第3段。初めての自転車購入で用意しておきたいウェア!
by: 中村淳平

 

 

スポーツバイクを買う時に

必要な物シリーズ第3段

用途に合わせたスポーツバイクの

選び方のブログはこちら

神戸で通勤、通学用の自転車をお探しなら!|Y’sRoad PORTAL

以前の絶対に必要な物を

ご紹介したブログはこちら

初めてスポーツバイクを買う際に、絶対に必要な物!!|Y’sRoad PORTAL

あるとよい物の

紹介ブログはこちら

初めての自転車を購入時に、あった方がよい物!|Y’sRoad PORTAL

に続きまして

お次はウェアーでございます。

自転車のウェアって、

なんでもいいように見えて実は、

専用っていう理由があるんですよね!

ということで

用意しておきたい

ウェアをご紹介します。

 

インナーパンツか、レーサーパンツ

通勤、通学でも、ロングライドでも

一番痛くなるのは

おしり

しかもかなりつらい場合が多い。

長時間サドルに乗る上に、

足が動いてこすれるなど、

くつずれと同じ感じで、

こすれていたくなるのですが、

(乗りなれると皮膚が固くなって、

いたくなくなってくる場合も多い)

パンツやズボンの硬い素材など

も痛くなる要因の一つ。

まずは一番下に履く物は

自転車専用のパッドの入った物を!

これ以上によい物は

ビギナーほどありません!

ここはしっかりとしたパットが入った、

パールイズミや、カペルミュール

などの

レーパンかインナーパンツ

を用意した方がよいです。

ちなみにパッドが入ったパンツは

自転車屋以外で、

売ってないと思います。

暑いなどの問題が無ければ、

レーパンを購入し、その上に

綿パンなどを合わせておき、

レーパンだけが恥ずかしく

なくなってきたら、そのまま

レーパンを使うというやりかた

がコスパが高いやり方ですが、

こすれすぎるとけばけばに

なることもあるので注意です。

IMG_8162 IMG_8163      

グローブ

主にハンドルから手が

滑らないようにすることや、

落車時(転倒など)に手をケガから

守ったりという部分で

夏でも、冬でも

絶対にあった方がよいです。

冬は防寒としても必須です。

夏は汗を拭くなどの機能も

ついている物があります。

手のひら部分にパッドが

ついていている物とついていない物

もあり、初心者は体重が

手にも乗りやすく、痛くなりがち

ですが、上級になると、

体重は腹筋などで支えるので

手のひらのパッドが無くても

良くなってくるという

傾向もふまえ選択してください。

運動用なので汗を逃がす部分など、

バイク用とは若干違います。

IMG_8164

 

アイウェア

自転車走行時に

アイウェアを付けずに走ると

ずっと風が目にあたり

目は乾燥して行きます。

そこへ虫やほこりがはいると

目の浄化機能が落ちた状態で

ばい菌がはいったり、

ほこりや虫で目を傷つけたりと、

問題が沢山出てきます。

また、

自転車用は、落車時に

アイウェアの部品の割れによる

けがを防ぐために、

割れにくい素材を使ったり、

ささるのを防ぐために

金属部品をあまり使わない物が

多くなっています。

安全に健康的に走る為にも、必須です!

IMG_8170

オークリー、ウベックス、OGKなど

色々取り揃えています!

 

ヘルメット

万が一の事故や、落車時に

頭を守る為に絶対に必要です。

自転車の高さから、軽く転倒

しただけでも、頭の打ちどころ

によっては、

致命傷になりかねないので

必ずかぶりましょう!

また、最近の自転車での通勤の際、

会社がヘルメットの着用

を推奨していることも

増えております。

イベント参加規程にも、

ヘルメットは必須と

なっていることが

ほとんどです。

自転車用のヘルメットは、

頭の汗を飛ばすために、

風を通す穴が沢山開いています。

工事用や、モーターバイク用とは、

機能や重さなど内容が

大きく違います。

IMG_5942

ウインドブレーカー

朝、昼、夜で気温は

大きく変わります。

急な冷え込みや、

運動による体温上昇など、

ウインドブレーカー

があれば簡単に温度調節ができます。

急な雨の際でも、体温の低下を

防ぐためにウインドブレーカー

で応急処置ができるので、

絶対に持っておいた方がよいです。

IMG_8165

一年中使えるので、上級者はほぼ皆さん!?

おもちのアイテムです。

 

レインウェア

自転車イベントは、

少々の雨でも開催されます。

また、通勤、通学時でも

急な雨はつきもの。

カバンや、背中のポケットに

用意しておくことで、

急な雨でも大丈夫!

通勤、通学、またイベントに参加

される方は必須ですよ!

IMG_8166

インナーキャップ

日差しの調整や、

ヘルメット内の温度調整など

あると便利です。

ロングライド時でも、

休憩時のヘルメットを外した際の

乱れた髪の毛を、おしゃれに隠してしまう。

そんな素敵な上級者も沢山います!

IMG_8167

夏場はアイテムがさらに増加します。

 

ネックカバー、アームカバー

特に夏場の日焼けを防ぐために

売れています。

半袖のジャージにプラスして

腕などの日焼けを防ぎます。

 

同様の商品で

アームウォーマーやレッグウォーマー

ネックウォーマなどは

春先や、秋口の少し肌寒い時

に重宝します。

ウインドブレーカーと合わせて、

細かな温度調節におすすめです。

IMG_8169

もちろんその他のジャージや、

ソックス、インナーウェアなど

あるにこしたことはないのですが、

まずは他では代用がききずらい、

優先すべきアイテムの

紹介でした。

次は、またもう少しあるとよいウェアを

ご紹介していきます!