【インプレ】DT SWISSのホイールは侮れない。
by: 盛山新太郎

img_0511-720x540

 

 

 

 

実は、ブログでちらちら映っていましたが、

 

 

今シーズンからバイクを乗り換えました。

 

 

 

ディスクブレーキのバイクです!

 

 

詳しくはまたそのうち・・・。

 

 

 

 

それに伴い、ホイールもチェンジ!

 

 

DTスイスのホイールを使用いたします^^

 

 

 

無題

 

 

 

 

DT SWISS

 

 

PRC 1400 SPLINE DB 35

 

 

 

 ¥325,300+税

 

 

 

重量:1,444グラム

 

 

 

 

 

 

ちょっと覚えにくいモデル名ですが(^^;

 

 

 

名前のPはパフォーマンスの頭文字で、

35mm以下のローハイトホイールを表します!

 

 

 

Rはロード、Cはカーボンです!

 

 

 

1400はベアリングの種類で、スチールベアリングモデルということです。

ちなみに1100はセラミックベアリング搭載モデル。

 

 

 

SPLINEはハブの種類で、ミドル~エントリーグレードに主に使われています。

 

 

DBはディスクブレーキ、35はリムハイトです^^

 

 

 

 

 

◎選んだ理由

 

 

第一に軽さですね!

 

 

バイク乗り換えを計画し始めた頃は、まだカンパニョーロのBORA WTO 33 DBの発表前だったのですが、それでもDTの方が41g軽く、リムハイトも高いです。

 

 

ディスクブレーキになる為、リムブレーキと比べると重量増は免れませんので、少しでも軽くしたいというのが一番のポイントでした!

 

 

 

そしてもうひとつ、

使っている人が少ないという事です!

 

 

 

 

みんなが使っているものは出来れば使いたくないというひねくれた性格でして(^^;

 

 

あとはフレームがアメリカンブランドなので、イタリアのカンパニョーロははじめから選択肢には入れていませんでした。

 

 

とは言いつつ、DTスイスもスイスのブランドですが(^^;

 

 

 

 

 

IMG_0435

 

 

 

◎インプレッション

 

 

 

さてさて、3月頭にバイクが完成し1カ月弱、週に2~3回ほど走っています。

 

 

その一発目のライドが「再度山」!

 

 

神戸店の裏山です^^

 

 

 

img_0345-720x540

 

 

 

 

 

まず乗り始めて最初に感じたのが、

横剛性の高さ。

 

 

 

フレームと同時に新しくなったので、どちらがどれほど影響しているのかはまだこれから、という状況でしたが、ハブがスルーアクスルになっているという点を踏まえてもホイール全体がかなりガッシリしています。

 

 

 

 

 

リムハイト35ミリのホイールでこの剛性感はなかなかです。

 

フルクラムのレーシングゼロカーボンにも迫るくらいかもしれません。

 

 

 

 

 

縦方向の剛性も同様ですが、フレームの振動吸収性の高さと、タイヤがチューブレスで6気圧しか入っていないのでちょうど中和されて程よい硬さに感じます^^

 

 

 

DTスイスのホイールは現行品全てチューブレスレディとなっていますので、フレームの硬さに合わせて空気圧を下げたり、調整が非常にしやすいと思います!

 

 

 

 

シッティングでは軽めのギアでロス無くスイスイ進み、ダンシングでは左右にキビキビ走ってくれて非常に反応性が良く、運動性能の高さを感じます。

 

 

 

 

 

img_0511-720x540

 

 

 

 

 

次に、

転がりの良さ。

 

 

 

ディスクブレーキでも一瞬不安になるほど下りでは恐ろしくよく回ります(笑)

 

 

それでもしっかり止まってくれますが^^

 

 

 

 

screencapture-strava-activities-3205461136-segments-79778961341-2020-04-01-18_17_45

 

 

 

六甲山の下りでは、まだディスクブレーキの利き具合やバイクのハンドリングになれていない中、個人ベストを更新した区間もあります!

 

 

 

これでもベアリングはスチールベアリングなので驚きです!

 

 

やっぱり様々なメーカーで採用されるハブを作っている会社だけあって、ハブの性能はピカイチだと思いました。

 

 

 

 

リムハイトが低いので、高速域での巡行はやや苦手かと思いきや、ハブの転がりの良さが手伝って登りから平地までバランスよくこなせます!

 

 

 

 

 

◎デメリット

 

 

 

逆に気になった点。

 

 

30万円を超えるこの価格なのでホイールが良いのは間違いないのですが、カーボンホイール、ディスクブレーキ、という条件で絞った際に他のメーカーに価格やスペック面で見劣りしがちです。

 

 

 

ご紹介した剛性の高さや、転がりの良さはカタログを見ても書いていないので損をしていると思います。

 

 

 

 

実際に乗っている僕はこの性能に非常に満足しています^^

お値段なりの価値はあります!

 

 

 

 

あとは、

デザインがシンプルで特徴が少なめ。

 

 

 

 

好みが分かれると思いますが、カンパニョーロのG3スポークみたいなインパクトはありません。

 

 

これに関しては、シンプルな方がデザインが派手なバイクには良く合うと思います^^

 

 

もしくは、逆に全部真っ黒とか。

 

 

 

 

 

ニップルがリム内蔵式

 

 

ニップルがリムに内蔵されているので、フレ取りやスポーク交換はちょっと大変です。

 

 

チューブレスならリムテープも張り替えなのでコストがかさみます。

 

 

 

ニップル内蔵による空気抵抗の低減と、見た目のクリーンさの等価交換となります。

 

 

 

 

IMG_0435

 

 

 ◎まとめ

 

 

スペックと見た目で損をしているホイールですが、

質実剛健な造りです!

 

 

 

・ディスクロードでも軽くしたい

 

 

・ディスクロードでも登りが好き

 

 

・ 誰も使っていないホイールが欲しい

 

 

 

 

 

という方に最適なホイールです^^

 

 

 

 

 

こちらのホイールはメーカーお取り寄せとなりますので、納期については店頭でお問い合わせ下さい!

 

 

 

 

 

 

ワイズロード神戸店

サンデーライド/フィッティング担当

盛山 新太郎

セイヤマ シンタロウ

 

 

 

即納バナー

 

ご遠方の方、できるだけ早くバイクが欲しい!

そんな方はぜひお気軽にご相談ください!!!

 

当店は即納準備できているバイクが店内9割以上あります!

 

ぜひお気軽にご相談ください!!

 

 

 

 

bnr_loan

サンデーライドバナー

ホイールバナー

バイト募集