いレース用途だと薄いソールが好まれますが、

逆に高回転でペダルを回さないビギナーやロングライドを

メインにする方であれば、このソールの厚さはありがたい!

また歩行性につながるヒールパッドも厚みがしっかりあり、

クリートに対してかかとがちゃんと上がり歩きやすいです。

これはロングライドをする人にはたまらん要素です。

あとソールの厚み分サドル高を少し上げる事を推奨します。

/

fi’zi:kは今年から『VENTO』『TEMPO』『TERRA』の

3つの乗り方でアイテムを選ぶ事を提案しています。

このシューズにも名づけられた『TEMPO』とは

/

『 ロードバイクに乗ることを楽しむ方向け 』

/

まさにそんな考えがしっかり詰まった一足になっています。

/

ルックス買いもありましたが買って良かったと思える

マニア心をくすぐる実に面白いビンディングシューズでした。

これからビンディングデビューする人だけでなく、

気軽に乗るセカンドバイク専用シューズにもオススメします。

/

スタッフが惚れた履き心地、店頭でお試しください!

27日までワイズクラブカード会員は5%OFF!

導入するなら、今がチャンス!

/

DSC07159

/

バナー 東大和店

バイオレーサーバナー

アルバイト募集バナー

インスタグラム バナー

SONY DSC