【定番グリップ】ずっと握ってる所です。エエやつ使いましょう!【ERGON】
by: 近藤俊志

pic1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロスバイクやマウンテンバイクのココ。

IMG_9024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリップは消耗品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り方にもよりますが

 

だいたい1年、早いと半年ぐらいで

 

ネチャネチャになってきたり

 

擦り切れてベロベロになってきます。

 

定期的に交換が必要な部分ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせまたいつか交換するから安いのんでええか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗ってる間はずっと握ってるところです。

 

せっかく交換するならエエやつを使うのをオススメします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9027

 

ERGON GS2 ¥5,900+税

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロスバイクでサイクリングを楽しむ人や

 

マウンテン乗りの人からも人気の定番グリップ。

 

エルゴノミック形状のグリップとバーエンドが一体になっていて

 

デザイン的にもスッキリしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーエンドとグリップ部分は

IMG_9030

 

IMG_9029

それぞれ別々に角度調整ができるようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9032

ERGON GS1 ¥4,500+税(Lサイズは¥4,800+税

 

 

 

 

 

 

バーエンドがないグリップだけのタイプもあります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

 

SサイズとLサイズの違いはグリップの太さ

 

IMG_9031

 

画像では分かりにくいですが結構違います。

 

実物を握り比べてみて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このGSシリーズ

 

パッケージにサラッと書いてある

 

4 x WORLD CHAMPION

 IMG_9035

ERGONグリップを使用しているTOPEAK ERGON MTBチームが

 

4回も世界チャンピオンになってますよ!ということですね。

 

(TOPEAK ERGON MTBチームのサイトによると世界チャンピオン5回、欧州チャンピオン3回、オリンピック銅メダルだそうで…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エルゴンの本国サイトに紹介されている

 

ドイツの強豪選手マーカス・バウアーのレース風景。

 

 

pic1

試合用のバイクにもエルゴンのGSグリップが使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的にも使ったことがありますが

 

素晴らしいの一言です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安いグリップだと

 

いかにもヌメッとしたゴムクサい感触がします。

 

お値段を抑えて、グリップ力を得ようとすると

 

どうしてもそうなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしエルゴンのGSは

 

握った感じはドライな感触

 

なのになぜか滑らない。

 

不思議な感覚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たかがグリップと思われるかもしれませんが

 

人間の身体の構造上

 

クロスバイクなどのフラットハンドルを持つ姿勢は

 

人間の手や腕にとっては実は負担が大きいそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに

 

だらんと手を下げると

 

肘が後ろに行って親指が前を向きます。

 

この状態が人間の骨格の自然な姿勢です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動車のハンドルも

 

船の操舵輪も

 

飛行機の操縦桿も

 

ロードバイクのハンドルも

 

その向きで持つようにデザインされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右の細かいハンドリングをしやすくするために

 

マウンテンバイクやクロスバイクは

 

フラットハンドルが付いていますが

 

長時間グリップを握っていると

 

手が痛くなりやすい姿勢でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手が痛くなりにくく、疲れも減らせる

 

そんな自分に合ったグリップを一度使うと

 

安いのには戻れなくなります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもグリップに6千円とかちょっと高い…

 

という方は

 

こちらのエントリーモデルのGPシリーズをどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9033

ERGON GP2 ¥4,700+税

 

ERGON GP1 ¥3,700+税

 

 

 

 

 

 

 

形状はGSシリーズとほぼ同じで素材が若干違う感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的にどちらも使ったことがありますが

 

やはりGSシリーズの方が使い込んでもネチャッとなりにくいです。

 

(GPシリーズは手のひら部分のグレーのところが1年ぐらいでネチャつきました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界のトッププロも御用達のエルゴンのグリップ

 

ぜひ試してみて下さい!

 

 

 


 

サンデーライドバナー

 

 

 

 

 

 

★★★アルバイトSTAFF大募集★★★

画像をクリック☟

 

IMG_8234

 

 

 

 

 

ホイール在庫強化中!!!

兵庫県随一の在庫量!!!

定番からレアなホイールまで!!!

お気軽にご相談ください★

 

img_7355

 

 

 

 

金利のショッピングローンもございます!

自転車はもはやローンで購入する時代です!!!

お気軽にご相談くださいませ★ 

もちろんホイールにも!!!

【金利1%】低金利ローンで憧れのモデルを手に入れましょう!

 

Print

 

 

17FWウェア最終セール中!

サイクルウェアのご相談は県内でも

在庫数NO.1のワイズロード神戸店まで!