【スタッフバイク】リアエンドが折れた話。 予防と対策
by: 関和貴

みなさんこんにちは。Y’s Road松山店 関です。

 

 

 s_DSC6430

もう先月の事ですが、山を走っていたらいきなりディレーラーハンガーがへし折れました。

 

 

 

まったく想定外のトラブルでした!

 

「地震とハンガー折れは、忘れたころにやってくる」

 

という有名な格言があるように突然壊れて困るのがディレーラーハンガー、、

 

 

今回は予防と、もしもの時の対策をご紹介します!

 

自分は大丈夫、と思わずにお読みください、、、

 

 

 

s_DSC6341

5月某日、自分は久万ヒルのコースを2人で試走していました。

s_DSC6356

5月にしては暑い日でしたが、途中まではゆったりとしたペースでコースの下見を行っていました。

 

s_DSC6347

 

コースの9割以上を走り切り、ゴールまであと1~2kmと言う所で、突然変速もしていないのにギアが数段重くなりました、、

 

 

最初はワイヤが切れたと思い、シフトチェンジを繰り返し試してみると、動きはするものの、極端に変速が悪い状態です、、、

 

 

 

 

何だ?と原因を考えているうちに、

嫌な感触と共にバリバリ!とホイールにリアディレーラーが巻き込まれる音が!!

 

 

幸い、上りで低速だったため、こけたりせずにすみましたが、、

 

sIMG_8355

 

無残な状態に!!

 

 

 

すぐに降りたので、フレームやホイールに致命傷はありませんでしたが、これでは帰る事が出来ませんし、山奥ではそう簡単に助けも呼べません、、

 

 

 

 

自分で直さねば!!

 

 

 

 

s_DSC6367

持っててよかった携帯工具!

 

 

 

Survival Gear BoxSurvival Gear Box

 

今回持っていたのはトピークの「サバイバルギアボックス

 tol19700_03

この中に23種類もの工具が入っています!

 

まさに、サバイバルできる内容です。

 

 

 

自分はこれに加えて

「仏-英 アダプター」の画像検索結果

バルブの仏-英アダプター

(これでママチャリ空気入れを使うことが出来ます)

 

「バルブコアツール TNI」の画像検索結果

 

 

バルブコアツール

も持つようにしています。

 

 

 

s_DSC6367

まずは、リアディレーラーの、ワイヤー固定を4mmのレンチで外し、

チェーンを切ってしまいます!

 

 

s_DSC6376

フロントをインナーに落として、

リアの重めのギアにチェーンをかけて、

ギリギリの長さでチェーンを切り、

ミッシングリンクでつなげば、、、

 

s_DSC6386

即席ピストバイク完成!!

 

ギアチェンジは出来ませんが、これで何とか下山は出来ます!

 

*あくまで緊急用です。パーツに負荷がかかるので常用しないでください。

絶対に前を変速しないでください。はじけます。

 

 

意外とチェーンもたるまないし、ギア比もちょうどよく、平地も登りも行けます!!

 

 

s_DSC6430

この日は結局これ以上走れず、一緒に来た人が走っている間、河原で写真撮って遊んでました、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

後日、

 

 

折れたディレーラーハンガーを注文したところ、

メーカーに在庫がなく、2週間待ち、、

 

予備をもっておくことをオススメします、、、

sIMG_8766

ようやく来ました、、

 

右がコルナゴのハンガー

 

左がエマージェンシーハンガーという物です。

 

文字通り緊急用ハンガー。

ほとんどの車体に対応し、これを付けることで応急修理をする事が可能!

 

使い方も簡単で、

エマージェンシーハンガーをクイックリリースに挟んで固定し、

リアディレーラーを5mmのレンチで外して付け替えるだけ!

 

これならチェーンも切らずに済みました、、

 

 

 

 

s_DSC7045

復活!!!

 

 

 

 

まとめ

 

 

予防

 

定期的に車体を点検

↑をクリックして動画を確認! 8:20あたりをご覧下さい

 

・ディレーラーハンガーが曲がっていないか?

(転んだあとは要チェック)

 

・ディレーラーハンガーの固定ネジは緩んでないか?

 

・変速は悪くないか?異音はしないか?

 

・ディレーラーハンガーにヒビやシワがないか?

 

 

 

 

 

対処法

 

・チェーンを切り詰めてシングルスピードにする。

 

・予備のハンガーかエマージェンシーハンガーを持っておく。

 

・自走をあきらめ輪行など。

 

 

 

 

 

もしもの備えをしっかりして、山奥で遭難!なんてことにならないようにしましょう!!

 

 

 

 

 

 ⇩サンデーライド担当兼、メンテナンス担当、兼インスタ担当、関のY’s Road松山インスタグラムもぜひ見てくださいね!!

 図1 図3 図2

 


 

Twitter_Logo_Blue FB-fLogo-Blue-broadcast-2 d_300x