[フレーム][クランク][チェーン]見た目も動作も復活させるプロの洗浄術☆彡
by: 関和貴

s-IMG_6455みなさんこんにちは。Y’s Road松山店 関です。

 

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、、、

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6436

 

2017 FELT FR30

 

ブルベなどの超長距離をガンガン走るお客様のバイクです!

 

 

 

 

 

 

今回の作業はオーバーホールB

 

 

 

 

オーバーホールBでは消耗品の交換だけでなく

フレーム・パーツの分解、清掃を行ないます。

 

 

見た目はもちろん、性能や動作の軽さも新品にできる限り近づけていきます!

 

 

 

汚れが気になる方はもちろん、

3~5年乗った自転車や、

海沿い、悪路、汗などでガンガン使い込んだバイク

にオススメ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の車体を見ながら修理を進めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6442

オーバーホールの場合チェーンは基本交換ですが、1カ月以内に変えたばっかりとの事なので特別に洗浄します!!

 

 

 

 

s-IMG_6446

使う道具はこんな感じ。

 

洗浄液が飛び散らないように段ボールなどで養生しましょう。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6448

チェーン掃除はワコーズのチェーンクリーナとブラシで行ないます。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6449

表面の汚れはもちろん、油の塊や付着した砂や塵を落とすことで寿命を延ばし、スムーズに駆動してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6450

注意点はブラシでチェーンの隙間までしっかりかき出す事!

歯磨きと一緒です

(・∀・)

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6452

ミッシングリンクを外してじゃぶじゃぶ水洗い!

 

クリーナーを使ったら必ず洗い流しましょう!!

 

 

 

 

 

s-IMG_6451

水が使えない場合はワコーズ フォーミングマルチクリーナーが便利です。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6453

ここまできれいになりました!

これで性能的にはOK。

注油後拭き取ればさらにキレイになります!

 

 

 

 

 

s-IMG_6454

今回はダメ押し!

最強洗浄液No.92!!

 

 

 

 

s-IMG_6455

めっちゃピカピカになりました!!

オススメです。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6456

チェーンはこの後数日使わないのでさび止めにワコーズの高浸透万能オイル、ラスペネでコーティング。

チェーンオイルとしての効果は無いので組み付け後に改めて注油します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6460s-IMG_6461

スプロケットは新品交換ですが、クランクは洗浄。

左は汚れていて分かりにくいですが、洗浄すると結構刃先がすり減っているのが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはガンガン分解していきます。

 

 

 

 

s-IMG_6457

BBも叩き出します。

 

 

 

 

s-IMG_6459

中からは海の砂(?)が!?

 

 

 

 

 

s-IMG_6499

完全に分解!!

 

 

 

 

 

 

 

☆お掃除タイム☆

スタート!!

 

 

 

⇩元の状態

 

s-IMG_6470 s-IMG_6465

油汚れやブレーキカスで真っ黒!

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6474

こんな時はフォーミングマルチクリーナー!

 

 

泡が汚れを分解

塗装やゴムを傷つけません!!

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6467s-IMG_6480

軽く拭ってやればこの通り!!

 

 

 

s-IMG_6470s-IMG_6476

 

s-IMG_6482s-IMG_6483

 

クリーナー(とちょっとした裏技)でピカピカに!

 

 

 

 

 

s-IMG_6489

もちろんBBシェル内もピカピカに!

 

 

 

 

 

 

パーツも磨いていきます。

 

磨くと言っても性能重視です!

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6496

ブレーキ

砂がびっしり、、

 

動きもゴリゴリします、、、

 

 

s-IMG_6497s-IMG_6494

 

砂を落として拭き上げます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6494

シマノのブレーキはこのローラー付近を掃除するとスムーズに動くようになります

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6495

ブレーキシューには金属片が、、

放っておくとホイールの寿命を縮めます

今回はシューこと交換。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6498

最後に可動部に注油して完成!

錆びついたパーツにはラスペネを使いますが、ブレーキや変速機の可動部には粘度の高いメンテルーブが長持ちします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6493

FDのスキッドプレートが擦り切れる寸前でした!

スキッドプレートはチェーンがかすれる音をやわらげてくれます。

これが無くなると変速が決まらなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6500

清掃完了したパーツ達。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6490 s-IMG_6491

滑り止めをはがした跡やブラケットのべたつきにもフォーミングマルチクリーナー!

スッキリサラサラになります。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6464

ヘッドのベアリングはさび付いてしまい、回転も悪いので交換。

 

 

 

 

 

 

 

s-JNYZE7349 s-NRHWE4403

試しに分解してみると、、、

 

 

グリスが抜けきってしまいゴミとサビでゴリゴリに、、

 

間違いなく交換ですね。

 

 

 

 

 

 

 

s-PJJAE3318

追加で発注したリアエンド、ヘッドベアリング、スキッドプレート

 

 

 

 

 

s-XMFAE9709

ベアリングは消えかけの刻印を頼りに同じものを取り寄せています。

 

 

 

 

 

s-IMG_6502

BBはトラブルの少ないスギノをチョイス。

 

回転性能はセラミックの方が良いですが、割れるリスクがあるので頑丈なスチール

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは通常通りの組み付け!

 

 

 

 

 

 

s-WXZQE2173

ワイヤとバーテープは元と同じカラーに!

 

 

 

 

 

s-CJRCE1171

汚れやすいBB裏はライナーでワイヤを保護

 

 

 

 

 

s-CRPXE1371

ステムも交換しています。

 

 

理由は、、、

s-IMG_6444

固定ネジを締めきってしまってクランプ部分がくっついてしまっています!

これでは固定力不足や破断の危険があった為、交換させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_0087

といった具合でようやく完成!

 

 

 

 

パーツ構成はほぼ一緒ですが、

フレーム・パーツはピカピカに!

 

 

動作も軽く、トラブルのリスクを最小限にする事が出来ました!!

 

 

 

 

 

 

特に、ブレーキ・変速の引きの軽さは満足の仕上がりです!

 

 

 

 

 

 

オーバーホール後のスムーズで気持ちよい走りをお楽しみください!!

 

 

 


 シクロワイアード_レコメンドショップバナー


 

 

 

 

IMG_7108 (2)

 

⇧カスタム記事バックアップ 7/1更新⇧


Twitter_Logo_Blue FB-fLogo-Blue-broadcast-2 d_300x