【そのままでは】いまや貴重な国内生産!IRCの技術の粋を集めた最高級タイヤ!【もったいない】
by: 近藤俊志

aspite_l (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車用のタイヤといえば

 

ビットリア、コンチネンタル、ミシュラン、シュワルベなどなど…

 

どうしても海外(特に欧州)メーカーをイメージしてしまいがち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本にも世界に誇るタイヤメーカーがあります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IRC MOTO
モーターバイクのタイヤで有名なIRC。

 

 

 

 

 

その技術を汲んでか、自転車業界でもいちはやく

 

チューブレスタイヤの開発に力を注ぎ

 

IRC=チューブレスタイヤ

 

というイメージがものすっごく強いんですが

 

クリンチャータイヤも高性能なヤツを作ってます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも!

 

今どき珍しい国内生産!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9127

IRC ASPITE PRO(700×24C・700×26C)

 

¥6,200+税

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイヤ幅の設定がよくある23㎜と25㎜ではなく

 

ほんのちょっとだけ太くしてあるあたりにこだわりを感じるところ…

 

 

 

 

 

 

 

実際、他社のタイヤではありますが26㎜幅を使ってみたところ

 

25㎜幅と26㎜幅のタイヤは乗ってみると明らかにクッション性が違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り味はややドライめ。

 

乾いた感じの軽い転がりで

 

スコーンとスピードに乗るような感覚は

 

コンチネンタルやミシュランなど

 

モータースポーツを土台に持つメーカーに多い印象で

 

うどんで言えばコシの強い讃岐派。

 

(対してビットリアなどのしっとり系タイヤは やわらか関西派とします)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また耐久性にも重点を置いていて

 

このクラスのレーシングタイヤの中では珍しい

tech05

タイヤの側面まで補強が入った構造になっているので

 

ガラス片などで側面をバッサリやられてしまう

 

サイドカットに対する防御性能も非常に高くなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドまで強度を補強したレーシングタイヤで

 

24㎜幅で200gチョイとなるとかなり軽い部類で

 

発売から3年以上が経った今でもトップクラスの軽量さ。

 

IRCの開発の本気度がうかがえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また細かいところでは、

 

他社のタイヤにはあまり見られないこのでっぱり

 

IMG_9129

 

 

 

 

 

 

 

普通のタイヤだと、ホイールとの間に出来るこのスキマ

IMG_9124

(分かりやすくワイヤーを当ててみました)

 

 

 

 

ココの段差を埋めるようになっており

tech06

時速40kmで約4%の空気抵抗をカット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもこれがあるおかげで

 

タイヤが横方向へ変形するのを抑えられるので

 

コーナーでの安定性が増すという効果も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる横へのヨレが少ないタイヤなので

 

峠道の下りのワインディングロードで

 

細かいカーブが連続するような場面でも

 

右に左にヒラリヒラリと軽やかに

 

コーナーを次々とクリアしていく…

 

そんな走りが楽しめるタイヤと言えます!

 

 

 

 

 

 

 

 

いかにもモーターバイクレースで鍛えられてきたメーカーらしい

 

日本の急な山道が多い地形にも適した設計コンセプトは

 

国内ブランドならではの気遣いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長持ちすることにもこだわったIRCさん、

 

このタイヤも公証では『5000キロ持ちます!』と豪語されております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際には乗る人の体重や走る環境にもよるので

 

5000キロをフルに、というのは難しいかもしれませんが

 

ひび割れが起こりにくいように

 

ゴムに混ぜる油脂の量にまでこだわるなど

 

細かいところまで技術的に追求しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで徹底できるのは

 

IRCが国内に自社工場を持っていて

 

設計開発から製造まで

 

一貫して自社で管理できるからでしょう。

 

(海外の有名ブランドは設計開発のみで、製造は外部業者に委託していることが多いです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな日本メーカーの気概が詰まったハイエンドタイヤ

 

ぜひ春の自転車シーズンの新しいお供にお試しください!

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

bnr_genteisale171226

 

 

 

 

サンデーライドバナー

 

 

 

★★★アルバイトSTAFF大募集★★★

画像をクリック☟

 

IMG_8234

 

 

 

ホイール在庫強化中!!!

兵庫県随一の在庫量!!!

定番からレアなホイールまで!!!

お気軽にご相談ください★

 

img_7355

 

 

 

 

金利のショッピングローンもございます!

自転車はもはやローンで購入する時代です!!!

お気軽にご相談くださいませ★ 

もちろんホイールにも!!!

【金利1%】低金利ローンで憧れのモデルを手に入れましょう!

 

Print

 

 

17FWウェア続々入荷中!

サイクルウェアのご相談は県内でも

在庫数NO.1のワイズロード神戸店まで!

DSC_1209-960x540