【掘り出し記事】キャノンデール CAAD12 ご紹介&軽めのインプレッション!
by: 利國真平

<完成車サイクルウェア京都エリアNo,1品揃えのお店!>

 YsRoad 京都店 

 

以下、2016年式 CAAD12 が発売された頃に、利國(名古屋店時代)が書いた記事です。

踏まえてお読みください◎

     ↓

 

 

直近4年間で最も売れたであろうロードバイクCAAD10。

 

 

キャノンデールが送り出したその傑作アルミロードが今年ついにモデルチェンジとなりました!

“CAAD12” の名を冠しついに到着!!

 

 

(2016)CANNONDALE CAAD12 5 105 

REPカラー

定価:¥210,000+税

S__9084935

 

目立つ変更点の一つは「ホリゾンタル化」。

最近のフレームでは珍しく、TOPチューブが水平となるフレームワークになりました。 

“やっぱりロードはホリゾンタルでなきゃ”とお思いの方も多いように思いますので、

GOODなトピックではないでしょうか?

 

 

↓ どうでしょう?

水平TOPはやはりビジュアル的に美しいです◎

 

S__9084939

 

ただし、このホリゾンタルデザイン、サドルの出代が少なくなるという難点もあります。

 

 

見た目的にもある程度の出代が確保された方が恰好も良いですし、重心バランスや車格と言った機能面に影響する内容からも、一定長さ確保される方が望まし場合が多いです。

 

 

上記REPカラーは50サイズをサドル高695㎜で設定した状態です。カッコ良さ的な観点からゆくと悪くはないですが、もうちょっと出ればなお良いという感じでしょうか。

 

 

 

そして ↓ は48サイズを695㎜で設定した状態。

実際シート長は1センチしか変わらないのですが、ヘッドが短くなり当然TOP方向も短くなってますので、よりすらっとしたイメージのセッティングになりました。

 

S__9084942

 

では、どちらのサイズを選ぶべきかという話になります。

 

 

当社のフィッティングサービスであるバイオレーサー的には、リーチ方向(ハンドル遠さ方向)も含め、自分の適正ポジションが総合的にフィットしやすそうなのは、50サイズと考えますが、48サイズでもステムをやや延長すればポジションは満たせるので、TOPチューブの位置、シートポストの出代から考えると、48サイズも捨てがたいという訳です。

 

S__9109506

 

という訳で、乗ってみて判断です◎

 

 

50サイズの方は、リヤバックの剛性が高く感じる。というのが第一印象。

 

 

 

利國は普段、今超スローピングフレームを乗っているので、ホリゾンタルとなり、シートチューブの接合位置が高くなったCAAD12はとっくにシッティング時、後ろ三角のしっかり感が強く感じられます。

 

 

 

48サイズはスローピングフレームにやや近よった剛性の印象。

 

 

 

安定性、コーナリング性能はニュートラルで扱いやすく、両サイズともほぼ違いなく感じられました。ナーバスな所が無く、乗り手を選ばない秀逸なハンドリング性能です◎

 

 

 

サイズに関わらず、リア剛性に関しては、かなり高い部類に入ると思います。横方向のウィップを抑えた分、足に伝わる剛性感は非常に高いです。しかし、SPEED SAVE チェーンステイがしっかり縦方向に動いてくれるため力の逃げも残っていて、慣れるにしたがって剛性面でも乗りやすくなってくるレベルだと思います。

 

 

個人的には、ポジション満たせる2つのsizeで迷った場合、小さい方のサイズがおススメかなと思います◎

 

 

これまでスローピングフレームを乗られていた場合重心位置のなじみが良いと思われます。

&見た目です(笑)

(もちろん、“総合的に考える”というのが大前提としてあります。)

 

 

 

 ↓ 間違いなく横剛性とトラクションに寄与していると感じられるシートチューブ形状。

 

S__9084940

 

 

 

 &チェーンステイ。

 

S__9084941 

 

 

 

完全にケーブル内装されメカニック泣かせとなったワイヤールート(笑)

 

S__9084936

 

 

 

CAAD10よりも細見になったシート/トップ接合部。

見た目的にも乗り味的にもバランスが良くなりました◎

 

S__9084937

 

 

さらに横扁平が強くなったシートステイ。

横方向で踏ん張って、それを縦方向に。トラクション~推進力に変えている感じが乗っていて伝わってくる気がします◎

 

S__9084938

 

 

S__9084935

 

また、ピンヒールのように非常に華奢な形状になったフロントフォークですが、コーナリング、下り、ブレーキングで弱さは一切感じられなく、リアバックの剛性と非常に調和のとれた性能に仕上がっているように思います◎

 

 

 

そして、振動面でも見た目とは裏腹にかなりのレベルアップが図られていて、もはや快適性という意味ではカーボンバイクの存在を超えている出来栄え◎

 

 

 

さらに進化した “カーボンキラー” 。

ぜひ皆の1台にどうでしょう?

 

2015.9.12(2017.1.6再掲載)  利國真平

 

 

 

ウェア/ヘルメット/シューズ/アイウェア/バッグ/etc 関連記事
 → http://ysroad.co.jp/kyoto/category/itemblog/new/wear

ホイール/フレーム/コンポ 関連記事 
 → http://ysroad.co.jp/kyoto/category/itemblog/new/wheel

完成車(自転車) 関連記事
 → http://ysroad.co.jp/kyoto/category/itemblog/new/kansei1

パーツ 関連記事
 → http://ysroad.co.jp/kyoto/category/itemblog/new/parts

セール商品/アウトレット 関連記事(対象期間にご注意下さい)
 → http://ysroad.co.jp/kyoto/category/itemblog/sale

メンテナンス/How to/インプレッション 関連記事
 → http://ysroad.co.jp/kyoto/category/column

イベント(サンデーライド、チームY等)/ライドコラム/御案内 関連記事
 → http://ysroad.co.jp/kyoto/category/event

 

 

 

 

期間限定わいわいセール2017公式サイトでチェック!!

ワイズロードだからできる一流ブランド勢ぞろい!!パーツなどなど旧品アイテムがザクザク!!>>
下のバナーをクリックするとわいわいセール2017専用サイトに移動します。

 

 

 

 

 

ちょっとイイロード用ビンディングシューズがお買い得!!

%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

しかも、今なら 購入時カスタムフィット施工が無料!!

※施工には時間がかかります。ご希望の方はスタッフまで必ずご確認下さい。

 

 

<完成車サイクルウェア京都エリアNo,1品揃えのお店!>

 ワイロード京都店

 

電話:075-254-7827
住所:京都府京都市中京区裏寺町595

ランレジェイド京都河原町1F

<営業時間>

平日 12:00~20:00

土日祝11:00~20:00

12月31日11:00~17:00

第2月曜定休日

http://ysroad.co.jp/kyoto/