【MAVIC2021】新しくなったキシリウムSLはココが凄い!
by: 盛山新太郎

IMG20201007200813

 

 

 

MAVIC2021MODEL

 

 

続々入荷中!!

 

 

 

 

今回は新しくなったマヴィックのアルミホイール、キシリウムシリーズの上位モデル「キシリウムSL」について解説していきたいと思います。

 

 

 

IMG20201007201020 IMG20201007200804

 

 

キシリウムSL

 

 

リムブレーキモデル

ディスクブレーキモデル

 

 

販売価格

各¥90,000+税

 

 

ワイズ特価

¥  –ASK–  +税!!

 

 

 

 

基本性能

 

 

 

・チューブレスレディ

 

シーラント剤とチューブレスバルブ、チューブレス(レディ)タイヤを使用することでチューブレスホイールとして使えます。

今作からホイールに標準で付属しなくなったためチューブレスとして使用する場合はシーラント、バルブは別途必要になります。

 

 

・重量

 

リムブレーキモデル  1,480g

ディスクブレーキモデル  1,550g

 

 

・リム

 

「SUP」アルミ製溶接ジョイントリム

「ISM4D」耐久性を保ちつつ極限まで切削した軽量リム

「FORE」リムに直接ニップルのネジ山を作り軽量化&高耐久

リムテープ不要でエア漏れのトラブルが少ない。

内幅19mmのワイド設計で28c以上のタイヤに最適化

 

 

 

アルミリムに直接ニップル用のネジを切ったFOREテクノロジーによってチューブレス用のリムテープが不要に

 

 

 

 

・スポーク

 

スチール製

MAVIC特許のエアロ形状

全てのスポークが同じ長さでメンテナンスが容易。

 

 

・ハブ

 

「インスタントドライブ360」40枚の歯が面接触で噛み合う。

「インフィニティハブプラットフォーム」スポークの擦れる異音が発生しない。

 

 

 

 

前モデルとの違い

 

 

仕様が最も近いのは2020モデル「キシリウムエリートUST」になります。

価格はリムブレーキ仕様が¥95,000+税、ディスクブレーキ仕様が¥100,000+税となっており、¥5,000~¥10,000の値下げになります。

 

 

・主に違うのは、スポークとハブの2点。

 

 

 

ハブは「インフィニティハブプラットフォーム」という考えが新たに採用され、全てのスポークが同じ長さになりました。

メーカーやショップ側としては沢山の種類のスポークを用意する必要が無くなり、使う側としては予備スポークが1本あれば多くのスポークトラブルに対応できるようになります。

 

 

また交差するスポーク同士が触れ合わないようになったので、ペダルを強く踏み込んだ際の軋み音も発生しなくなりました。

 

 

スポークはキシリウムエリートの時から断面が長方形のエアロスポークが採用されていましたが、今回の新モデルキシリウムSLではマヴィックが特許を有する新設計のものを採用。

 

 

カーボンモデルのコスミックSLR(前:コスミックプロカーボンSL)にも使用されている上位モデル。

こちらは断面がアーモンド状になっており、より空気抵抗を減らす工夫が施されています。

 

 

 

 

競合モデルとの違い

 

 

メーカー マヴィック フルクラム
モデル キシリウムSL DISC

レーシングゼロ DB

価格 ¥90,000+税 ¥130,000+税
重量 1,550g 1,590g
チューブレス 対応 非対応
スポーク スチール アルミニウム
リム切削 全体 上面のみ
ベアリング スチールシールドベアリング セラミックカップ&コーン
特徴 軽量性 軽量性
特徴2

快適性

高剛性

 

 

 

 

アルミハイエンドホイールの中でも軽量で価格もお求めやすく、非常に魅力的なホイールに仕上がっています。

 

 

基本性能から最新トレンドまでしっかり抑えた現状ベストバイホイールと言ってもいいのではないでしょうか。

 

ZONDAやレーシングゼロ、シャマルなどが対抗してモデルチェンジするまではMAVICの1強時代になるかもしれませんね。