【今週の目玉品】道じゃなかったところが道に変わる。そんな一台。
by: 木立 春之介

越谷店スタッフ

木立春之介(きだちはるのすけ)です。

 

 

 

 

今日は少し変わった一台をご紹介していきます。

 

 

 

 

こちら

⇓⇓⇓

 

 

 

 20180521_174112

CANNONDALE

SUPER SIX EVO DISC RIVAL

 

 

サイズ:54(適応身長 172~177㎝)

 

 

定価340,000+TAXのところ…

価格はASKとさせて頂きます。

※ご興味のある方は、お手数ですが店舗までご確認下さい。

 

 

 

このバイクは”グラベルロード”と言われる

ジャンルのバイクなんですね。

 

 

このバイクのステキポイントは、”走る道を選ばないこと”

見た目がロードバイクなので、荒れた路面に弱そうな印象がありますね。

 

 

 

 

ところが、ロードバイクとは違って

荒れた路面に強いポイントがあるのです。

⇓⇓⇓

20180521_174343

一つ目のステキポイントはこの”タイヤ”

 

 

 

 

 

このタイヤは表面に凸凹があって太いんです。

 

 

 

通常のロードバイクのタイヤですと、23~25mmのタイヤ幅が一般的ですが、

このタイヤは”35mm”と通常よりも10mmも太い物が付いています。

太いタイヤが入ることで

荒れている道を走っている時の安定感が髙くなり、

ちょっとした砂利道や土の上でもタイヤ表面の凸凹が

突き刺さるようにして走ってくれるので、走破性が高いのが特徴です。

 

 

 

 

20180521_174435

次のステキポイントは”ブレーキ”

 

 

 

”油圧ディスクブレーキ”と言う物が使われています。

油圧のディスクブレーキには、いくつかの特徴があるのですが、

 

●まず雨や泥が付くような状況でも、

ブレーキの止まる力⇒制動力がほとんど変わらないこと。

 

●ブレーキを握る細かいタッチにもブレーキがしっかりと反応してくれるので

バイクのコントロールが非常にやりやすいこと。

 

●少ない力でしっかりとブレーキが効いてくれること。

 

これだけのメリットがあります。

油圧ディスクブレーキなら、悪路で道が滑りやすい状況でも

ブレーキをかける微妙なタッチでコントロールできるので、

砂利の上で車輪がロックしたりなどの怖い思いをしづらくなるんですね。

 

 

 

 

20180521_174210

ステキポイントその3は”フロントがシングルギア”なことです。

 

 

 

 

通常のロードバイクには付いている、フロントの変速機がありません。

フロントの変速機が無いのは、

何だかデメリットの様に感じるかも知れません。

 

 

 

しかし、

これこそ冒険的なツーリングには適した仕様じゃないかな?

と私個人的に思ったりもします。

 

 

 

 

 

フロントがシングルのメリットとして

 

 

 

●メカトラブルが少なくなる。

●フロントの変速機と一枚分の歯が無くなることで軽量化になる。

 

 

 

 

ツーリング先でのトラブルの確立が減ってくれるのは

特に一人で走っている冒険ライダーには非常に大事なポイントだったりします。

あとは単純に見た目がシンプルになるのはカッコイイです!

 

 

 

 

20180521_174150

コンポにはスラムのRIVALを使用。

皆がシマノを使っている中、自分はスラムを使っているぜ!

というちょっとした優越感はスラムユーザーの特権なんです。

 

 

 

 

このバイクの乗れば、

今まで素通りしてきた数々の脇道が

冒険の入り口に見えてくるのではないでしょうか?

 

 

 

ワイズロード越谷アウトレット店 

〒343-0828埼玉県越谷市レイクタウン4丁目1番1

レイクタウンアウトレット セカンドアベニュー一階NO147区画

営業時間:10:00~20:00(修理受付は18:00迄) ・年中無休

http://ysroad.co.jp/koshigaya/

https://www.facebook.com/yskoshigaya/

Tel: 048-967-5041
Fax: 048-967-5042

新店場所

 bnr_koshigayatop_1801_03

  28575651_1765911836808227_110375192524536016_n

1

1%ローンをご利用頂くとこんなにお得になります!