パンク! 野生動物! またパンク!! 充実のアドベンチャーライドに出かけよう!!
by: 関和貴

s-IMG_5687みなさんこんにちは。Y’s Road松山店 関です。

 

 

 

今回はライド記録。

 

 

 

四国山脈奥地の秘境

 

小田深山渓谷

 

を目指す壮絶な探検の一部始終をご紹介します。

 

 

途中、行く手を阻むぬかるみや悪路。幾度ものパンク。襲い来る殺人イノシシ、大蛇、吸血ムササビ、毒ガエル、、、

 

 

次々と襲い掛かるトラブルを乗り越えながら進む成長の物語です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_5689

今回のコース

 

久万の道の駅さんさんからスタート5km程走ると砂利道が始まります。

 

 

 

 

バイクはコレ!

 

s-GOPR1424

TREK CHECKPOINT SL

 

 

 

カスタム記事はコチラ

 

 

 

頑丈かつ軽量なカーボンフレーム

1400g台の超軽量ホイールER-1400

悪路もへっちゃらのチューブレスタイヤ、グラベルキングSS

の組み合わせで初めてのライドです。

(`・ω・´)

 

 

 

 

 

s-G0151584

走り始めて5km、国道から外れて未舗装路に入っていきます。

未舗装と言っても県道なので最低限の手入れはされていて、MTBはもちろんグラベルやシクロクロスバイクでも十分楽しめるコースになっています。

 

 

 

ここで、写真を撮ろうとして気付きました。

スマホを車に忘れた!!

(;゚Д゚)

 

まあいっか、、どうせ電波入んないし~

(のちにこの判断がまずい事になります)

 

 

 

以降の写真はGoProで撮ったものです。

 

 

 

 

 

s-GOPR1430

 

路面は基本細かい砂利のほか、だったりだったり。

時々がれていたり、枝が落ちていますがグラベルロードならガンガン進めます!

 

 

 

 

 

 

パナレーサーの新型タイヤ

グラベルキング SS 32Cが想像以上に優秀でした!

s-IMG_5571

タイヤセンターは舗装路で抵抗の少ない薄い溝、

サイドはしっかりノブが付いているデザイン

 

 

今まで使っていた40Cのタイヤと比べて舗装路でラクなのは当然として、

砂利や土の路面でも全く不安がありません!!

 

滑る事もなければ、段差でも余裕!

 

安心して悪路に突っ込んでいけます!!

 

 

 

 

行きはほとんどが上り坂。

 

軽いギアでクルクル回して進みます。

 

重いギアを使うと疲れやすかったり、スリップしやすいので注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイヤが好調なのでご機嫌で走っていると、、、

 

出会ってしまいました、、

 

 

s-HCNRE8600

イノシシ!!

 

しかも子連れ!!?

 

 

 

s-IMG_5578

このいかめしいDHバーに恐れおののいたのか、幸運にもイノシシは逃げていきました。

(´゚д゚`)

 

 

 

イノシシも撃退して目的地まであと数km!

 

斜度も緩くなってスピードも乗ってきます!!

 

 

 

タイヤのおかげか最初の頃には怖かったスピードにも慣れて快調に飛ばしていたその時!!

 

 

 

s-GOPR1483

道にうねりが!

 

今の俺ならイケるッ!!

 

 

ガコン!(大きな振動)

 

 

車体はかろうじて制御出来ている、こけてない!

 

 

 

ぷしゅ~~~

 

 

(@_@)

 

 

 

 

ありゃありゃ?

 

 

 

 

 

s-GOPR1449

前輪がパンク!?

 

チューブレスなので段差に突っ込んでもリム打ちしないはずですが、、、

シーラントでも塞ぎきれません。

 

 

ガーミンで確認したところ少し先に小川があるようなので急いで向かいます。

 

 

 

 

 

s-GOPR1461

小雨が降ってきました。

 

道のわきに拠点確保

 

 

サンデーライド恒例

実戦的パンク講習会

 

開催です!!

 

 

s-GOPR1453

まずは場所探し。

安全で手が洗えるところがベスト。

 

 

s-GOPR1455

パンク箇所確認

 

外側のノブ部分がカットしてしまっています。

これがもっと外側だったら重症でした。

 

 

s-GOPR1452

今日の装備は

空気入れ・チューブ×1・パッチ複数・簡易携帯工具

以上!

 

 

コースに対して準備不足感が否めません、、、

 

 

 

s-GOPR1458

カット部分の裏側にパッチを張って裂けないように補強。

 

 

 

s-GOPR1459

チューブレス用のバルブを外して、、

 

 

 

s-GOPR1460

チューブを入れ、空気を充填したら完了。

 

この時砂が中に入らないように注意!

 

 

s-GOPR1447

復活!!

 

 

 

ただし、チューブ入りなのでリム打ちしないように注意が必要。

 

 

 

 

 

 

 

s-G0141466

気を取り直して再出発!

 

初めて見る看板!!

 

 

 

 

 

 

s-GOPR1469

小田深山渓谷

 

到着!!

 

 

やく30kmを3時間かけて辿りつきました!!

 

 

s-GOPR1478

美しい渓谷はまさに秘境!!

 

 

 

 

s-GOPR1475

足周りはこの通りどろんこ!

 

 

 

 

ここから折り返します。

 

 

 

当初の計画では帰りは違うグラベルコースも織り交ぜつつ引き返す予定でしたが、

 

予想以上に時間をかけてしまったこと

水をほとんど消費してしまったこと

パンク箇所の不安

 

などから舗装路で帰る事に。

 

 

 

 

舗装路への分岐を目指します、、、

 

 

 

 

 

 

 

s-G0151526

なん、、だと、、、、

(´゚д゚`)

 

 

 

 

s-GOPR1485

長く危険なグラベルの下りを、無補給で行くしかないというのか、、、

Σ(゚Д゚)<完全に計画不足!!

 

 

 

 

s-GOPR1502

雨のせいか路面がウエットになってきました

 

 

s-GOPR1496

もう下半分はドロドロ

 

 

s-GOPR1499

だがそれが楽しい!!

\(^o^)/

 

 

こんな道はグラベルロードにもってこいです!

 

 

 

 

 

しかし、刻一刻と身体から水分が無くなって行く、、

 

 

 

 

 

 

そして追い打ちをかけるように、、、

 

 

プシュー

 

 

 

 

s-GOPR1588

 

ハイ、パンクー

 

 

 

s-GOPR1585

ピントが合ってない、、

 

今度はリム打ちです、、

空気不足だったか?

 

 

 

 

 

サンデーライド恒例

実戦的パンク講習会

 

第2回 パッチ修理編

 

 

 

 

予備チューブがパンクした時の為にパッチも持っておきましょう。

 

 

s-GOPR1586

使い方は簡単

やすって

 

 

 

s-GOPR1587

貼るだけ。

 

 

 

しかし、穴が予想以上に大きく、一回失敗。

 

パッチ3枚がかりでなんとか修理完了。

 

空気を入れるのも重労働です、、

(*´Д`)

 

 

 

しかしパッチの残りは2枚

チューブ無し

次のパンクか後輪がパンクしたら完全に「詰み」です。

日が落ちてきました。

先を急ぎます。

 

 

 

 

しかし速度を出し過ぎるとまたリム打ちしたり傷口が開くので慎重に。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_5669

完全に日が落ちました。

 

 

しかし、ライトの準備だけはバッチリ!!

( `ー´)ノ

 

 

 

s-IMG_5672

ボントレガーのIonProライト

1300ルーメン×2個で夜のトレイルもバッチリ!

 

 

 

 

 

 

いくつかの道から一番距離が短そうな帰り道を選んで、パンクしないように速度を抑えて慎重に下ります。

あと少しで舗装路というところで、、

 

 

 

 

 

 

ぷしゅ~~~

 

 

 

( ゚Д゚)

 

 

 

 

s-IMG_5674

何か刺さってる~

(# ゚Д゚)

 

■■■■!(自主規制)

 

 

 

s-IMG_5673

そして空気を入れる途中バルブが折れる、、

おわた、、、

 

 

と、思いましたが、たまたま別のバイクのバルブがリュックの中に!

奇跡!!

 

 

そしてゴープロの電池が切れ替えのバッテリーを探していると、、

背中のポケットにバッテリーにしては大きなものが、、

 

スマホ!

 

ここにおったんかわれぇ~

(# ゚Д゚)

 

おちゃめさんめ♪

(´っ・ω・)っ

 

 

 

そんなこんなで修理をしていると、、

 

 

 

「きゅるる きゅるる」

不気味な声が、、

 

 

 

1300ルーメンのライトで照らすとそこには!

 

 

 

 

s-IMG_5687

誰!??

 

 

調べたらムササビみたいです。

 

 

 

s-IMG_5670

舗装路まであと少し!!

 

 

 

 

s-IMG_5675

うわぁ!!

 

マムシ!!!

 

もうこれは生きて帰さないつもりですね。

 

 

 

 

 

ようやく国道まで帰還!

自販機で久しぶりの補給です。

 

s-IMG_5676

そこをどけぇ〜!

 

 

 

s-IMG_5677

無事に帰って来ることができました、、

(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_5688

ガーミンでバッチを解放!

まさに砂利だらけでした。

 

 

 

s-IMG_5691今回のグラベル区間

地図に騙されたり、道を間違えたり、予定よりたくさん走らされましたがその分満足度も高め。

今まで走ったグラベルコースの中で一番走りやすく、距離もあるのでお勧めです。

 

ただし補給には注意!

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_5696

泥だらけで帰還。

途中小雨も降ったので、フェンダーを付けたのは正解でした。

 

 

 

すぐに泥を落としましょう。

特に金属は錆びてしまいます!

 

 

 

s-IMG_5697

家に着く頃には前輪はペッチャンコに。

リム打ちパンク部分の穴が大きく、塞ぎ切れてなかったようです。

 

 

 

s-IMG_5698

タイヤのカット部分も確認。

 

貫通2回と防御力に疑問は残りますが、転がりもグリップも満足できるタイヤでした!

 

初めてロードにチューブレス付けた時も初日にパンクして以来5年以上パンクしていないので、今回は運が悪かっただけですね、、

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_5716

そして、こんな道具があれば、その場で修理出来ました!

 

パナレーサー チューブレス修理キット(MTB用)

 

 

 

 

 

 

 

サンデーライド恒例

実践的パンク修理講習会

 

第3回 MTB TL編

 

 

 

 

s-IMG_5718

専用の針でパンク部分を刺します!

 

 

s-IMG_5717

 

ハサミでゴムを切り出して、

 

 

s-IMG_5719

針にゴムを通してゴムのりを塗ります。

 

 

s-IMG_5720

そのままパンク箇所にねじ込む!!

 

 

s-IMG_5721

針を引き抜いて余った部分を切り落とせば完成!

 

なんて大胆な作業なんだ!!

 

(・・;)

 

タイヤに針を刺すなんて、繊細なロード乗りなら失神してしまいそうな作業です、、

 

これを2箇所施術。

 

1箇所は完全に塞がりましたが、大きな方の穴はわずかに空気が漏れているようです。

 

 

 

 

そんな時は!

 

 

s-IMG_5722

シーラント!

 

今回初めてフィニッシュラインのシーラントを使います。

 

中につぶつぶの粒子が入っていて、6mmまでの穴を塞いでくれるとか!?

 

 

まるまる一本注入、、、

 

定番のスタンズより即効性はないようですが、数時間かけてしっかり空気を止めてくれました!!

 

これらはあくまで応急処置ですが、タイヤを外さなくてもチューブレスのまま修理できるので、役に立ちそうです!!

 

 

 

 

 

 

今回のライドで改めて

 

補給の計画性

チューブやパッチ

携帯工具、ポンプ

修理の知識

 

などの大切さを痛感しました、、

 

 

 

今まで持っていなかったcheckpointのハンガーや新しい携帯工具を急いで取り寄せます!!

 

 

 

 

パンクの備えや、必要な工具、方法がわからなければ、いつでも店頭で聞いてください!

 

 

 

 

 

少し脅かしてしまったかもしれませんが、走っていればパンクは避けられないこと。

必要以上に怯えずに、しっかり準備して、冷静に修理できるかっこいいサイクリストを目指しましょう!

 

 

 

 

 

そして、たのしいたのしいアドベンチャーライドに出かけよう!!

 

s-GOPR1476

s-GOPR1493 s-GOPR1477

 

 

 

 

 

 


 シクロワイアード_レコメンドショップバナー


 

 

 

 

IMG_7108 (2)

 

⇧カスタム記事バックアップ 7/1更新⇧


Twitter_Logo_Blue FB-fLogo-Blue-broadcast-2 d_300x