ホイールをカスタムするとどれだけ軽くなるのか!?実測!!
by: 盛山新太郎

20200710_165524917

 

 

 

 

 

実測!!

 

 

 

ロードバイクはホイールを変えるとどれだけ軽くなるのか!?!?

 

 

 

 

今回恥ずかしい(?)初期ホイール重量をさらされてしまう車体がコチラ。

 

 

 

 

 

20200710_165144131

 

 

 

 

 

TREK

 

 

2020

 

 

EMONDA ALR 4 DISC

 

 

 

定価

¥175,000+税

 

 

 

店頭価格

¥  ASK  -!!

 

 

 

 

計測サイズ:50

適応身長 168cm前後

 

 

 

 

 

まずは完成車全体の重量からいきます。

 

 

 

 

 

20200710_165524917

 

 

 

 

 

ペダルなし重量、

 

 

 

「9.35kg」!!

 

 

 

 

軽量アルミフレーム「エモンダALR」とはいえ、ディスクブレーキ仕様ではこのような結果になりました。

 

 

ペダルも付ければ約10kgです。

 

 

 

 

 

次にホイールからディスクローターとスプロケットを取り外します。

 

 

 

 

20200710_165159212

 

 

 

 

 

ホイールはボントレガーの「AFFINITY DISC TLR」ホイール。

 

 

前後で定価¥39,900+税、カタログ重量は公表されていません。

 

 

 

 

タイヤは同じくボントレガーのR1タイヤ、こちらは市販されていない完成車専用モデルです。

 

 

 

 

 

実測!!

 

 

 

 

20200710_170131872

 

 

 

 

フロント 1.40kg

 

 

 

20200710_170203141

 

 

 

 

 

リア 1.61kg

 

 

 

ローター無し、スプロケットなしで合計3.01kgとなっております。

 

 

 

これでも思っていたよりもまあまあ軽いです!

他社メーカー純正ホイールではもう少し悪い結果になる可能性が高いですね。

 

 

 

 

 

今回、比較するのはディスクロードの交換ホイールとして当店で今一番人気の高いコチラ☟☟

 

 

 

20200710_170651459 20200710_170701324

 

 

 

 

MAVIC

 

 

 

KSYRIUM ELITE DISC UST

 

 

 

定価

¥100,000+税

 

 

 

店頭価格

¥  ASK  !!

 

 

応相談です!!

 

 

 

完成車購入時に同時カスタムもお任せください!!

 

 

 

 

こちらは標準でチューブレス用タイヤが付属してくるので、タイヤを取り付けた状態の重量で比較していきます。

 

 

今回は販売前の店頭在庫品を使用したためシーラント液は入れていません。

 

 

 

MAVICのマニュアルでは片側30ml(約30g)のシーラントを入れることになっていますので、それも含めてご確認下さい。

 

 

 

 

 

実測!!

 

 

 

20200710_170422043

 

 

 

 

 

フロント 1.10kg (+0.03kg)

 

 

 

 

20200710_170449186

 

 

リア 1.21kg (+0.03kg)

 

 

 

 

合計2.31kg(+0.06kg)=2.37gkと言う結果になりました!!

 

 

 

 

 

 

結果、純正品のホイールと比較して、0.64kg=640gの軽量化になる事が分かりました!

 

 

 

 

走行時、常に慣性力がかかるホイールとタイヤでこれだけ重量が変わると乗り心地も大幅に良くなると思います!

 

 

 

チューブレスタイヤを使用することで、タイヤのクッション性が良くなり、グリップ力の向上が見込めます。

またチューブレスのメリットである路面抵抗の減少によりさらに走りも良くなるので、非常にコストパフォーマンスの高いカスタマイズだと思います。

 

 

 

 

 

まだ純正ホイールをお使いの方は、ぜひ一度お試しください^^